このままでは殺される可能性もある

2:51
連日の睡眠妨害。
目覚めとともに「謝れ」と命令をされる。
謝るのは加害者の方であり、根拠の無い罪の押し着せは加害者の頭の悪さを暴露するだけである。武器を持った精神異常者という表現がピタリと当てはまる。全世界で報告されている犯罪被害である。「microwave harassment」で検索すれば恐らくおびただしい量の証拠が出て来るだろう。電磁波犯罪を否定する人は、それらをすべて否定することになる。

社会には隠蔽されている事実、報道されない事実はいくらでもあり、それは誰でも知っている事でこの犯罪の技術と事実もそれに当てはまる。但し加害者は被害者を通して、犯罪の被害実態などをわざわざ世間に知らせている所に何かの意味があると思う。被害者に犯罪被害であり、加害者が存在している事をわざわざ教えている所に大きな意味があるのだと思う。

脳内音声による

「歴史的な人権侵害に遭わせてやろう」

という脅迫も聞き飽きた

最近では「お前の父親を殺してあげよう」なんて言ってくる。家族全員がターゲットにされるという被害報告も珍しくない。そろそろ、私が広報をして来たリストを誰かに預ける必要があるように思う。60箇所を超える広報文書(被害の説明)付きのもので多い場合は100枚を超えるくらいの紙の量になっていた。

就寝時や寝ている最中に激しい脳への攻撃をされたのは初めてである。脳の締め付け感や、目眩を伴う意識障害などである。

更に新聞社への広報をする決意ができた。

加害者は私にしか聞えない脳内音声で好き勝手に喋り捲っている。そのデタラメさ加減は全く相手にする必要を感じない。ただ、武器による脳への攻撃であるので殺意がなければ不可能であり、それらを24時間365日延々と続ける拷問のような攻撃は思考盗聴と精神への介入を含めて殺人と同じだと思う。

記憶の改竄を遠隔から確実に行う事が出来る。
これはある意味、究極の洗脳と言う意味でもある。

新しく被害に遭われた方の為に脳内音声の送信と思われる動画を紹介する。これはあくまでも装置の原理のようなものであり実際に使われているのはもっと高度だと思う。
【技術悪用】音声の驚くべき真実【苦痛を与える事も可能】

5:36
やっと眠れたと思うと「嘘で塗り固められた夢」をみさせられて、鼻を執拗に痒くして目を覚めさせる。そして歌のリピート送信をする。「愛の花束を被害者から貰え」なんておちょくっている。「殺されて、花束を頂くそうだ」殺人予告は大変な事件であるが脳内音声の場合には問題がある。

キチガイが武器を持つとこうなってしまうと言う具体例だ。

加害者は人殺しでも何でも平気でする精神疾患だと思う。

10:57
1時間くらい前に目が覚め起床した。
通常このような状態では普通の生活は不可能であり、この時点ですべてを犠牲にされている。しかし、起床と同時に加害者は「すべてを犠牲にしてやろう」と声を送信した。何故か腰が痛く、膝から下にかなりの疲労感があり、まともに歩けない。膝から下の疲労感は経験したことのないものなので被害と判る。

更に、目眩と記憶障害、歌のリピート送信と声による脅迫をされている。

17:40
今日は仕事が暇だった。広報資料2通を発送する為に郵便局に行き、ついでに銀行に寄っ時のことである。「その機械はお前一人の為にあるんじゃない、早くどけ」と送信された。その後、自動車の中でお金の計算をしていると突然に思考能力が低下して計算が出来なくなる。「そんなにイライラせんでくれな」と声の送信をされたが、私がイライラしているのではなく、無性にイライラする何かを送りつけられているわけだ。

すべてを無視して会社に戻り次なる広報の準備をしていると黙って見ている。なんとなく「広報をやめれば許してやる」という声が聞こえてくるが、その事を他の被害者に話すと「誤るのは加害者だ」と憤慨する。

次なる広報はメールによる広報で添付ファイルと関連アドレスを記して送信した。その直後に両方の鼓膜が詰まったようになり脳内音声による脅迫をいくつか頂いた。そして仕事を終了するためにファイルのバックアップを取ろうとすると「考える事を出来なくしてやる」と声の送信を受け、本当に考える事が出来なくなった。しかも体感はなく、急にである。

脳の操作は本当に恐ろしい。

21:26
日曜日に録音した自分の演奏のプレイバックを聞いている。
しかし、後頭部に違和感(脳の芯が圧迫されるような感覚)と目眩と意識障害を起されている。声の送信では執拗に音楽を貶したり、日記を書くなと脅迫をしている。それと背中や肩の痛みである。プレイバックを聞くと、やはりピアノのメロディーに合わせて女の声で嫌みを送信される。

口の中が苦くなったり、咳をさせられたりもしている。

脳の操作をされていると記憶の消去は簡単で、いま頭痛をさせられている事を書こうと思ってキーボードに手を置いただけで、何を書くつもりだったのか瞬時に忘れさせられてしまう。これなら、完全にマインドコントロールに掛かってしまった人間を自由自在に操り、犯罪に利用できるだろう。

23:55
音楽を聞いている時の妨害と言ったらただ事ではない。それこそ徹底的に貶し、バカの一つ覚えのようにその曲のメロディーに合わせて何度でも同じ言葉を、同じ場所で繰り返し送信する。しかも、激しい目眩と記憶障害と脳を締め付けるような感覚と暴れだしたくなるような感情、糞の臭い、すべてを同時に行ってくる。

私は、メンバーズサイトに自分で演奏した音楽を載せている。それは、ほとんど誰も知らないし、誰も聞かないと思う。そこにアップさせたくないらしい。毎週、実際に練習の場でも酷い妨害をされ、その環境下で演奏したものである。良い演奏はあり得ない。

それでも加害者はネットにアップさせまいと妨害を執拗にする。私は無理に毎週アップしたいと思っていないし、義務もない。基本的に自分の音楽の向上のために録音しているだけだ。しかし、加害者に強烈に妨害をされるので、今回も一曲アップした。曲が長いので途中でカットした。

それにしても暴れだしたくなる脳波の送信は危険すぎる。

あたかも執拗な音声送信のためにイライラしていると感じてしまうが、そう言った精神状態を変えてしまう信号を送りつけるのが真実だと思う。しかも、各種様々な人間の心の状態を再現(擬似的に作り出す)している。

24:58
その、音楽で強烈に嫌がらせをされている最中に、音声が聞こえるようになってから一ヶ月くらいしか経たないと言う被害者の方から「今、パニックになっています」と電話が入っていた。少し電話で話しをしたが、第一印象は普通の人である。控えめな丁寧な人という印象を受けた。しかし、話していると「今の良く聞こえなかったので、もう一度話してもらえますか」とか「言いたい事を忘れさせられてしまう」など被害を受けている様子が伝わってきた。

私はその間、執拗に咳をさせられていた。

寝る。

COMMENTS

同じなんです

私が四六時中受けている攻撃と全く同じなんです。

誰にも相談出来ないので、ほとほと困っています。

病院に強制入院させられて、人権を著しく侵害された事もあります。

どうすれば阻止出来るのでしょう?

私はもう7年目です。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる