テクノロジーによる拷問をやめさせるには

1:47
睡眠妨害をしながら徹底的に脳内音声で脅迫をされている。

「広報をするな、殺されるぞ」
「お前を殺したがっている人間は沢山いるぞ」
「日記を書くのをやめれば許してやる」

精神病に仕立て上げてしまう人間の遠隔操作犯罪

それをやめさせるには知らない人がいなくなるまで広報をすることだと思う。信じるか、信じないかは別であり、やがて公開された技術が追いつけばすべてが判る筈である。

「ホンダとATRなどが開発したロボット」でホンダのコメントでは「両手に荷物を持っている時にトランクを開けたいと思っただけでトランクが開くようになる」とまで言っている。

これこそ、無線による思考盗聴技術と同じである。

実際に日本にそのような特許を取っている人がいて、念じただけで動作する思考動作型の日用品の試作品は安価に出来たとまで書いてある。

それはこの犯罪に関係した技術の極一部であるが、筋肉痛のように体が痛くて動けない、脳内音声をベースにしたテレパシー通信、記憶を消す、意識を失わせる、などの遠隔操作は実際に行われていて被害者が全国にいる。

しかも、拷問のような苦しみを四六時中受けさせ、被害者の口封じを行っている。こんな事ができる人間の存在の方がよっぽと信じられない。

人間としてやってはいけないことの最先端である。

いまも執拗に脳内音声で脅迫をしている。

2:48
きっちり時間を計って脳を覚醒させている。

全く眠ってはいないが、カチンとスイッチが入ったかのように脳が覚醒し、興奮状態にさせられた。それまでは、必死で寝ようとしていた。

1時間、引っ切り無しに全身痒みを発生させたり、映像の送信をしたり、京都駅の階段から転落させられた時の傷を痛くさせたり、心臓を苦しくさせたりしながら、全く途切れる事無く、脅迫を続けていた。勿論、歌のリピート送信も執拗に行っている。

その理由は、明日は休みではなくなるので広報をする事ができるからだ。当然、その計画はあり、実行する予定である。

9:18
その後は眠れた。
しかし、9時少し前に妙なリズムのような不自然な音を聞かされて目が覚める。以前にもたるんだ障子紙を叩くような音を聞かされたことがある。目覚めると音楽(ジャズのメロディーだけ)をリピート送信している。

起きてくると考えてもいない事を、あたかも自分の思考のように、或いは呟きのように見せかけ、次から次へと脳内音声で送信してくる。椅子に座ってタバコを吸っていると右足の付け根や腰が痛くなる。顔を洗って居る時も腰が痛い。頭部圧迫感も激しく頭痛に近い。

そのうちに脳内音声は口汚い罵りと脅迫に変わった。

17:56
被害は途切れないが、それほど酷い攻撃は今のところなく、足腰の痛みもない。仕事と広報活動をほどほどに行った。強烈に興奮させられないと、やや怖いという気持ちなどが出てしまい広報活動が加速しない。それは、それで無理をしない範囲でよいと思う。

21:49
攻撃が激しくなっている。

先ほどの更新の直後から後頭部に違和感が生じて、脳を締め付けられるような感覚になる。意識障害や悪劣な声の送信を執拗に受けている。

被害者を自分達の思い通りに操りたいと言った、洗脳の手口が露骨に表れている。被害が弱くなったり、嫌悪感がなくなると被害者はあまり逆らわなくなる傾向があるので、それを上手く利用しているのだろう。

実は、広報の一部としてファクスをしたが、「相手がファックスではありません」というエラーにより不達となっている。後で確認がとれるだろう。

もう一つは電話を掛けるとすぐに呼び出しが切れてしまう現象もあった。

現在、両方の鼓膜が詰まったようになり、周囲の音とのバランスが取れない。目眩と嫌悪感とイライラ攻撃、頭痛をさせられている。

24:56
少し被害が弱くなっている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる