脳内音声による徹底した洗脳

3:58
意味不明の夢を見させられて目が覚める。
久しぶりに「巨人の星」の歌を聞かされた。
トイレに行くと、到底理解出来ない意味不明の脅迫を受ける。結果、例の宗教団体を利用した脅迫である。ちなみに私は、その教祖(指導者)の名前を一番最初に脳内音声で聞かされていて、その後その宗教団体の名前を使って脅迫を受け続けている。

頭痛とキーンという音が激しい。

拉致・監禁・拷問の世界だと思う。

これほど酷い攻撃を繰り返してでも広報をやめさせようとする、どんな手段を使ってでも犯罪被害であると言わせない。だから何年経っても全く被害者が救済されないのだと思う。私は、これからもその状態は続くと予想している。そして、加害者は私のこのような率直な意見に対しても、「被害者に嫌われるぞ」と執拗に脳内音声で脅迫をする。

被害状況の違い

被害者の考え方の違いなどを積極的に作り出し

被害者団体の方向性一致をさせないようにするのも

この犯罪の特徴である。

このテクノロジーは本人に気が付かないように間違った考え方などを挿入することができ、それを古くから使用していて、犯罪被害であると気が付かない人の方が多いのかも知れない。

8:20
何故か目が覚める。
歌のリピート送信をされている。「ザマア見ろ」と声の送信をされた。目が覚めた時はスッキリとしていたが、日記を書き出すと眠くなり、既に記憶障害にされている。さて、広報だ。

17:52
仕事はそれほど忙しくなかったが、来客などもあり一日中何かしているようだった。合間に広報用の資料を作っていると被害が酷くなる。これが怖くて被害者は広報活動が出来なくなる。今は歌のリピート送信と鼓膜が詰まったような感覚とキーンという音がしている。記憶障害も起こされているが、イライラ感はない。

とりあえず新聞社に広報の旨を電話で伝えたので明日にでも発送する。

また、新たな被害を確認した。

女性の側に座っていると、何故かその女性が私の性器の辺りを気にしているように感じる。確か、以前にもそのような事があったように思う。勿論、私も性器の部分に意識が行ってしまうわけで「見られてもいないのに、見られているように感じる被害ではないかと思った。果たして、こちらの感覚を操作するだけでそのような現象が起きるのだろうか。

23:30
夜は知り合いの誕生日であったので夕食を兼ねて外出した。
しかし、喫茶店に入ると連続で咳をさせられてしまい話も満足に出来なかった。咳が出なくても気管がムズムズして今にも咳が出そうになる。更に後頭部から首の後ろに掛けて違和感が生じ、腰もだるくなり、椅子に座っているのがつらくなる。話をしていると目眩や記憶障害にされ、知人との会話に脳内音声で割り込んで来る。言論妨害である。

帰宅後には、腹が減ったので軽く食べていると舌を強く噛まされてしまう。これも良くある被害だと思う。その後はテレビで政治番組を見ていると執拗に歌のリピート送信をされ、目眩と意識障害と強度の眠気に襲われる。音声送信のボリュームは小さいがキーンという音が強い。

やはりテクノロジー被害は、それを受けたことのある人でなければ、中々信じられないと思う。咳、クシャミ、記憶障害、目眩、頭痛、何でも出来る。

「もう、やめなさい」
「殺されるぞ」

などと声の送信をしている。
「もう、やめなさい」はこちらの台詞である。

24:15
今日は一日中、咳をさせられていると言った感じで、特に19時からはずっと続いている。ついでに偽胸焼けと、偽胃痛をやられている。それらは突然、理由もなく発生し、理由もなく止まってしまう。

これに対しては広報でお返しさせて頂く

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる