電磁波犯罪を甘く見ないで欲しい

2:12
電磁波による人間の遠隔操作、その実態は殺意がなければ到底出来るものではなく、身の毛もよだつような残虐行為の連続である。テクノロジーにより被害者を四六時中監視・干渉し被害者を奴隷のようにしてしまい、苦痛と屈辱を受けさせ続ける。思考盗聴・精神への介入も含め身体に受ける苦痛は究極の暴力と言っても過言ではなく、すべてが悪意の下に行われ精神病に仕立て上げる為の工作の罪はあまりにも重すぎる。

それは遠隔から姿を見せずに人間を監視制御する装置である。

今夜も就寝時から執拗に脳内音声による語りかけをされ全く眠れない。歌のリピート送信も行われている。しかも、脳を覚醒させられているようなので眠くならない。心拍数を変えてしまう事も出来るようでまるで興奮して眠れないように感じる。目に映像を見せたり、瞑っている目蓋の中が明るくなったりするのも眠れなくするテクニックの一つだ。

足の筋肉を痙攣させ「足を大事にしな」と脅迫をする。
頭痛をさせたり胃もたれをしているようにも感じさせられる。

呼吸困難にされ息苦しい、それでも何とか我慢をし、眠りそうになると一瞬心臓が止まったように感じる。そしてドキッとした瞬間に先ほどまでの自分の意識が完全に消えてしまう。意識の連続性が途切れてしまうと言う現象だ。まるでパソコンで言えばリスタートを掛けたような状態であり、一瞬意識を失ったように感じる。脳内音声は恐らくリスタートはしていなく、同じ調子で喋っているのだと思う。これは脳の操作で意識を失わせているのだと思う。

意識を失わせる信号があったとする。それを強く当てると完全に意識がなくなってしまう。それをパルス状にして送り付けていると感じている。だから意識が遠のくような感じになる時はそのパルス幅を変えているのだと思う。

声の送信は言いたい放題デタラメの連続であらゆる人物の名前を使っては、私が孤独になるように話を作ったり、近所の人を利用して「お前、そこに住めなくなるぞ」とか、友人・知人の名前を出しては「お前の事を知っているぞ、みんなに笑われているぞ」と連続で聞かせてくる。

そこに絶妙な精神と身体に対する操作を加えてくる。

例えば人の名前を聞かせた瞬間にドキッとする時があるが、それはその名前を聞かされたからではなく、そういう操作をされている。実際に現実の会話をしていても都合の悪い事を言われたりすると目線がずれたりする事があると思う、或いはドキッとするような言葉を聞かせればそうなるだろう。微細な緊張感から恐怖感や不安感、猜疑心や安心感など興奮感や殺戮的な気持ち、悲しいような寂しいような気持ち、何かに負けて悔しいような感情や惨めな気持ちなど様々な感情を送りつける事が出来ると思われる。

しかも、それらの感情を送りつけるタイミングをずっと見張りながら待っていたり、筋書きを作りこの場面に来たら、この感情を送信する、なんて計画性も感じる。一日で1回しかない、しかも数秒間の出来事に対して、それだけに狙いを定めて感情のコントロールをする事だってある。

特定の人間に会うと嫌悪感が酷くなる、或いは異性に対する特殊な感情、性的な気持ちなども自由自在に操れると思う。

仕草を作るには人前で鼻を痒くしたり、頭を痒くさせれば、その場面での演出を作り出す事ができ、咳をさせる、くしゃみをさせる、トイレに行きたくなる、なんていつでも何処でも可能だ。頭痛や嫌悪感などを合わせれば印象の悪い人間を作り出すことが出来る。

においの送信や何かを気にさせる思考の挿入もある。

それらが信じられないくらい病的かつ執拗に行われるのが、この犯罪の特徴だ。信じられないタイミングで待ち構えている。それらも病的なまでのストーキングというか監視行為を行っている結果である。

極めつけは脳への攻撃で思考能力を低下させたり、記憶異常にした上で途切れることの無い音声やノイズの送信により周囲からの乖離を狙うことだ。それらは無口な人やうつ的な人を作り出す事もできる。人間の五感に一枚膜をはってしまうというか、日常的に加害者によって作り出された現実にはない環境で生活をさせられてしまう。当然、周囲とのズレが生じ変な人だと見られるようになる。

また、ある種の声の送信や思考の挿入と同時に「嬉しい」という感覚にされられ「そうして欲しい」という考えを次に送り込まれると、自分の意思決定とは別に送り込まれてきた内容に対して自分が「嬉しいからそれを望んでいる」と感じたと錯覚を起してしまう。

更に、思考盗聴が先か意識の挿入が先かと言う問題にも発展してしまう。何かの意識を挿入された事に気が付かなければ、挿入した意識を言い当てれば思考を読まれたと感じてしまう。私の少ない体験からは両方があると感じている。

洗脳の技術とでも言うのだろう。

3:20
アップしたら「君は酷い人権侵害に遭うぞ」と脅迫をされる。

「もうすでに遭っている」と答えると

「もっと酷い人権侵害に遭うぞ」と脅迫の上乗せをされる。

7:00
苦しくて、苦しくて、目が覚める。
ただひたすら、眠気と疲労感が酷い。
しかし、脳の操作であるので覚醒させられてしまう。

「お前、殺されるぞ」
「他の被害者はここまで書かないぞ」

と脅迫をされる。

しかし、それは全部嘘であり、私に罪悪感を持たせようとする為である。「日記を削除しろ」と毎日脅迫をされている。これだけ酷い睡眠妨害を毎日行ってる加害者は「夜は寝よう」、「ちゃんと朝から働こう」、「怠け者、ぐうたら」などと毎日罵っている。

自分達の犯罪を無かった事にする為には、恐らく、目に見える形で人を殺すこともするだろう。この犯罪にやられて多くの被害者が精神病院に強制入院させられている。失職させられてしまう被害者はもっと数が多い。

殺意がなければ出来ない何よりの証明だ。

11:22
結果就寝が4時頃で
7時に起されたが眠さの余りに無視して再び寝る
次は11時に目が覚める
「あーあ、朝から仕事をさせてやりてえなあ」
と声の送信をされる。

キーンという音と脅迫のような作り話、歌のリピート送信をされている。

23:25
声によるリアルタイムの嫌みと脅迫
キーンという音を中心にしたノイズの送信
思考能力低下と記憶障害
肩や足の筋肉を痛くする攻撃
全身疲労のような倦怠感

延々と続けられている。

政治方面からの広報と言うかその方面での話しが少し進んだ。

最近は良く、酷い苦痛を受けさせられている時に目の前にある物を破壊したくなる衝動が起きる。その時には必ず薄っすらと物を破壊している映像が頭に浮かんで来る。そしてその直後に「それを壊せ」と声の送信をされる。

ここまで書くと呼吸困難になり意識が薄れてくる感じになる。キーンという音以外には特別に何かの音は聞こえないが鼓膜が詰まったような感じになり、周囲の音の聞こえが悪くなる。鼓膜を操作しているのだろうか。

「近所の迷惑を顧みず、こんな日記を書くな」と加害者が戯言をほざき、私が悪い事をしているかのように言うが、社会の迷惑を顧みず、破壊活動に勤しんでいるのが加害者である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる