手首を切れ

3時35分
寝ずに翌日の日記に突入するのも二度目である。なぜなら、パソコンの電源を切り、タバコを吸い、さて寝るかと嫌がらせ地獄の中で思って、テーブルの上を見たら「そのカッターで手首を切ったら金一封を差し上げるよ」と送信をされたからだ。脳内音声で自殺命令をされた。なぜか、自分の思考が声として自分に送信されているような気がする。「七時に起こしてあげな」と送信される。

この日記は基本的に寝るまでの間、更新し続けています。

寝る。と出たら、その日は終わりです。

11時40分
最初8時半頃に目が覚める。もう一度寝るが11時に目が覚める。シャーリングと呼んでいる耳鳴りがしている。シャーっと言うノイズのような音である。音楽のリピート送信もされている。今日は車の中で聞いていた曲で「fool on the hill」だ。当然、マインドコントロール作用のある音声なので無意識にしていると脳内に聞こえるメロディーを一緒に心の中で歌ってしまう。すると「バカだあ、自分の歌を歌ってらあ」と情けない言葉を男の声で送信して来る。その後も、ペラペラと早口で数人が喋っている。

「これ以上日記を書くな、これが最後通告だぞ」と男の声で送信され、日記を書いていると「最後通告を無視した男」と同じ声の男に送信される。そして「ハレルヤ」を歌ってやれ、と声の送信をして「ハレルヤ」を送信される。

その他、ここに記して置きたい声の送信内容があったが忘れてしまった。

どうも、臭いの送信は移動すると無くなるようである。たとえば30センチ頭を移動させるとか。身体攻撃も部屋の中で逃げると後から追いかけて来る感じがすると言う報告もある。ただ、鼻などの痒みは歩いていても、ずっと痒いし、よく判らない。タバコの臭いなどを違った臭いにされるのは日常的である。他人のタバコの臭いもそうだ。

被害者の感覚を盗み取り、関係ないときに再現したり、他人の感覚を被害者に送信したり出来るようである。たとえば、帽子を取った後も帽子を被っているような感覚にしたり、以前、嗅いだ事のある匂いと同じのを送信されたりする。かと思えば、嗅いだ事の無いような悪臭を送信される。ただ、匂い、味の送信に関しては声の送信による説明付きなのでほとんど何だか想像が出来る。

絶対に自分の物では無く、加害者の作った物であるのは、まず声の送信だ複数の男女の声。それと映像の送信である。例える事が出来ないのが、痒み、チクチク、触手感である。これは全く経験のない感じである。

後、思考能力の低下、イライラ感、後頭部の違和感、めまい、頭痛、耳鳴り、吐き気、お腹に空気が溜まる、感情のコントロールに関してはなぞであるが、外的要因に寄って(意図的に送信)されたものであることは間違いない。

まだ、アップしていないのに、書いただけで「外的要因である事にに関して証明してもらおうぜ」と男の声で送信された。出来れば加害者も自分の名前で加害を行った記録を残して置いてもらいたいものである。証明される日が来た時に嘘を言っていたのは誰かハッキリするだろう。

14時15分
会社に来ているゴミメールを処理する為に会社のパソコンの電源を入れる。ついでに地図を印刷していると、急に頭が締め付けられるような感じになり、軽い頭痛がする。そして「何処にいても臭いをつけてやれ」と声の送信をされる。試しに、少し動いたが臭いが離れない、しかし、1メートルほど離れたら臭いがしなかった。従って日記に被害を追記する為にパスワードを入力してログインしたが日記ボタンを押してもエラーになってしまい表示されない。仕方がないので、いったんログアウトしてブラウザを閉じて、最初からやり直した。これも被害の一つである。今日もマウスポインタを飛ばされた。

歴史に残る犯罪者、罪は重い。

22時50分
その後自宅で音楽などを聞いて楽しんでいたが、暇なので古い知人に電話をして近況などを聞いてみた。ついでにテクノロジー被害などの話をした。その知人は否定的ではなく、どちらとも言えないと言った感じだったが、それよりも電話中に耳鳴り攻撃を受け、何か急に精神不安を起こし、回りの様子が気になったりして来て、早く電話を切りたくなってしまった。「早く電話を切れ」など、声の送信も受けていた。

夕方には楽器スタジオに楽器の練習をしに行ったが、またもやられた。イメージ(映像)の送信とでも言うのだろうか、恐らく視野盗撮である。私の目に映った映像を録画して、それを私に送信する。非常に不思議であるが、実際の目に幻が見えるのではなく、頭の中のイメージ空間に送信されるのである。事実上の視野盗撮かどうかは不明だが、確かに私が実際に見た物と、同じ物を思い出さされるのである。そして、それを貶す材料にして嫌がらせの声を送信したりする。

目蓋を閉じている時に見させられる映像とは違う感じである。たとえば、思い出に残る映画のシーン、或いは、忘れられないような景色などを、思い浮かべて欲しい。目を開いたままでも映像を思い浮かべる事が出来るはずである。その領域に映像を送信されるのだと思う。そして、それは音声の送信と同じように強制的で拒否が出来ない。すべての送信は拒否が出来ないのである。

最後は練習中にスタジオで臭いの送信と吐き気攻撃を受け、精神状態が変になる電磁波のような物を浴びせられ、声の送信で「早く出て行け、帰れ、かっこ悪い」などボロクソに貶された。それでも残り時間があるので最後まで練習した。加害者に催促されたので、書くが、褒め言葉もある。

帰宅後、子供とゲームをやっているとリアルタイムで干渉される。暫くは一緒にゲームをやっているのを楽しんでいたようだが、急に様子が変わり、野球ゲームで空振りした瞬間に糞尿のような臭いを送信し、早くやめろ、と言って来る。そしてイライラ電磁波のような物で攻撃をして精神不安定にされる。いつもそんな感じなので褒め言葉があっても書かないだけである。結局、最後に何があるかと言えば嫌がらせである。「ざまあみさらせ」こんな言葉も良く聞く。

それと加害者は気が短く、隙あらば嫌がらせの材料にしようとしている。今も日記を書きながら「忘れられないような景色」の、「忘れられ」くらいまで書くと歌を送信して来る。「わーすれられないのー」と言う奴だ。理由はなんでもいい、嘘がばれても、自分達が間違っていても、全く感知しないで、ひたすら嫌がらせを続けるのである。

今も、電磁波のような物を浴びせられ、耳鳴り攻撃をされ、声による脅迫を受けている。

それにしても嫌な感じである。頭が締め付けられるような感じ、吐き気、めまい、臭い、声、あらゆる手段を使って攻撃をして来る。心臓の鼓動が早くなり、血圧が上がるような感じだ。後頭部に異常を感じ頭痛がする、首から上の温度が上がっているようだ。この精神状態では他人に電話などをして普通に喋ることは出来ないだろう。

殺意を感じる。命の危険を感じる。「暴れろ」と声を送信された。

これだけ酷い嫌がらせ虐待を受けたら自殺してしまう人が出るのもうなずける。詳しく書くことは出来ないが、実は、何年も前から、噂をされていた人がいて、薬を飲んだりしていた。不調が続くので、暫く連絡が取れなかったが、復活したと言う噂を耳にしたので電話をしてみた。聞いてみると本人の口から「五感すべてだ」と出た。まさしくテクノロジー犯罪である。彼は病院に入ったらしい。私も同じ現象だと言うと「無理をしないで薬を飲んだ方がいいよ」と言われた。まだいる、不思議な現象になり仕事も出来なくなってしまった人。以前の日記に書いたような気もするが、彼も薬で治せ。「病気だと言わないといけないぞ、被害だと言うと精神病院に入れられるぞ」と聞かされた。

6日1時5分
風呂の中でも歌の送信をされいた。「恋の季節」とか言う歌があっただろうか、古い歌である。歌に関して言うと、自分の思考がスイッチになっている感じである。送信された歌のことを思うと、それがすぐに聞こえたりする。「鳴いたカラスが、、、」などと送信されるように、強烈な被害を受けると、そういう精神状態になってしまう。このことが一番重大なのである。危険である。

そういった攻撃の前に人間は無力である。

寝る。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる