被害者で幸せプログラムを作ろう

10:01
このテクノロジー犯罪というか人を不幸にする犯罪、この苦しみは被害者でなければ分からないものがある。被害者同士でも、中々理解出来ない部分があったりする。それ故、孤立してしまったり、パニックになってしまったりで、絶望的に感じてしまう事が多い。

しかし、先日は来客との雑談に置いて、この犯罪とは関係なく「世の中が変わらない事なんかあり得ない、悪が栄えることなんか絶対に無い」という話を聞き、私はその言葉を加害者を十分に意識しながら聞いていた。

更に、被害者どうしの助け合い、励ましあいなどがあれば、僅かながらでも幸せを感じる事が出来るのではないだろうか。それと、決して諦めずに自分の生活を、上手く行かなくても良いので続けること。こんな所から小さな幸せプログラムなんてのが出来ないだろうか。

勿論、この犯罪を無くす為に何かもしたい。

被害日記

今朝は4時半に夢を見させられて目が覚めたが日記を書かずにトイレに行ってすぐに寝た。その後も一度目が覚めたが時間は見なかった。そして、目覚ましが鳴る9時より少し前に目が覚め起床する。相変わらず、疑心暗鬼にさせたり、猜疑心を刷り込むような音声送信が多い。脅迫のような感じではなく、普通に誰でも人を疑うようなレベルでの語りかけが多かった。

2:14
FC2に中々ログイン出来ずにいた。
先ほど、やっと管理画面にログインできたがアクセス解析などは開けるのだが、ブログ更新画面が開けなかった。仕方ないので一旦ログアウトしてから、自分のブログを表示して、そこの管理画面という所から入ったらブログの更新にたどり着けた。

以下はログイン出来なかったのでメモ帳に記録したものだ。

24:59
今日は昼から都内出張があり出かけていた。
帰りに人と会うなどしていたので遅くなってしまった。日記にログインしようとすると「誠に恐れ入りますが、5~10分ほどお待ちください。」と表示されたのでメモ帳に書いている。

本日も音声送信と精神への介入は全く途切れなかったが、極度に酷い被害は受けてはいないように思う。しかし、お腹に空気を溜める、筋肉の疲労感、眩暈、痒み、痛みなどはタイミングを見計らったように行われる。例えば、駅で約束の出口を探している時に眩暈を起され方向感覚が悪くなったり、食べ物の味が急に変わる、電車の中で若い女性が前に来ると急に心臓がドキドキしたりするなど幼稚とも思える被害があった。

しかし、記憶障害というか、本を読んでいても理解度が低下するなどの脳に対する強い影響は音声送信と同様に続いている。帰宅するとキーンという音が強くなり、声の送信による脅迫もされた。

1:34
まだ、FC2にログインできない。


以上、寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる