芽吹き病

9時25分
昨夜の睡眠妨害も中々の物であった。ゴンゴンゴンゴンゴンゴンと低い振動のような物音が1秒間に2~3回くらいの回数で聞こえて来る。頭は50Hzくらいで痺れるような感じ。耳鳴りも左右の耳にピーっと鳴っていた。歌のリピート送信をバックにいつもの猿芝居を演じている。聞こえて来る中傷は肝心な部分が聞こえない。薄気味の悪い笑い声、仲間を叱るような声、私の名前を何度も口にする。そして、最後には「私達は去って行きます、後は暴力団が残るだけですよ」と女の声で送信する。

彼は「芽吹き病だから」と加害者に声の送信をされた事がある。

こちらに言わせてもらうと加害者の方が「芽吹き病」である。毎年、春先になると嫌がらせの音声が増える。そして、ホームページにもある「脳内音声演劇団のストーリー」を最近また、復活させてきている。「あれは本当だったんだぜ」、「・・・・さんに会わせてあげよう」。しかし、その会わせてあげよう、は100回聞いても実現した事がない。

今日は朝4時30分に眠くてたまらない中、目が覚めた。あまりに眠いのでどうやって起こされたのか覚えていない。ただ、小便をしにトイレに行くと「おしっこを分けさせて、ひとつは・・・の中に、もう1つは自分の足に」と送信された。その言葉は今日だけではないが、・・・の中に、と言うのは便器の中にと推測している。そしてトイレから戻ると足が冷たいような、やや、濡れているような感じがした。気にせず布団に入ると、今度は膝が濡れているような感じがしたので、思わず手で触ってみたところドライであった。

今も、変な声で絡んで来ている。

昨夜は、「私達に恥じをかかせた」などと言って嫌がらせをされた。

「許してあげよう」、「もう、終わりにしよう」

なども数えきれないほど聞かされている。

場合によっては、AMラジオで周波数を操作すると番組外の所にくると、ザッザッザッと言う1秒間に2回くらいのノイズが聞こえるそうである。私はラジオを持っていないので買って来てやってみようと思う。

これらの記事は重複している内容があると思うが、昨日も脅迫された。「クレジットカードを使わせてもらおう」。ネットの通信販売で番号を打ったからだ。銀行のキャッシュカードの番号も知られている。

それから、脅迫ネタとしてもう1つ「彼は思考盗聴をされている事を知っていて、俺達の悪口を言っているんだぞ、これは悪意がある。訴えてやれ」。少し、考えて見てください。

11時0分
天気が良いので10分ほど散歩をして来た。相変わらず朝から歌のリピート送信が続いている。ジャズの曲である。嫌なので昨日散々やられた「瀬戸の花嫁」を替え歌で心の中で歌う。歌詞はその場で考えながら加害者の悪人ぶりを表すような歌詞にする。元々良く知らない歌であり、歌詞もその場で考えるので字余りになったり、メロディーも少し変わったりする。すると、思考盗聴をしているので「音痴、メロディーもコードもない」と言い悪口を脳内音声で浴びせる。そして「おめえたちも彼を見習え」と送信し、私が歩きながら心の中で思った歌のメロディーを「瀬戸の花嫁」の歌詞で歌いリピートする。

ようするに、私のことを「音痴」だと言いたいのだ。そして、オリジナルの曲に対して何処の部分が違っていたかを指摘するために、わざわざオリジナルの「瀬戸の花嫁」のメロディーと違う部分の2小節くらいを何度もリピート送信をする。それは、加害者が自ら歌って送信しているのである。

散歩の帰りには「後もう少しだ、発狂するぞ、このまま狂わせておけ」と男の声で送信する。そして自分の家の前に来ると「花を咲かせてあげて」と女の声で送信する。どういう意味かというと、私が何気なく見た藤の鉢植えに花が咲いていない。別に本人は気にしてもいない事まで、わざわざ気にするように仕向けて嫌みを浴びせるのである。「犯罪の行方は、、、、、永遠に終わらない」と送信された。

これらの脳内音声による嫌がらせは、ほんの一部であり、一日中、数人が張り付いていて、毎日繰り返している。

常人に出来るだろうか、こんなことが。

そして、ログアウトをすると、負け犬の遠吠えの如く、嫌みを送信する。

「彼には、また、新たに恥をかかせてやれ」

これである。「恥をかかせる」、「悔しがらせる」。このあたりに固執しているようだ。

15時15分
午後になると連休の為、親戚が訪れたので、テクノロジー被害に関して説明をした。詳しく説明するのも大変なので簡単に説明した。不思議だったのは親戚の人の前では声がほとんど聞えなかった事である。しかし、一歩その部屋から出るとすぐに嫌み、脅迫を浴びせて来る。その後会社に戻ると、「お正月を写そう、不治カラーで映そう」とCMキャッチフレーズを送信された。これは酷い嫌みなのである。「不治の病」と以前から加害者が嫌みを送信している。「フィッチ クラフト」と言う曲があるが、加害者はそれを「不治 クラフト」と呼び嫌がらせをする。顔が痒くて困る。

16時10分
相変わらず顔の痒み、音声の送信が続いている。なぜかパソコンでgoogleだけが接続不能になってしまった。と、書いていると糞尿の臭いを送信される。YahooとかMSNは繋がる。ブラウザのトップページにしたアドレスも、他の検索で出したアドレスもgoogle関係はすべて繋がらない。なぜだろうか。

16時25分
なんだか原因不明の為、アドレス逆引きなどをやっていたら回復した。嫌な感じである。その間も「バカでえー」などと男の声で嫌みを送信される。音声も執拗に送信されている。「かわいそうに」の女性の声も18番である。

19時30分
先ほどラジオを買いに行ってきた。店内では、その店のコマーシャルソングが流れている。いつもの事なので予め想像が出来てしまったが、今度はその曲のリピート送信である。一口にリピート送信と言うが、何時間でも送信するのである。今は2時間リピート送信をされていて、携帯電話にメールが入ったら、今度はその着信音をリピート送信して来る。そして、盗んだ情報で、また、新たに嫌がらせをする。更に、まだアップロードしていない日記にその事を書かれてしまったと腹を立てて、また家電屋のコマーシャルソングを送信しだす。歴史的な犯罪の加害者である事の自覚は全くなく、下手をすると盗んだ情報で被害者に説教をしたりするのである。

ずうずうしいったら、ありゃしない。

盗んだ物を自分の物だと言い張っているようなもんである。

21時40分
暇と言うか、なんとも表現のしようが無く、ただ、ひたすら、気力を無くしてくれる人達である。今日は少し疲れたので食後に居眠りをしようと思い横になっていた。すると携帯にメールが入る。先ほどの返事である。こちらがメールを読む前に内容、もしくは誰から来た物なのかを知っているかのような歌の送信があった。「エミリー、エミリー」と嫌らしく歌う。送信者は女性であった。しかもデコメール付きでお姫様がスカートの裾を持ってお辞儀をしている絵だった。

その後、目をつぶって寝ようとすると映像の送信である。感覚としては目蓋に映っているような映像なのでカラーのように色は感じとれるのだが、赤っぽい、目を閉じた時の目蓋の色に支配されている。そこにセルロイドのフチのメガネを掛けた中年の女性が現れ、その反対側にもう1人いる。何か、こちらに向かって嫌みを浴びせているとか、ツバを吐いているとか、物を投げているかのような映像であったので、こちらは映像返しで体に殺虫剤とか消臭剤のスプレーを吹きかけてやったら、怒って二人とも立ち去って行った。その時に下着などを脱ぎ捨てて行ったので、ゴミをつまむ鉄製の大型ピンセットで脱ぎ捨てた下着をつまんでビニール袋に入れた。中が見えると気分が悪いので更に黒いビニール袋に入れ「新種のウイルスがいると困るので科学警察に持って行け」と言ってやった。

すると次に、顔を見せない男が現れ、対象の人物を殴っている。対象の人物は恐らく私だと言いたいのだと思う。その後、膝蹴りの連打で顔面をボコボコにしていた。しかし、その映像の中には入り込めなかった。入り込めないと言うのは、こちらの映像返しの効果がなく、一方的に送られてくる映像が勝手に進んで行くだけである。

実は、正月には初夢を見させられていた。感覚付きの映像である。ナレーションの説明のおまけ付きである。私が机の下に落ちていた物を拾う時に机に頭をぶつけてしまう夢である。「彼には頭をぶつける初夢をみさせてやれ」だそうだ。彼らの嫌がらせにはナレーションとか言い訳、説明が入ることが多い。感覚付きの映像とは、痛くはないが、ちゃんと頭に物がぶつかっている感覚になる。それの感覚付きの映像で拳で顔面を殴られるのも経験しているので、先ほど見た殴る、蹴るの暴行の対象が、恐らく私なのだろうと言っているのだ。数日前に寝る時にも変な映像を見させられている。背広を着た男が、バーか何かでシャンペンを飲んでいる場面。私に向かって飲みカスを浴びせてくる。感覚としては寝ている私の顔に浴びせると言う設定。しかし、見させられた映像の中にも浴びせられる対象物がなんとなく映し出されている。お返しにその背広の男をボロボロにしてやった。

双方向の画像書き換えが出来る場合と、一方的な場合がある。

ついでに、昨日か一昨日には寝る時に右を向いて体を横にして寝ていると、目の前に女が寝ているのである。以前にも上に乗っかられた事があるが、今度は横に寝ている。私は寝るので、いちいち目線を移動させたりはしないが、感覚として体は薄べったく立体感がない。そして、その翌日に声の送信で「あいつ昨日誰と寝ていたか教えててやれ」と聞かされる。

大変貴重な報告である。事実である。

29日1時0分
悪魔の加害者集団。

一年365日、朝から晩まで、お祭り騒ぎ。

おめでたいと言ったらこれ以上おめでたい集団はいない。

悪魔のマインドレイプ装置、これがあるから出来るだけ。

歌のリピート送信はやまず。

強制的に音声を聞かせているのである。

そして最後に出るセリフ。「耳を塞がせよう」

キーン

これが歴史に残る人権侵害のやり方だ。

寝る。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる