睡眠妨害と脅迫と洗脳

1:01
就寝してから30分で寝ていられなくされる。
連日このような睡眠妨害をされている。
テクノロジーによる加害行為はやめない。

「被害者と縁を切れ」
「広報をやめろ」
「死にたいのか」

こんな感じの脳内音声による脅迫だ。

就寝時には、大体意識を失うように眠ってしまう。当然、歌のリピート送信と声による語りかけは途切れないので自然な状態での睡眠は無理だ。加害者が眠らせているのだと思う。

そして、頭の中で爆発音がする攻撃の軽いのを何度かやられ、歯をガチッと鳴らされる音を聞かされる。歯は間違いなくなっていないが、音は本物そっくりである。

頭の中で爆発音がする攻撃の本格的なものは凄く驚く。更に、心臓をドキッとさてもいるようだ。たまに、頭を叩かれる衝撃と音を送信されることもある。

このような睡眠妨害と体感被害、声による脅迫などをして洗脳をしようと思っているのだろうか。最後は普通では考えられないスピードで瞬時に墜落するような感覚にされて目が覚める。しかも、自分から覚醒したのではなく、脳の操作による覚醒だ。寝られる訳がない。

2:49
上記後も、嘘を並べた語りかけを執拗に行われていたが知らないうちに眠ってしまった。しかし、このように突然目が覚め、歌のリピート送信をしながら、脅迫をしてくる。

「広報をやめろ」と

しかし、私はお断りする。

なぜなら、拷問と洗脳をやめようとしないからだ。
それを止めれば、広報はしないと1年も前から言っている。

殺意がなければ出来ない事も証明されている。

今、「命だけは助けてあげよう、その代わりにキチガイにしてあげよう」と言われた。「家族にも被害を受けさせてあげよう」と脅迫をされた。

このような日記を書かせて他の被害者に広報をさせないのだと思う。でも、絶対に脅迫に負けてはいけません。新聞社、大学は全国に沢山あります。そこに広報をし続ければ良いのです。

4:34
その後も、陰湿な語りかけにより寝させなかった。
しかし、知らないうちに眠っている。

放尿をしている夢を2度くらい見させられた。しかし、それでも眠さの余り起きられない。3度目くらいにやっと起きる事が出来た。頭痛をさせられている。歌のリピート送信も小さく聞えてい。

「暴力団に殺されるぞ」という脅迫を頂いた。

1時間寝ると起されている。

酷い睡眠妨害をされる時は必ず「疲れさせて、外出できないようにしてやる」と声の送信を受ける。しかも、被害者の集まりがある時や仕事が休みの日が多かった。しかし、最近は見境なく毎日である。

それほど広報されるのを嫌っている。

どうか他の被害者の方にも広報してもらいたい。

今、「日記を書くのをやめなさい」と命令された。

すべてお断りする。

7:56
4時の時もそうだが、今回も心臓が苦しくて目が覚める。
今回は合成夢もみさせられ、しかも、脳内音声で送られてくる歌を一緒に歌わされているように感じて目が覚める。

またも

「お前だけは、殺されるよ」

と言われた。

「嘘を書くのをやめなさい」と声の送信で言っている。どこが嘘なのか、表に出て証明して欲しいと思う。それと、「お前らこそ、殺されろ」と言ってやりたい。

10:10
目覚ましにより起きる。
酷い疲労感と眠気である。
本当は9時半に起床する予定だった。
しかし、それを知っている加害者は中途半端な時間に目覚めさせる。今日は被害者の会合があるので出掛けなければならない。もっと寝ていたい気分であるが、仮に会合を欠席して寝たとして、あと何時間、加害者が寝させてくれるだろうか。人を殺す事なんか平気な奴らだ。

会合の後は音楽をやる予定なので、そこでも何かやられるだろう。また、歌のリピート送信が始まった。

こんな犯罪を野放しにしてはいけない。

だから月曜日は別の新聞社に広報する。

24:24
今、帰宅した所だ。
部屋に入ると、脳内音声で、それこそ酷い罵りの連続を浴びせられた。脅迫と低俗な言葉の連続である。最後は「笑ってあげよう」、「殺してあげよう」となってしまう。

アクセス解析の調子が悪いようで開く事が出来ない。

本日の被害

歌のリピート送信と、思考盗聴、視野盗撮を基本とした声による干渉は全く途切れることはない。しかし、ボリュームは小さい。極端な目眩や意識障害、嫌悪感などはなく、弱いレベルで続けられていたようだ。

弱いレベルであったので被害者の会合では、それほどの影響はなかったが、問題になったのが音楽の練習の時である。

現状として記憶障害は、普段演奏する曲のメロディーや曲名を思い出せなくされている。帰りに被害者の方の名前を思い出そうとしたが、どうしても思い出せない、そんな状態である。音楽に関しての妨害は特に激しく、曲名やメロディーを思い出そうとすると、別のメロディーや曲名を次から次へと脳内に送信されるので、思い出すのは無理であり深追いはしない。

まず、スタジオに入ると頭の右半分に違和感があり、右の耳の中にも不快感があった。演奏をしていると高音が煩く感じた。いつものような極端な意識障害がないので楽に演奏できると思ったら大間違いで、実は、思考の抑制(無感覚)が行われていたので楽しく感じる事はなく、発想も貧困でアイデアは何も浮かばない。

更に、演奏を始めると声の送信で集中的に語りかけられるので、そっちに気を取られてしまい演奏に身が入らない。演奏するフレーズまで声により、その都度指示されるので、それとは違うフレーズを演奏したくなってしまう。そんな事を考えながら演奏する人はいない。イマジネーションが大切な音楽に取って精神への介入は致命的である。

しかし、耐え難い苦痛や暴れだしたくなるような気持ちにはさせられなかった。最後は「どうだ、悔しいだろう」、「人を見て羨むようになるまで許さないぞ」、「お前が来た時だけ仲間も調子を悪くさせてやるよ」などと言われた。

「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」という本を少し読んだが、それが事実であり、悪い方向に考えれば、人類に未来はなく、ほとんど絶望的とも思えるくらいに大衆に対する電気的マインドコントロールの計画が進められているようだ。ある部分ではそれが実際に行われていると書かれている。是非、読んで欲しい一冊である。

加害者はすぐに低俗、ワイセツな話に持って行くが、その裏には恐ろしいものが隠されているように思える。それにしても特定個人を狙った、この犯罪は絶対に許されるものではない。

14日1:47
執拗に歌のリピート送信をされている。
だから、声に出さない呟きを延々とさせられている。

パソコンにログインすると酷い目眩と意識障害を起されて、パスワードを打つのに苦労した。ついでに呼吸困難と頭痛を起されている。

こういうのを殺人以上の犯罪と言うのでしょう。

寝る。

COMMENTS

No title

私に同じ様な被害があるのでおっしゃる事は理解できます。
匿名だからインターネットで書き込みもできますが、本気で誰かに相談したら精神病扱いされますから黙ってますが、異常ですよね。

反射的に煩いなどと口から出てしまいます。
煩い背後霊につきまとわれてる感覚ですが、心霊現象は信じません。

初期に精神崩壊させてやる等とやられました。
V2Kにも色々種類がある様で、脳に痛みを感じるときも有りました。

大分、弱くはなってますが、健康上も睡眠妨害は止めてほしいと切実に願ってます。

結局、苛々したり、注意散漫になった状態にさせられて、健康を害したり、ミスにトラブルが起きやすくしてます。
これを加害のせいだとは言えず、ただ体調管理が出来ない、病気を疑われる人にされるのが堪りません。

他の被害者とも話しましたが、状態が違ったり返事が無く、また結局は加害発信源が特定されてないのでどうにもならないです。

お体には気をつけてお過ごし下さい。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる