殺人以上の犯罪と言われる理由

4:43
突然、夢を見させられて目が覚める。
時計を見た瞬間に男の声で「抵抗すれば、するほど被害が酷くなる事をお知らせするぜ」、すぐに女の声で「かわいそうに」と申し合わせていたかのようなすばやいタイミングで送信された。その後、「どっちが得か、よく考えてから書こうぜ」と男が脅迫した。

ブログにログインすると目が痛くて開けていられなくなる。開けても視界が白くぼやけて良く見えない。腰が痛く、まるで自然現象のようだし、以前、救急車を呼んで入院した時の痛みを思い出す。

隣の人の名前を出し、「一緒に病院へ行こうぜ」と脅迫をして来る。3時間ほど前に寝るのが遅くなった理由は下記の文章を作成していたからだ。これは、昨夜、高速道路をオートバイを運転中に考えた文章だ。あまりの苦しみの中、そんな文章を考えた。その時もリアルタイムで「それを書いたら殺されるぞ」、「書けるものなら書いてみろ」と脅迫されている。

罪もない人を自殺または発狂するまで攻撃するテロリストだ

脳死が人の死だと言われるような時代である。人間の遠隔操作とは精神侵略技術や脳の操作などと言われているが、無許可で勝手に他人の脳を直接操作してしまう犯罪であり、しかも、24時間絶え間なく続けられるという常識では考えられないやり方をしている。

しかも、精神への介入とは耐え難い苦痛を受けさせ続けるているわけで24時間絶え間なく苦しめられ続けるという想像を絶する世界である。生き地獄と表現すれば、正に現代の生き地獄である。

その理由は目に見えない媒体を利用している為、他人には理解出来なく、犯罪の証拠を見せられないことである。それと合わせて思考盗聴や記憶の消去・改竄など到底信じることが出来ないようなハイテクノロジーの洗脳行為が行われていることだ。

しかも、それらには耐え難い苦痛が伴っている。精神のプライバシーとは生まれ育った時から自分の考えは誰にも知られる事がないと信じているから成り立っているわけで、心を読み取られ、それをその場で脳内に聞える声により強制的に聞かされ続けるだけでも大変なショックであり、苦痛である。

まず、脳内音声と言われる被害者にしか聞えない音声からは何処にいても逃れる事ができない。しかし、苦痛はそれだけではなく、身体的な苦痛が伴っている。それは五感の操作であり、痛い、痒いに始まり、嗅覚・味覚の操作も日常的に行われる。

しかも、それらがすべて苦痛と屈辱を受けさせる為にだけ使われているから酷いストレスとなる。それだけならまだいいが、脳を直接操作できるために、考えることが出来なくなる思考の抑制や物忘れが激しくなる記憶障害、更には認識力を低下させるような意識障害などが、全く経験した事の無い頭部を締め付けられるような感覚や目眩とともに行われるので、これが耐え難い苦痛となる。

その他、頭痛、関節や筋肉の痛みなども同時に起されたりする。勿論、喜怒哀楽以上の精神状態のコントロールも行われている。それらを数種類同時に行い続けられるので被害者はたまったものではない。

嫌で、嫌で仕方なくても絶対に逃れる事が出来ない。

泣いて騒いでも、怒って暴れても、何をしても無駄であり、生きている限り苦しみ続けなくてはならないように延々と、この犯罪は続けられていく。これらはすべて被害者の証言により明確にされている。しかも、加害者は人間であり自分達と同じ国に住み、同じ言葉を使っている。それらは脳内に聞かされる声から明白で、社会の構造や被害者の知らない社会の事を知っていたりする。

その加害者である人間が、被害者である人間を、犯罪の性質上どれほど苦しんでいるかをすべて知った上で24時間何年でも苦しめ続けているわけであるから、その残虐性を説明するのは並大抵のことではない。しかも、これはそう言った武器・兵器に値する装置を使用しなければ不可能であり、被害実態から推測すると組織的・計画的であることも明確になる。

被害の苦しみに耐えかねて自殺してしまった被害者も確認されているし、死んでしまいたいと溢す被害者も少なくはない。その苦しみに耐えて生きていても被害が途切れる事はないので少しずつ蝕まれていくように被害者の人生は内側からも外側からも破壊され続けていく。

その損害は取り返すことの出来ない大変なものであるにも関わらず精神病扱いにされてしまったりして全く報われることがないのも苦痛の要因となっている。

説明は足りていませんが、これほどの残虐な行為を何年も続けられる人間の存在を信じられますか、
信じられないのが普通だと思います。ですからその罪の重さは計り知れません。

こうやって書いている最中も耐え難い被害は継続されています。人間の自由と人権とプライバシーを奪い続ける犯罪を野放しにすると、別の方面から知的財産を盗み取る行為にも発展する恐れもあります。

*****************
少し長い文章だが、今は判断能力を奪われているし、眠いので修正しないで掲載する。

5:04
アップした直後に「楽しませてあげるよ」、「近所にあいつはキチガイだと言いふらしてあげるよ」、「被害者全員に嫌われるぜ」と脅迫をされ、右の耳に聞えていたキーンという音が更に大きくなった。

攻撃の上乗せで口封じをするのもこの犯罪の特徴だ。

6:07
「かわいそうに」の連発。
寝ようとしても、引っ切り無しに次から次へと体中を痒くされ、歌のリピート送信をされるので全く寝ることが出来ない。

9:14
その後も歌のリピート送信を筒蹴られていた。
心臓が苦しくて目が覚める。
結局、昨日と同じように何度も目が覚めては寝る、を繰り返された。音声送信を瞬間的に大きなボリュームにして目が覚めると音を消す、という感じにやっていた。これでは寝た気がしないし病気にされてしまう。

本当は、睡眠導入剤を飲みもう一度寝たい気分だが、薬を飲んでいるイメージ映像の送信をされていたので(寝ている時に見たので合成夢となる)、ここで起床することにする。

できれば加害者全員が死に絶えて欲しい。

21:06
今日もずっと歌のリピート送信と声によるリアルタイムの貶しは途切れない。後頭部に違和感があり、やや目眩のような脳の芯が痺れるような感じで頭がボケているような、深くものを考えることの出来ない状態にされている。やはり、不機嫌な感じというか嫌悪感がありリラックスした気分には程遠いと言った状態だ。そのような状態で他人と話をするのも結構苦労する。

夕食の後に少し横になって寝ていたが、すぐに頭部が異常に熱くなり目が覚めてしまった。まるで病気にでもなったかのような発熱感であったが、汗はそれほど出ていなかった。本当にアイスノンか何かで頭を冷やしたくなるくらいだった。

今も歌のリピート送信を別の曲に換えて続けている。

22:20
Google未来のためのQ&Aに投票していると両方の耳が詰まったようになり、キーンという音が強くなる。意識障害が激しくテレビを見ても声は聞えるのだが、頭に入ってこない。身体も熱くなり、イライラしてくる。

24:05
毎回自分で演奏した音楽は録音しているので、昨日の演奏をプレイバックしていると毎回同じであるが(実際の演奏中にもやられる)ピアノのメロディーに溶け込んで聞える女の声で嫌みを送信される。それとは別に通常の声の送信でも徹底的に隙間無く、私の演奏に対して貶しを入れてくる。音楽を聞くのをやめると今度は、さっきまで聞いていた音楽のリピート送信をされる。

頭痛と歯痛を起され、お腹に空気を溜められている。
筋肉や関節の痛みも頻発している。

思考盗聴・人間の遠隔操作という人類の歴史を根底から覆してしまうテクノロジーの使用を放置していると取り返しの付かないことになると思うのだが。

寝る。

COMMENTS

No title

同じ被害者に嫌われることはないですから、大丈夫ですよ~

こちらのプログを読んでいて思ったのですが、やっぱり加害者が死なないと終わらないのかもしれませんね・・・
「誤りに行け」とかいいつつ、自分達がしてることの方がはてしなく
酷い・・・。私はいつも突っ込みをいれています。


彼らは普通の人です。しかも同じ地域に住む人達もいます。
だからたとえ私が引っ越したところで被害はかわりません。
以前いた会社に一人、最近ではご近所に一人居るそうです。

「まだ住んでるの」とか言われますが、人様に言われる筋合いはありません。
この嫌がらせをやっている本人に聞かせてあげて下さいと思っています。


COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる