夢を潰してやる

10時10分
加害者の送りつけて来た夢を見て目が覚めた。男の性器の拡大映像である。指でしわ伸ばしをしているような映像である。カラーであり、色に関して細かい配慮がなされていた。ただ、私自身の性器に見せようとしていたらしいのだが、どうしても自分のには見えない理由があった。向きが違うのである。自分で見たら反対になる。まあ、そんなことはどうでもいい。とにかく夢に見せかけてワイセツな映像を見させられた、カラーの動画である、これだけだ。そして、このことを書き出したら耳鳴りのボリュームがアップされた、という事である。

目覚めたのが9時30分。就寝時には酷い攻撃を受けたが、その後は目覚めることなく、眠っていたようである。しかし、目が覚めると頭痛と耳鳴りがしている。そして声の送信が始まる。耳鳴りにも種類があるようで、なぜかほとんどが右耳である。今日の耳鳴りはシャーリングと呼ばれている物より少し周波数が高いように感じる。シャーリングとは地下鉄の車輪とレールが擦れるような金属音である(適切な表現が出来ない)。そして、水道の蛇口をひねると水が出る時にシャーっと高い音が出ることがあると思うが、その音が増幅されると言うのか、凄くうるさく聞こえる。しかも耳鳴りがしている右の耳だけである。

一年ほど前に「あいつの夢をつぶしてやる」と何度も聞かされたことがある。夢というのは解釈の仕方があり、寝ている時に見る夢、頭の中で思考する夢、生活の中で実現する夢、などがあると思う。

今、ここまで書くと、ぐっ、ぐっ、ぐっ、と一秒間に4回程度のめまいを感じて、くらくらして、思考能力が落ちて来る。そして吐き気などもして来る。攻撃のパワーとしては弱い方である。「バーカー、気のせいだよ」と男の声で送信して来るが、ぐっと来た瞬間に女の声で「頭ボケさせて、めまいをさせて」のような言葉を送信されている。10秒以内の出来事である。

話を戻す。寝ている時に不自然な夢を見させられたり、尋問されたりするのはすでに知られている。実際の生活の中で実現させる夢を破壊してしまう事も知られている。頭の中で思考する夢に関してが問題で、これが思考盗聴により破壊されていまうのである。

普段、思考の自由を妨げる物は何もない。遥か昔から人間はそうやって生きてきた。それどころか事実上、その領域だけが人間に許されている最大、最後の自由なのである。社会生活において本音と建前という言葉があるように、人は皆、心の中に自分だけの誰にも侵されない領域を持っている。これは生まれた時から持っている。それを奪い取ってしまうのが思考盗聴である。

精神の自由。人間は本当に(私は思考盗聴をしていないので自分の事しか知らないが)沢山の事を頭の中で考えている。ここでは頭と心と言う表現の区別はしないで、あえて頭という表現をさせてもらう。その考えの基本になるのは記憶である。記憶がなければ何を見ても聞いても反応しない。

そして、人は夢を見る。宝くじ、一等が当たったらどうする。色々と考えると思う。夢は広がる。現実とは別に、そんな事を考えていても楽しいものである。恥ずかしくて人には言えないような事も考えたりするだろう。それを盗み取るのが思考盗聴である。そして悪魔は、その盗み取った思考を脳内音声でわざわざ、「あいつはこんな奴だ、こんな事を考えていたぞ」と送信するのである。

それをやられると、酷い精神的ショックを受けさせられる。そして、考えるのをやめてしまう。これがすなわち夢を潰した、というのである。

それともう一つ。考えることが出来なくなる方法がある。電磁波か何かを浴びせたり、苦痛を与え続けると思考できなくなってしまうのである。イライラして苦痛の中で加害者に対する恨みだけが廻ってしまう。

それともう一つ。脳内音声を聞かせ続けると自由な思考は出来なくなる。拒否することの出来ない特定個人にしか聞こえない音声。これも夢を潰しているのである。

それらは人間をロボット化してしまい、ある一定の超現実的な事しか考えることの出来ない人間にしてしまうか、聞こえる音声に振り回されてうわ言を口走る病気の人にしてしまう。

いずれにしても、マインドコントロール、洗脳の世界である。

「それ以上書くな」と脅迫を受け、攻撃を受けながらここまで書いた。これからトイレに行って洗濯物を干したいと思う。

被害者が孤立しないようになりたいと願っている。

11時45分
聞こえて来る音声はノイズレスである。たとえばAMラジオとFMラジオの音、どちらに近いかと聞かれればFMである。

給料も入ったことだし、子供を連れて食事に行こうと思う。

14時10分
子供を連れて銀行に寄ってから食事に行った。銀行では何円引き出して、何円何処に入金し、手元に何円あるかまで知られてしまう。暗証番号も知られているので「なな、はち、きゅう、じゅう」と言いながら別の番号を押すと「なな、はち、きゅう、じゅう、と押させて」と女の声で送信される。

いま、これを書いたていると耳鳴りが強くなり、吐き気がした。

その後、食事をするがリアルタイムで干渉され、味の送信も受けた。ずっと頭が締め付けられるような感じがして、頭がボケていた。「嫌な感じだ、なんて嫌な奴らだ」と脳内に考えが廻る。もしかすると、それも加害者に送信されているのかも知れない。以前それを経験している。加害者の悪口を心の中で思っていると、同じ言葉が繰り返し廻ってしまう。ふと、我に帰ると、私が心の中で繰り返していた加害者の悪口を送信されていた。

車の中ではカーステレオで聞いている音楽をリピート送信されたりする。頭痛がする、頭が締め付けられるような感じがする。これはさて、どんな現象なのだろうか。電磁波などによる被害でそうなるのか、感覚として頭部の表面に押さえつけられているような物を送信し、更に、不快感を送信するのだろうか。「そうやって書くと、書いた分だけ嫌がらせをしてやる」と声の送信で脅迫を受ける。

食道では店内の雑音と耳鳴りの音が上手く共鳴して実に不快感があったが、帰りの車の中では信号待ちの時にとなりのディーゼル車のエンジンの音と耳鳴りの音がマッチしなかったので変だと思った。

とにかく加害者はターゲットの動きを信じられないくらい細かく観察し、その動きに合わせて被害を受けさせている。たとえば冷蔵庫の前を通過する時には必ず顔が痒くなるとか、そんな感じである。

20時12分
楽器の練習をしてから、外食をしジーパンとベルトを買って帰って来た所だ。なんとも信じられなく拉致、虐待の世界である(その言葉を使うな、と声の送信を受け、耳鳴りのボリュームが上がる)。「はなしてよし」、「許してやれ」などと聞こえるが、「放してよし」なのか「話てよし」なのか意味不明である。いずれにしても被害は継続している。

楽器の練習中には、やはり歌を歌われたり、なにやらひっきり無しに声を聞かせている。曲を想定しながら練習をすると、どうもその曲のメロディーを一緒に歌ってくるようである。それと、テンポが少しでも早くなったりすると「テンポを忘れさせんでくれな」と言ったりする。練習には色々な方法がある。それをここで説明する必要はない。盗聴をされていなければ、声の送信を受けていなければ問題はない。以前にも自宅で声被害を受け楽器の音を出すのをやめてしまったという経緯がある。

その後、自分の好きな事をやったので気分が良く、すぐに帰りたくなかったので外食をすることにした。野菜を食べたいと思ったのでサラダを食べた。その店内での被害である。どんな姿勢で座っているか、脚を組んで片手を付いて寄りかかっていたら、その状態をそのまま言い当てられた。昼に子供の姿勢が悪いと注意したことも知っている。

食事の時もそれほど被害は酷くなかったし、給料が入ったのでジーパンを買いに言った。加害者にベルトが短いと貶されていたのでベルトも買った。長年愛用したお気に入りのベルトだが、事実ぎりぎりの長さだし、過去の思い出も捨てるという感じであったのでそうした。試着室で鏡を見ると女の声で「ださい」と送信される。その声に振り回される事はない。自分でも似合っているとは思えなかったので。気に入ったのが見つかるまで試着した。次にベルトを選んでいると次第に痺れを切らせて来た加害者が鼻を痒くしたり始める。それでも最後まで粘りなんとかそれなりのベルトを見つけた。

今、書いていると耳鳴りのボリュームをアップして「いいかげんにしなさい」と女の人に怒られた。この理解不能の状態はなんとかならない物か。

23時25分
先ほど日記を書いた後はネット閲覧をしていた。それほど酷い攻撃を受けなかった為、沢山の被害者のブログを読ませていただいた。いろんな被害があり、いろんな考え方があるようだ。困ったものである。ブログ閲覧の間ずっと「瀬戸の花嫁」をリピート送信された。最後は「かわいそうに」を連発された。連発というのは本当に連発なのである。そして、日記を書き出したら、急に耳鳴り攻撃をされ、嫌な感じがして来た。これから風呂に入る。夜何が起こるか判らない、そんな毎日である。

24時25分
あれから風呂に入っている間もずっと「瀬戸の花嫁」をリピート送信されている。それをBGMにして言いたい放題悪口を送信して来る。「法で裁いてあげるよ」と男の声で送信される。スパイ行為により得た情報を「みんなに言いふらして、笑い者にしてやる」これも決まり文句である。

いつも夜寝る頃になると聞こえる低い音は、61鍵のシンセサイザーで左から2番目のシ(B)の音でウイーンウイーンと揺れている。その3オクターブ上の音でモールス信号みたいのが聞こえる。いつもの音というよりは今聞こえていたので実際に調べてみた。耳鳴りはそれよりも更にオクターブ上の音に聞こえる。

寝る。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる