テクノロジー犯罪の現実

6:13
電磁波犯罪、テクノロジー犯罪、人間の遠隔操作犯罪、マインドコントロールなどと呼ばれている様々な被害状況。一貫した被害報告を得られないようにも感じられるが、その被害状況には、ある程度の段階があったり、大まかな種類に分ける事ができる。

音声が聞こえる人
音声が聞こえない人

これが大まかな分類であり

思考内容と連動して被害を受ける人
思考に関係なく被害を受ける人

などにも分かれ

結局、盗聴・盗撮がなければ被害はあり得ない。監視されているような感じ、という所では、ほぼ共通した被害となる。従って、どのような方法で盗聴・盗撮をしているのか、どうやって監視しているのかが問題になる。しかし、現段階ではあまりそのような方法などに関して深く追求をしても結論を導くことは出来そうにない。

そられに関する技術情報はすでに書籍として出版されているし、インターネットの英語圏には多くの情報がある。それらと自分の被害をどうやって結び付けるかが問題となるし、信じられないというのが大きな障害となっている。

ところで、被害の現実であるが、表に出てこない被害の実態として、「失職させられてしまう」、「まともに表に出て人間らしく生活出来ない」などの被害は強調すべきだと思っている。インターネットに日記を書くことも出来ない、仕事もできない、結婚を諦めた、などの被害者が存在している。

これだけ酷い拷問のような途切れることのない被害を被っていながら病気扱いにされていたのでは、国家が国民を守らない被害とも言えるのではないか。


被害日記

就寝時は多少の嫌がらせがあったがすぐに寝てしまう。しかし、一度何かで目が覚めるが無視できるレベルの音声送信であったので時計の確認もなしに、そのまま眠ってしまった。先ほど、合成夢をみさせられたようで目が覚める。音楽のリピート送信と共に声の送信で「もっと得する方法を考えろ」などと唆されたが拒否をする。目が覚めたついでに日記の更新をした。

腰が痛いのが気になる。

9:23
合成夢を見て目が覚める。
ストーリーとしては突然内容が変わってしまうのだが、子供達が政治家を人殺しと間違ってしまう、と言う内容であった。結果として、この日記に対する批判と結び付けてきた。しかし、論破した。何でも脅迫の材料にしてしまう加害者である。

心臓が苦しくて目が覚めた。
腕や腰が痛いのが気になる。

テクノロジー犯罪をやめるのが先だ。

被害者を脅迫して口封じをするのではなく、歴史的な人権侵害・拷問行為をやめるのが筋である。これが重大な犯罪であることは、少しでも理解力のある人なら誰でも判るはずだ。

と、このように書くと「また、世間を敵に回したぞ」と脅迫をされる。

11:57
その後も、起きるのが癪に障るので、11時頃までうとうとしていた。
起きてからコーヒー入れていると目眩と記憶障害のようにされ、脳の中に膜が張ったような感覚がした。右足の付け根と腰が痛い。それは筋肉の痛みであるが、心当たりのない痛みだ。

英語の出来る被害者の方の協力により

海外の被害者団体との連絡がとれました。

今後の展開に期待したいと思います。

18:38
痛い被害が続いている。
その痛さとは、足腰は自動車の乗り降りに苦労する程度、肩の方は助手席に置いてある2~3キロのバッグを持ち上げるのに苦労する程度だ。咳被害も時折やられる。

少しの間は歌のリピート送信が止まっていたが、先ほどから開始されている。それよりも、思考の抑制のような被害が続いているので、倦怠感と同時に、頭を使って深く考えるような事が出来なくなっている。

新しい被害者の方のブログです。

空っぽの生き物

音声送信や映像送信を使って人格をダブらせる被害のようです。

23:57
その後は自分で演奏した音楽を聞いていたが、それはもう貶しの連続を声の送信で浴びせられ続け、イライラさせられながら耐えに耐えて、3時間かけて全部聞いた。

どうも、何も音を送信されていないように感じるのに、非常に耳が煩く感じる被害というのがあるように思う。当然、それとともに生活音も大きくなってしまうと思う。

それと一度も考えた事もない話を、あたかも自分の考えのように語りかけて来て、それを無理やり押し付けて、自分の考えが間違っていると思い込ませようとする被害も受けた。それは自分の考えではないと蹴ってしまえば問題はない。

以上、音楽を聞きながらの被害報告で、その中で一曲だけ、ややまともなのがあったのでサイトにアップした。その曲を聴いた時は加害者も「上手い」と褒めた。

それにしても被害は途切れない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる