洗脳悪魔

9時15分
昨夜は就寝時の嫌がらせが少なかったようで寝られたが、朝5時に目が覚めた。脳内音声で悪口を浴びせている。「・・・会社は事務員でも大学出がいるんだよ」、「彼に勉強させてあげて」、「みんな君のことをバカにしているよ」、「みんなが君のことを笑っているよ」など。こちらも心の中で「なら、あんた達は学歴と資格だけで人間性のいらない仕事でもしなさい、心のいらない職業に就きなさい」と言い返すが、きりが無いのでやめる。

そして次が8時半。「パンパン、パンパンパン」、「パンパン」、「・・・さん」、「パン」、薄いトタン板か緩んだ障子紙を叩くような音が右の耳に聞こえる「パン」。非常にしつこい。「パン」。嫌でも目が覚める。すかさず「エミリー」という曲のメロディーを送信する。「次はエリナーリグビーだ」と曲をチェンジする。その次は「かみーがないから手で拭いて、もったいないから食べちゃった」と歌い続いて「せとは、日暮れて、夕波小波、、、、、、」を送信する。

人をバカにするにもほどがある。

自分達は表に出られないのである。

しかもスパイ行為をしているのである。

被害者に嘘の情報を聞かせるのである。

多くの被害者によって報告されているように偉そうに、優越感に浸りたいのである。

毎日、同じ事を何十回も聞かせ、あらゆる情報をシャットアウトして、デタラメを脳内に送信する。こういうのを洗脳というのではないか。加害者の言葉を借りると「パー」にしようとしているのかも知れない。目が覚めた時に最初に思い浮かぶ思考が怪しいものである。

この声を聞かせる技術と思考盗聴が対象者を選ばずに誰にでも行えるとしたら大変だ。

10時40分
思考盗聴と脳内音声のセットの嫌がらせは続く。そういえば、また、言葉ではなく、完全に頭の中だけで考えた事を盗まれた。昨日、サウナから出て水風呂の側で休んでいる時の事である。なぜ、思考を盗まれた事が判るかと言うと加害者が盗んだ私の思考を脳内に放送してくるからである。それも、思考そのものを言い当てるだけでなく、その盗んだ思考が気に入らないと言い嫌がらせをする理由にするのである。先ほどから「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。

かく乱の手段として、「俺達の仲間は近所に沢山いる」、「あんたの会社の中にもいる」、「取引先の会社にも沢山いる」そんな言葉を送信して来る。仕事の内容などにも「間違いだらけ」と繰り返し送信をする。

加害者は喋る事がないのである。

脳内に送信される音声のほとんどは録音されていてボタンを押すと、すぐに送信されるようになっている物と思われる。なぜなら、過去に脳内に送信されたテレビのコマーシャルの歌や家電販売店のキャッチフレーズと言うか短い歌のような物が、いつでも何度でも瞬時に送信出来るからである。瞬時というのは、こちらが頭の中で考えた瞬間に送信して来るからである。

それこそ、私の思考がスイッチになっていて、その部分に触れると、それが送信されるしくみになっているかのように感じる。「その部分」と言うのは記憶のことで、直接歌などのメロディーを思い出すか、「あの時こんなのを送信された」などと思い出すと、それと同じのを送信される。

或いは、私が自分で思い出したのではなく、自分で思い出したかのように見せかけて、思考の誘導をしている可能性もある。いつだったか、加害者の悪口を思考盗聴返しで言い続けていた時に、私が声を出さずに喋っているのを同時になぞっている男がいる事に気が付いた。変だと思いピタリと心を静めると、私には関係なく勝手に喋っている男がいた。だから、その男の声の送信と一緒に心の中で私が喋らされていたと言う事になる。すべてがそうだと言うのではないが、そういう事があるのである。

そんなわけで、自分の記憶領域に触れる事が出来なくなってしまう。10ある内の8の記憶領域を汚され、そこに触れると嫌がらせをされる事になると、残りの2の領域だけで生活をさせられてしまう。すごく不自由な支配されているような感じである。

ついでに追記をして置く。ネットブログなどを読んでいても、私と一緒に声の送信をしながら読んでいる人がいるように感じる時が、しばしばある。声はその作者により決まっていたりする。それと、アップした後に自分の日記を読んだりする事がある。その時に歌のリピート送信の部分を読むと、それと同じ歌を必ず送信される。

15時25分
「15時25分発、死への直行便に乗らせてあげな」と声の送信をされた。先ほどから「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。会社にお客さんが来て話しをしている間は静かであり、思考にも全く絡んでこなかったが、最後にやられた。左瞼の痙攣、キーンという短い耳鳴りと同時に声の送信「早く帰らせろ」。良く行われるやり方である。キーーーンと耳鳴りをさせている間にメッセージを送るやり方。「顔面神経痛にしてやれ」などと送信されたりする。

思考盗聴、脳内音声、身体攻撃、脅迫

テクノロジーによる嫌がらせ、脅迫

怖い

怖いが、書く

誰も信じなくても

今、携帯電話を使ったら相手に声が聞えなかった。こちらには相手の声が聞えている。たまに、この症状が出る。新品と交換してもらったが治らない。確か、この機種に変えてから発生しているのかも知れない。思い出してみると、この機種に買い換えた理由は以前使っていた携帯を見えないテクノロジーによる嫌がらせのストレスにより叩き壊してしまったからだ。見えないテクノロジーによる嫌がらせと単純に言うが、嫌がらせの元は思考盗聴などにより得た情報なので被害者が受けるストレスは簡単に説明できない。

17時30分
「超人類へ」と言う本を読んでいる。酷い嫌がらせをされる。お腹に空気が溜まる。「瀬戸の花嫁、歌わせて」と女の声で送信される。「逮捕してやれ」などと盛んに脅迫する。今日は「瀬戸の花嫁」のリピート送信の日だ。本を読んでいて脳とコンピューターを繋げる話などになると割り込んで来る。まだ、数ページしか読んでいないが現実は非接触で何処にいても、高速で移動中でも双方向の通信が可能である。人殺しである。極悪犯罪者である。悪魔そのもの。これは現実の話だ。人間をおもちゃにして遊んでいる。こんな事をする人間を絶対に許してはいけない。

インターネットの通信状態も悪い。

21時35分
仕事が終わってから楽器屋のスタジオで練習をして来た。もう、しつこくて陰湿で、もう。声の送信なのである。練習の内容を盗聴して指図をする。「もっとゆっくり練習をしろ」ああでもない、こうでもない。そして、いつものように私が曲のメロディーを想定して練習すると一緒に歌いだす。私が何の曲のメロディーを想定して練習をしているのか、なぜ判るのだろうか。思考盗聴である。そして練習の内容に関して「間違えた」とかケチをつけるのである。間違えたかどうかの問題に関して見えない敵に説明する必要もないし、相手は本当はすべて知っている。私の練習方法もスパイ行為によりすべて知っていて嫌がらせをしているのだ。そして帰宅後も、大勢で寄ってたかって悪口を浴びせる。なぜか、お腹に空気が溜まる。そして、すぐにオナラがでる。すると「何度でもオナラをさせてね、でも臭いは送信させないでね、自分のオナラの臭いをかがせてね」と女の声が送信される。今、「クリーブゾーン」という音声の聞こえるマインドコントロールの映画を見ている。

慣れるというか、諦めるというか、こんな事件に遭わされて残念である。

23時59分
今、風呂から出て寝るところだ。相変わらず「瀬戸の花嫁」の歌をリピート送信されている。風呂に入っていると左の目蓋が痙攣した。「クリープゾーン」を見た。実に面白かった。声の送信、マインドコントロールなどに関して実に判りやすく作ってある。SF映画である。しかし米兵のタクシー運転手殺害事件を思い出してしまい、現実に人間の監視、マインドコントロールの恐怖を訴えているようにも感じた。

現実と言えば思考盗聴を「クリープゾーン」に付け加え、すべての言動、思考を徹底的に否定し貶すような映画が出来ないかと思う。寝る。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる