脳の操作で、うつ病は作れる

1:28

この被害は24時間365日全く途切れることが無いと良く言われる。実際にそう言った被害者を多く知っている。音声が聞こえる、身体に様々な感覚や不調が生じるという変な意味でのフルコースの被害者の場合は判りやすい。

しかし、精神状態というか感情だけを操作されていたら24時間途切れること無く、その影響下に置かれているということは感じないと思う。不快感を24時間送りつけられていたら、いつも気分の悪い人という事になる。怒りっぽくなるものを送り続けられていれば、怒りっぽい人ということになる。自分の実体験から、うつ病のようにさせる事が出来ると感じている。

もし、犯罪被害であると確実に認識できないようなやり方で精神に対する影響を受けさせ続けていれば精神病のようなものを作り出すことが可能である。その理由としては24時間365日何年でも加害を続けている輩がいるからだ。


被害日記

電気を消して就寝しようとすると、ブーンという低い音がして、モールス信号のような音が聞こえるのは毎晩のことである。さらに今日は頭痛を含め顔面の右半分が強烈に痛い。こめかみ、首の後ろ、歯、目、鼻、すべて右側である。腰も痛い。これでは寝るどころではない。

それに追い討ちを掛けるかのように「痛いところをさすってください」なんて声の送信をしてくる。「殺す」という脅迫も毎日100回は聞かされている。

毎晩の睡眠妨害と目眩、記憶障害、気分の悪さ、これから逃れたいと思うなら、自殺以外にない。こう言った犯罪であることを多くの人に知らせる必要がある。

明日はもう一件、新聞社に広報したい。

どんなに苛酷な拷問を受けさせられても広報はやめない。

何を犠牲にしても絶対に広報はやめない。

そういえば、息子が最近、朝になると頭痛がすると言って学校を休んでいる。父は夜になると記憶が走馬灯のようになって蘇ってくるので眠れないと言っていた。さて、それが何であるか、私に対してここまで酷いことを平然と楽しみながら行っている輩なので何をするかわからないだろう。

「お前は広報のし過ぎだ」という加害者の台詞。

被害者は泣き寝入りをしなければならない国家なのだろうか、この一見平和のように見える日本で自殺をさせられてしまう人や、「生きる」という権利を強制的に奪い取られている人がいる。

2:36
痛みをこらえてやっと寝られたと思うと突然目が覚める。

「参ったと言わせてやりてえなあ」
「人を見て羨め」

と声の送信をされる。

この日記に嘘はなく、加害者は人を殺すことは何とも思わない。しかも、自殺という形で人を死に至らしめる悪魔である。

朝日新聞にはメールで広報した。
読売新聞にはぶあつい資料を送付した。
アムネスティーには簡単な資料を送付した。

広報の数は60を超えているだろう。

明日は毎日新聞に広報をする。

激しい頭痛と顔面の痛みと耳に送信されるノイズ、全く途切れることなく続いている。被害者の方は絶対にこの犯罪を許してはいけない。勇気を出して広報して欲しい。

「何処に広報しても無駄だ」

と加害者が言っている。

3:11
痛みは増すばかりで、頭と鼻の横、目の下、こめかみ、首の後ろに釘を刺されているような激痛であり、やはり右側の喉にも激しい痛みが襲っている。右の腰も同様だ。先ほどはお腹に太い針を刺されるような痛みがあった。

殺意は確実にある。

「絶対に寝させるな」と加害者が言っている。

もう、とっくの昔に新聞社には5社、分厚い資料を送っている。

リアルタイム被害報告を書くために部屋の電気とパソコンのスイッチは入れっぱなしになっている。

3:41
脳を覚醒させられてしまっているので全く眠くならない。
痛みは激しくとても耐えられるようなものではない。
しかも、どさくさに紛れて尻などを痒くしている。
歯もかなりの痛みだ。

明日は必ず広報を実行する。

誰か加害者を殺してください

メールによるイージーな広報も実行したいと思う。印刷するだけで1時間も掛かるのでコピー、貼り付けでより多くの広報が出来るだろう。

3:58
これは毎回ベッドに横になってからどうしても寝られないので起きてきて書いている。間隔が短いのは痛みが激しいからだ。パソコンの前に来ると記憶を消され、書こうと思っていた事を忘れさせられてしまう。

まず、

心臓の鼓動が強く、早くなっている。
頭頂部、こめかみ、右目の上下、鼻の右横、右側の歯の上下、顎の下、喉、首と頭のつなぎ目の右側、耳の置く、右肩、右の腰が耐え切れない痛さである。本当に釘を刺されているような痛みだ。

尚且つ、身体のあちこちを痒くしている。

声の送信は極めて小さく、何を喋っているのかわからないが、時々頭の中に響くような声でデタラメの脅迫をしている。脳を覚醒させられてしまうと薬を飲んでも寝ることは出来ない。

どんな目に遭わされても広報だけは絶対にやめない。

8:21
やっと寝られたと思うと夢を見させられて目が覚める。

「みんながお前の事をキチガイだと思っているぞ」

と早口で浴びせられる。トイレに行くと「朝晩、一杯、養命酒」とコマーシャルのキャッチコピーを聞かされる。最近はこう言ったのも多い。とにかく酷い迷惑だ。顔の痛みはなくなっていたが、キーンという音がしていて、今度は左の肩が痛い。

ちなみに広報をしなくても大変な目に遭ってる被害者も多い。

11:45
その後も合成夢を見させられ10時に起されるが11時まで寝た。結局4時半まで寝られず、8時過ぎに起され、それから1時間ずつの睡眠である。しかも睡眠導入剤を飲んでいてもこの状態である。通常は半分しか飲まないのに、2錠飲まされてしまった。

はっきり言って加害者には死に絶えてもらいたい。

国家、国連の安全保障・人権なんて全部嘘だと思う。

さて、広報だ。

21:43
広報は予定通りすんなりと行った。
しかし、最後に文章を読み直していると、読解力というか思考能力が極度に低下して、自分で作った文章なのに訳がわからなくなってしまった。前後との繋がりや、全体感などの判断が出来なくなる。記憶障害を起されたのだろうか。良くやられる攻撃である。

その後も色々用事があったので忙しく休む暇はない。少しの間、脳に対する影響が薄れたように感じた。日の光を身体に浴びて、空気感が全然ちがう。身体で感じる周囲の雰囲気が自由と平和に満ち溢れている、このまま何処かに遊びに行ってしまいたい、何でも出来そうな気がする、声は聞えていたが開放的な雰囲気を感じた。しかし、脳の芯というか、思考の最深部には、自由を奪う何かの存在を感じていた。そんな状態も10分程度で元に戻る。

これが本来の感覚であるという保証はないが、普段いかに不自由であり、不快な気持ちにされ続けているかが良く判った。

帰宅したのは8時頃であったが、横になってテレビを見ようとすると目が渋くて開けていられなくなり、疲労感もあったのでそのまま眠ってしまった。しかし、執拗に顔などを痒くされ熟睡はさせてくれない。9時になり目的の番組が始まったので起きようとするが、身体に力が入らずに苦労する。寝起きにタバコを吸ったら味がしなかった。そして何故か上半身が熱くなっている。

加害者は勝手に話を作り、それを私に押し付けてくる。その話を私が受け入れたとすれば逃げ道のないように出来ていて、結果、絶望へと追い込まれる。しかし、この犯罪被害に遭うと自分の意志による行動(考えることも)が出来ないのが現実であり、何かができた時は、著しい妨害をされなかった、と判断する程度である。

24:01
また、歌のリピート送信をしている。裏声の女の声で「きょうのひは、さよおなら、またあうひまで」と言った感じだ。23時頃に突然、両方の鼓膜が詰まったようになる。特にノイズなどの送信はない。それまでは穏やかなキャラクターであった。

加害と声による解説がずれる時はありませんか?

果たして、間違えたのか、知っていて言ったのか、判りません。目を瞑って居る時に目蓋の中に細い流れ星のような線を1秒くらい見させられました。その後、数秒遅れて「線を描いてあげてね」と声が聞こえました。勿論、目蓋の中に各種、映像を見させられるのは毎日です。

昨夜は、本当に痛くて大変でした。

寝る。

COMMENTS

広報がんばれ

耳印さん、電磁波テロリスト撲滅のためにも、広報がんばってください。耳印さんお体も大切になさってください。それでは、広報がんばれ、応援でした。

No title

今日は9月22日ですので、大分時間が経ってしまいましたが、コメントを書いている途中で具合を悪くされて中断したままになっていたものです。

加害者たちは、どうしてそこまで冷酷になれるのでしょうか!!!
耳印様
ご家族も攻撃されているのですね。
特にお子さんについては他人事とは思えません。私の娘も幼いころから攻撃されています。中学2年まで頑張って登校しておりましたが、あまりの熱攻撃のために行けなくなりました。
熱攻撃は今も間断なく続いています。その上に、やはり頭痛もあり、最近では虫歯もないのに歯痛を起こされ、(磁石の利かない、移動する痛み)(ここから9月22日ですが、昨夜も歯痛がありました。)

子供の苦しんでいるのを見なければならないほど辛いことがあるでしょうか!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる