被害者が自分の身を守れるのは広報か

3:50
また、睡眠妨害で起される。
目覚めるとすぐに、知人が犯人、若しくはスパイであるという第六感を挿入された。その問いが想起され、的確に答えが出るまでの一連の思考には迷いがなく、絵に描いたように展開する。起きてきてパソコンのスイッチを入れてから良く考えると、結論の出る根拠がないのでやめにする。

その間も声の送信は、思考に絡んでいる。特に誘導するような言葉は出さない。しかし、加害者は二段階、三段階手前から思考の誘導を、連想を利用してくる場合もある。

その後、「妊婦と結婚させてやる」という言葉と同時か、それより少し早く、ある女性の顔のイメージが意味なく浮かぶ。しかし、「結婚させてやる」という言葉はバーチャルリアリティーとして結合させる、という意味として加害者が良く使う。

人間の遠隔操作被害に対して被害者が出来ること

それは、こんな犯罪が行われています、という広報しかないと思う。人体実験とも考えられ、無差別テロとも考えられる、倫理というより法律や条約を無視した人権侵害が行われていると報告する。それは、自分の身を守る事と、反撃をしている事に繋がると思う。

ただ、それによる攻撃の上乗せなどがあるかも知れない。しかし、何もしなくても被害の酷い人がいるし、最初から自殺誘導や生活破壊、精神病への道を辿らされていないだろうか。最初から加害者には殺意を感じないだろうか。


再度紹介しますが、深刻な被害を受けているようです。
被害者ブログ
空っぽの生き物

9:27
8時過ぎから身体のあちこちを連続で痒くされ目が覚める。
無視して寝ていたが、右足の付け根を痛くされ目が覚める。
それでも無視していたが陰部を執拗に痒くされ寝られなくなる。

「ざまあみろ」と声の送信をされるが、そろそろ起床する時間なので、そのまま起床した。椅子に座ってタバコを吸っていると歌のリピート送信とキーンという音が僅かにしている。そして右足の付け根と膝とふくらはぎが痛くなる。それは今も続いている。

起床時からテレパシー接続状態であり、呟かされているし、嫌みを投げかけられているが、脳への攻撃は少し弱いと感じている。

それにしても人生破壊・人間破壊そのものである。

11:39
被害者の集まりの為に東京へ向かっているが、目眩と記憶障害は強くされている。

段差の少ない階段であるが、降りるときに鼻にクモの巣が引っ掛かったようになり、そちらに神経が行った時に左足が降りるべき階段がないと感じ探してしまった。これは自然に足を下ろした積もりでも動いていないのだと思う。意識は、はっきりしていた。

その時に「階段から落ちろ」と声を聞かされた。

そのようにして転ばせる方法もあるのだろう。

23:33
被害者の会合では強烈な被害はなかった。
しかし、その後の音楽では徹底的にやられた。

スタジオに入ると楽器の音(特にピアノ)の音に同調して(アドリブの音階にピタリと合って聞える)声で嫌みを途切れる事無く聞かせられ、更に語りかけも止まない。更に、音が煩く聞えたり、ある楽器の音だけが煩く聞えたりする。

自分の演奏が始まると

目眩、記憶障害、意識障害が強くなる。更に心拍数が高くなり緊張状態にされる。これは頭がボケでイマジネーションが全くない状態なのに緊張するという不自然な状態だ。意識障害が酷いとリズムが合っているかの確認が取れなくなり、他の人との意思の疎通も出来なくなる。

次に、身体が不自由で思ったように動かなくなる。更に、不快感や嫌悪感を強くされ、楽しくなくなり、とても演奏をするような気分でなくなってしまう。しかし、第三者がいるので言い訳は出来ないし演奏を途中でやめる訳には行かない。

そして、演奏が終わると「ざまあみろ、笑われろ」と徹底的に声の送信で貶しを入れ、イライラする脳波を送りつけられ、耐えがたい屈辱を受けさせられる。その内に悲しくなる精神状態にされて、被害者である自分が悲しくなったりする。悲しくなるのは、ほんの少しの時間だけだ。

ここまでやられると怒りは頂点に達し、あらゆる所に広報をしまくってやろう、という強い意志が出来あがる。そこに追い討ちを掛けるように「殺してやる、音楽を捨てさせてやる、仕事を奪ってやる」と脅迫をされる。

その後、食事に行き再度演奏をするが、その時にはそれほど酷い攻撃をされなかったので内部にいた人が「さっきまでとはまるで別人のような演奏だ」と言うほどであった。

帰りの車内でも執拗に音声送信や頭痛などをされながら帰宅した。

加害者が全く遠慮なく攻撃をするのであるから

被害者も遠慮なく広報をするべきだと思った。

しかし、脳の操作の恐ろしさは、それほど酷い攻撃をされて人権を奪われ、絶え間なく苦痛と屈辱を受けさせられていても、広報をする気持ちになれないように精神状態の操作をされてしまう所である。

人間の遠隔操作はもっとも恐ろしい重大な犯罪である。

5日1:09
こちらの考えなど、まるで関係ないかの如く、被害は続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる