「操作される脳」は現実に行われています

9:16
「操作される脳」という本が出版されている(参考書籍カテゴリー参照)。その本の内容はともかく、遠隔から人間を操作するような隠された技術があり、それを悪用をして常識では考えられない執拗な監視・干渉・暴行が行われ続けています。それらは、思考を読み取ったり、脳内音声と呼ばれるものを聞かせたり、身体を痛い・苦しいという状態にする事が出来る、というだけではなく、24時間365日葬式の真っ最中であろうと途切れることなく続けられる異常なやり方をしています。

脳の操作では喜怒哀楽などの精神状態を変えてしまうことも、記憶を消したり、改竄したりすることが可能でそれらを常時行ってきます。更に、頭痛をはじめ身体の任意の場所に痛みや痒みを発生させたり、心拍数の変化、呼吸困難などの拷問のような苦しみを受けさせたりします。恐らく、考えられる人間の生理現象(病気を含めた自然現象)を意図的に発生させる事が可能です。

重要なのは特定個人だけを狙って行えるという事です。


昨夜も睡眠妨害をされ3時と5時に目が覚め、最後は9時少し前に合成夢を見させられ、音楽のリピート送信で起された。目が覚めると、こじ付けの嫌みを脳内音声で聞かせてくるので、腹が立つというか人間の自然現象として(自分の考えや声に出さない呟きが相手に伝わるので)言い返してしまう。

結果、強制的にテレパシー通信をさせられてしまう。

精神への介入。脳内音声を聞かされ続ける、テレパシー通信接続状態にされ続ける。これだけでも精神に対する最大の暴行であると思う。

もうすでに目眩と記憶障害を起されていて、これが毎日であるので、その被害の重大さ加害者の罪の重さは計り知れず、自ずと殺意の存在は表面化してしまう。

16:16
声による干渉とキーンという音、鼓膜が詰まったような状態が続いている。16時頃から突然、酷い目眩と記憶障害と呼吸困難にさせられ、「製作」の「作」という字が書けなくなり「皆で笑ってやれ」と貶している。いつもの手口であるが下劣である。今も、漢字の変換キーを押した瞬間にブラウザが閉じてしまった。「死に絶えろ」、「殺してやる」などという脅迫もかなり多い。

20:14
頭痛と激しいノイズの送信、歌のリピート送信。
「笑われろ」という得意のフレーズ。
全く途切れる事無く執拗に続けられている。

先ほどは眠くさせられてしまい寝ていた。本日は二箇所に電磁波犯罪についての資料を発送した。まだ、到着していないのに加害者は盛んに広報した先のことについて音声送信をして来る。なんと言うか他の被害者の日記などを読んで比較すると、私の加害者は劣等感が激しく、凶暴なのかと思ってしまう。

明日も広報したいと思う。

24:43
その後は音楽を聞きながら被害報告書籍に投稿する為の原稿を書いていた。その間も声の送信は「それを出したら殺されるよ」などと脅迫をしていた。無視をして書いていたが肩と首の後ろが異常に疲れてくるという良く知られた被害を受ける。歌のリピート送信はボリュームが小さいが続いている。

記憶をかなり強力にコントロールされているようで、特に音楽の曲を思い出すことだけが出来ない。それと別の被害者の日記を読んでいたら、ある種のひらめきが起きて、自分が書物から得た知識と重なり、その件に関して日記に書こうと思ったが瞬時に忘れてしまった。

まさか、選択的に記憶の消去が出来るのだろうか。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる