統合失調症の診断書

9:34
最近なぜか携帯電話から「バッカス&ミューズ」という被害ブログにアクセス出来なくなってしまった。原因は不明である。そのブログの作者は擬似精神病とも言える犯罪被害に対して断固として広報する姿勢を貫き、自身の被害報告書籍と新聞という媒体を利用している。しかも、それが被害者の使命であるとも言っている。

ところで、この精神や肉体への遠隔操作技術とでも言うのか、被害者ではないが、その事に関して理解してくださる方の名言がある。「統合失調症の診断書なら私でも貰えますよ」ということらしい。私は実際に診断書を書いてもらった方のことを知らないので何とも言えないが、「四六時中、自分を監視している人の声が聞こえます」、「絶対に病気ではありません」などと言い張れば、そのような診断が下され、何かの理由で診断書を書いてくださいと頼めば書いて頂けるのだろう。

それに関しては右側のリンク「精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について」という論文の最初の部分に触れられている。我々のような精神侵略技術の被害者を病気だと決め付けてしまう事に関しても触れられている。この犯罪は精神医療の分野にも酷い迷惑を掛けていると言うことになるのだろうか。

被害日記

昨夜はすぐに眠れたが朝5時過ぎに目が覚め、酷く眠くて起きられないが尿意が強いのでなんとか起き上がりトイレに行きすぐに寝る。しかし、脳内音声では盛んに「その日記を削除しろ」、「日記を書かなければ終わりにしてあげるよ」と言っていた。その後は12時過ぎまで寝ている夢を見させられ、早く起きなければ、なんて思って時計を見ると8時半であった。「ざまあみろ」と声の送信をされた。しかし、用事もあるのでそのまま起床する。

日記を書こうとすると「日記を書くのをやめれば許してやるよ」なんて言っているが、声が聞こえているという事は被害を受けているという事なので、被害報告の日記を書かざるを得ない。

17:27
被害が途切れる事は全くないが、今日は比較的軽い方であったので特に被害報告をする積もりは無かったが、パソコンで音楽を聞く為に電源を入れたがパソコンが起動しないでフリーズしてしまう。確か3回くらい止まってしまったと思う。そこでネットワークケーブルを抜いてから電源を入れると起動した。そこに原因があると特定するのではなく、おまじないのようなものである。

ついでに今日の状態は声は途切れる事はなく、歌のリピートはあまり感じない。しかし、キーンという音と鼓膜の圧迫感のようなものを感じる。それと、軽い記憶障害のような頭の芯がスッキリしない感じだ。その他の身体攻撃も多少は受けている。

しかし、声の送信の内容は、何をイライラしているのか、何に腹を立てているのか、不思議に思うくらい嫌み、悪口、脅迫、しかもワンパターンで加害者もそれを気にしているようである。これを書き出したとたんにキーンという音と鼓膜の圧迫感が強くなった。

24:57
今日はプロパンガスが無くなってしまったのでサウナに行った。
それ以前も左半身が痛かったが車に乗って動き始めると、すぐに歌のリピート送信を始めイライラする脳波か何かを送り付けられる。

呼吸を乱される被害も確認できた。

その後も両方の耳が詰まったようになり、キーンという音を激しく送信された。頭痛もさせられていた。左半身の痛みというのは、左のこめかみの頭痛に始まり、首の筋肉、肩、腰、ふくらはぎ、足首などが筋肉痛というよりは腱鞘炎のように常時痛みが継続する被害である。筋肉の痛み被害は、特定の動きをした時だけ痛むようにも出来る。更に、神経の増幅のように身に覚えのある部位が異常に疲れたり、痛くなったりもする。

今は非常に眠くされているのでこれ以上は書けない。

記憶障害も起されている。

声による脅迫も酷い。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる