非公開の科学技術は精神への介入を可能にした

18:29
今日は朝から忙しく日記の更新が遅れた。
旅行が終わり、新潟県魚沼郡より雨の中オートバイで帰宅し、食事と買い物をして来たところだ。

今日は朝8時半に目覚ましで起床すると同時に頭痛を発生させられ、今も続いている。この歴史的な人権侵害には全く関係のない人達との旅行であったので正直大変だった。周囲にいる人達は何一つ不自由なく、考えたり行動をしたりている。その中に私1人で入り数日間、行動を共にしていると、絶対にあってはならない、という考えが強く働いてくる。普段は、拒否しようとすれば、するほど苦痛になるので精神への介入などに甘んじている。それは、それを、されていても困らない範囲で生活をするしか方法がないからだ。しかし、今回はそういう訳には行かず、被害を受けていない人達と対等にやり合わなければならない条件下での旅行だった。しかし、何とか持ちこたえて帰宅する事ができた。

被害報告であるが、頭痛はされっぱなしで、やや放心状態に近いような目が遠くを見ているような状態になりながらの運転であった。運転中には激しい攻撃には遭わなかったが、音声送信は実況解説のように続けられていた。

キーンという音も送信されていたが、同行者が途中でガソリンスタンドに寄った時に私独りで待っていると、キーンという音が物凄く強くなり、目の前に居る人と話が出来ないくらいにされた。それと加害者は執拗に状況監視を続け知人と話をする瞬間を狙って目眩をさせたりした。

帰宅後に食事に行った時に携帯から政治ブログを読もうとすると強烈な目眩と嫌悪感と記憶障害が発生し、声では口汚い中傷を送信された。その後買い物を済ませ帰宅した。

新たな被害

音声送信では、実際に目の前で発生している音を消したり、別の音色に変えて聞かせたりすることが出来るようです。ライブ演奏を目の前で聴いているときに、ピアノの音がフルートの音に聞こえた。その内容は、ピアノのアタック音を消し、音色をフルートの音にして聞かるという方法でよく聞くとピアノの音も聞こえていたように感じる。目の前で見ているので聞えて来るフレーズはピアノそのものでピアノから出ている音に何かを被せていたと思われる。フルートとピアノが同時に音を出しているのではなく、別々にソロをとるので聞き間違いではない。

思考回路のロックという被害を受けました。オートバイを運転中に加害者が連想に必要なキーワードとAと言う人の名前を送信した。次に、それを聞かされた私が関連したBという人の事を連想してしまった。次の瞬間、その名前を加害者が言い当てようとしたが、加害者は思い出せない。

しかし、その瞬間の思考回路の一部をロックされてしまい、いくら違うことに考えを持って行っても、その状態は固定されたまま、私が連想した人の名前を加害者が言い当てるまで開放されない。

その間2分くらいはあったと思うが、別の脳内音声では私のリアルタイムの思考と絡んでひっきり無しに喋り続けている。そしてとうとう加害者が私が連想した人の名前を言い当てた。しかし、加害者は直ぐにその名前を言い当てられなかったのが悔しかったと見えて、今度はAという名前を私に思い出せなくさせて来た。Aという名前は間違っても忘れることの無い名前である。

思考のロックという被害は、はっきりと明確に言葉で説明できる内容ではなく、脳の一部というか連想した瞬間の状態をロックされている感覚である。何を考えても脳の一部が固定されてしまい必ずそこを強く意識されられてしまう。それは言葉ではなく、状態と言った感覚だ。

以前にも高速道路を走行中に似たような被害を受けたことがあり、嘘発見器のようだと思ったことがある。それと、もう一つはイメージ映像を執拗に送り続けられてしまい、何を考えてもそこに引きずり込まれるという被害にも遭っているので、思考盗聴による思考のロックと断定する事は出来ない。加害者が私を騙す為にわざと連想させ、思考をロックしたのかも知れない。

とにかく

精神への介入、人間の遠隔操作の被害

悪意と殺意の元に行われている犯罪

これは多くの人が知る必要があると思う。

11日9:00
その後はFC2にログインが出来なくなり、この日記も「アクセスが集中しています」と表示されアクセス不能となったのでアメブロに続きを書いた。

不自由人のブログ

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる