殺人より罪の重い犯罪

24:28
就寝しようと思って電気を消したとたんに集中攻撃を浴びる。

頭痛、筋肉痛、痒み、キーンと言う音

脳内音声による罵声脅迫を

4,5人で重なり合うように浴びせてくる。

加害者は果たして何人死に至らしめてきているだろうか

病気でもない何も知らない人を病気にして病院送りにする。それは精神病院だけではなく、あらゆる病気にしてしまう。日本に置ける破壊活動は卑怯物の集団による陰湿な生活妨害から始まり、その歴史はあまりにも長い。ちょとした嫌がせやストーカー行為などは日常茶飯事でそれ専門に日夜活動している工作員もいれば通りすがりに嫌がらせを行う物もいる。

最近では脳内音声送信装置や身体にあらゆる感覚(被害症状)を起させる兵器をあやつり日本全国で暴れまくっている。この悪質極まりない犯罪に目をむけようとしない社会に問題があるとも言えるし、そうならないように工作をしながら破壊活動を続けているとも言える。

加害者は少し調子に乗りすぎている

この状態がいつまでも続く訳がない。


警告したいと思う。

この人権侵害に使われている装置は人間のプライバシーをすべて奪い取ってしまい、逃げる場所をなくしてしまう。パソコンの誤動作やハッキングは日常的に行われているし、電気製品の誤動作・故障も簡単だ。

その装置を使って政府の重要機関や人物に対して加害を行えば国家破壊は簡単である。それどころかスパイ行為は無音・無感覚で行えるので、もうすでにターゲットにされている人間がいるかも知れない。この装置の性能と破壊活動に使った時の恐ろしさを知っているのは被害者だけである。その被害者の口封じをする為に常識では考えられない暴虐を休まずに続けているテロリストがいる。工作員という言葉が良く使われているが正確にはどんな意味があるのだろうか。組織犯罪であることは間違いない。

絶対に許してはいけない犯罪が野放しである。

5:54
突然、目が覚めると考える必要の無い事が頭に浮かぶ。
不安になるような、心配事を作らせようとする。
ついでに映像の送信までして来た。

それは全部、加害者の発想である。私に不安を抱かせる為に何を想起させるか、内容を考えたのは加害者なので、そこからどんな事を考える人物なのか推測が付く。

歌のリピート送信が始まった、頭痛もしている。

10:28
もう一度寝て10時に目が覚めるが、目覚めとともに頭痛と疲労感、理由のない筋肉の痛みが発生している。歌のリピート送信や声による脅迫も行われている。眠気も普通ではなくやっと起きた。

加害者のやる事は毎回同じ、考えてもいない事を脳内音声やイメージ映像の送信で何かを想起させ、さも自分の発想のように見せかけ、不安や心配事を作り出そうとしている。それに理由や根拠は全くなく、お仕着せ的に無理やりマイナスイメージを抱かせる。

この精神の侵略に対抗するには経験も必要だ。慣れてくると自分の発想ではないことが良く判る。不自然な理由は毎回、同じパターンのやり方であること、寝起きなのに次から次へとマイナスの思考を早い展開では考えないこと、脳内音声が聞こえていること、は通常あり得ない。

だから、最低でも脳内音声はすべて嘘である、自己嫌悪になりそうなマイナスイメージも自分のものではないと決め付けて考える事が大切である。イメージ映像も通常は、過去の回想などをしている時に記憶の想起に付随しては来るが、ハッキリと人の顔や景色を長時間思い浮かべることはなく瞬時である。

もしかすると、この犯罪には音声送信と同じくらいにイメージ映像の送信を多用しているのかも知れない。ずっと以前から気が付かないように映像送信の世界を日常化されている可能性もある。

とにかく加害者は執拗に攻撃を続け、私達が被害者であること、こう言った重大な犯罪が行われているという事を世間に知られたくないのだ。

後は痛みと苦痛との戦いとなる。

14:09
目覚めてから4時間になるが全く途切れる事無く「君はバカ」と歌詞を差し替えて5秒に一度くらいの頻度でリピート送信をしている。目眩と記憶障害も延々と続けられている。仕事で電話をしたときには極度の意識障害を起こされ、時間感覚の喪失まで起こした。恐らく電話の相手にも妙な人だと思われただろう。酷い迷惑行為である。

昼食の後、トイレに行く途中でオナラをすると「オナラをさせてあげてください」と声に言われてしまった。トイレで用が済んだ後に尻を拭こうとすると背中が痛くなり、後ろに手を回すのに苦労した。インチキ筋肉痛という奴だ。

この陰湿かつ執拗な途切れることの無い攻撃に根をあげてしまい、ほとんどの被害者は身を潜めてしまうのだと思う。それにしても激しい。

17:12
また、日記を書いていてる時に「変換」キーを押した瞬間にブラウザが閉じてしまった「ざまあみやがれ」という声の送信も同時に行われた。その後、もう一度ブラウザを立ち上げ管理画面のリンクをクリックするとIDもパスワードも入力しないのに管理画面にログインした。実は、それらの件に関してサイバー警察に電話で相談をした。後日、警察に行くことになっている。

目眩と記憶障害の中で仕事を終えたが、脳内音声による歌のリピート送信は全く途切れないで続けられている。更に、16時頃から背中が何もしないのに痛くなり、呼吸困難になっている。今も被害は継続している。「警察が見ているよ」なんて加害者が声の送信で言っている。

「笑われろ」

という言葉は加害者の口癖だ。

19日1:26
今、喉がイガイガしている。これも被害だろう。

夜はそれほど酷い攻撃は無かったが脳内音声による思考への介入は全く途切れないで続けられている。それと呟き(声には出さない独り言)を誘発させる為に送信されている脳内音声も途切れない。口の中で声に出さずに呟いていると、それを正確にトレースされ別の声で送信される。音楽の送信などと合わせて三種類の脳内音声が存在している。

自分の考えや計画などを呟かされてしまい、それをトレースされるので思考盗聴と呼ばれるのだろう。しかも、気分が悪いので途中で呟きを止めると、その続きを勝手に送信してきたりする。例えば「明日はスーパーに」と呟いて止まると「お菓子を買いに行こう」と続きを送信される。確かに自分の考えの中ではそういう計画であるから当たっていると言えばその通りである。しかし、24時間監視を延々と続けていれば日常的な発想は呟きの前後関係から推測は付く。こちらはどの程度当たっているかなど調べる余裕はないので統計を取ったことはない。

取りあえず、精神への介入や脳への攻撃、身体攻撃の苦痛は大変なものなので真剣に考えるとノイローゼになってしまうかも知れないので深くは考えない。被害に関してはすべて深く考えない事が一番だと思っている。だからわざとアホな事を考えたりして紛らわす。

寝る。

追記、一日中呟かされているという事も記す必要がある。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる