思考のリアルタイム監視

1:47
眠ったと思ったら起される、連日の睡眠妨害。
何か映像を見せられ、頭の中は煩くなっていた。
覚えているのはそれだけだ。
睡眠時間は1時間でその後も無視をして寝ようと思ったが電磁波で脳を覚醒させられてしまい全く眠れない。左の目にゴミでも入ったような痛みが発生する。次から次へと脳内音声を送信し聞かせるだけでなく、私に呟かせる為の別の送信もセットで行われる。その後脳内音声で次の言葉を聞かされたので日記を書く事にした。

「血も涙も無いとは言わないでくれ、自分で選んだ道だ」

この犯罪を実に良く表現している言葉だと思った。勝手に被害者にして置きながら罪悪感を植え付け虐待を繰り返し力ずくの洗脳支配を試みる。誰一人自分から被害者になることを希望してはいない。

「かわいそう、かわいそう過ぎる」

という言葉には加害者の破綻した精神が見られる。

これほど酷い暴虐が平然と行われ続けている国である。加害者には絶対的な自信があり、その自信の上に精神侵略という殺人行為を全国で行っている。

就寝前には痒み被害の他に虫を飛ばして頂いた。強制的に起された後はもっと大きい虫を飛ばして頂いた。ついでに新聞配達のオートバイの音も聞かせて頂いた。オートバイの音は本物そっくりだが、この雨の中を普段と同じ速度で走れるわけがなく、水しぶきの音すらしなかった。虫の飛ぶ音は移動速度が速すぎるが本物そっくりである。もっとチープなのになるとドップラー効果のない救急車の音というのもあった。

思考のリアルタイム監視

覚醒している間はずっと音声が聞こえているという被害報告は有名だが、それと同時にその間ずっと思考を監視しているとも言える。実際に一緒に生活しているのと同じで風呂もトイレも心の中もプライバシーと呼べるものは24時間全く存在しない。常に干渉・介入をされ続ける。更に、思考の抑制や誘導なども露骨に行われている。信じられないと言うのなら公表されている技術の中にも信じられないような物は沢山ある。

精神への介入という犯罪

思考の自由を奪うという犯罪

思考を誘導するという犯罪


文明国であれば、新しいウイルスなどの脅威を問題にする世界であるならば、細菌兵器などという言葉の出る時代であるならば、そろそろ真剣に考えなければならないと思う。これらは新しい犯罪ではなく20年や30年も前から犯罪を行い続けながら悪い意味での進歩をして来たテクノロジーである。

歯に衣を着せない被害者の気持ちを伝えられたらと思う。

3:33
顔の左の耳の辺りが痒くて目が覚める。
「時計を見てみろ、また起してやる」と送信された。
背中の筋肉が痛くまともに歩けないほどだ。

「逆らい過ぎだ、神の存在に気づけ」

とほざいている電磁波テロリストだ。

ご存知の通り、何人精神病院送りにしても、何人自殺に追い込んでも、全く関係なくテロ行為を続けているプロの人殺し集団である。精神病院に入れてしまえば社会的な抹殺、自殺に追い込めば殺人と同じ。そうでなくても精神侵略は殺人だ。

今、お腹がポンと音を立てた。この後にオナラやゲップが出るのは良く知られている。ポンという音と衝撃。これは自然現象では絶対にあり得ない。今も脳内音声では脅迫の連続だ。

毎日「日記を削除しなさい」と脅迫されるが、それほど加害者には都合が悪いのだろうか。被害が無ければ何も書くことはないと言っている。

殺人をして証人を脅迫しているようなものだ。

先ほどもブログアップの後「巨人の星」の歌のリピート送信をしていたが、今はまだアップしていないが「巨人の星」の歌のリピート送信をしている。

「連休明けに苦しめ」と加害者に言われているが60枚120ページの広報資料を用意していて3箇所の研究所、大学に郵送しようと思っている。もうすでに10箇所以上同じような内容で広報している。その後も考えている。

本当は被害者全員があらゆる所に広報をすれば早いと思う。

10:21
結果、就寝は4時。
再度起されたのが8時。そのまま眠ってまた9時に目が覚め。最後は10時に小便を我慢している夢を見させられて実際にもそういう感覚にされ目が覚める。とんでもない疲労感と眠さの為に暫く起き上がれなかった。最悪の目覚めである。

加害者はこんなことをする為だけに生きている物達だ。

目が覚めると声の送信とキーンという音が少していてトイレに行くと背中と左肩が不自然に痛く歩くのに支障を来たした。あり得ない痛みだ。日記を書き出すと「巨人の星」の歌のリピート送信をされ、得意の目眩と記憶障害が始まった。

ここまで書くと今度は尻に針を刺すような痛みの連続攻撃をされている。

15:08
脳に対する酷い攻撃が延々続いている。
目眩と記憶障害が激しく、時間感覚の喪失もある。
歌のリピート送信では「仮面ライダー」の歌をリピートされている。声の送信では口汚い中傷と脅迫の連続で、うつ的な気分になる脳の抑制も行われているようだ。

「物を考える」という事を一切させない為の攻撃であり、暇なのでインターネットを見ていると量子コンピューターというのがあったので説明を見ていると急に「仮面ライダー」の歌の音量が上がり「一緒に歌わせてあげたいなあ」と声の送信をされる。

折角音声付の解説を見ていても目眩と記憶障害が始まり、全く意味不明になってしまう。文字を書こうとしても漢字が思い出せなくなる。「あいつ、あんな字が書けないんだってよ」なんて送信してイライラさせる。正確には書けないではなく、パソコンの画面から紙に写し取る時に漢字を一文字づつでないと忘れてしまうような状態にされている。

記憶障害は上記のように何も覚えられない状態で記憶の連続性がなくなり、日常的に毎日行っている事ですら一つ一つ確認しないと不安になる。これを毎日やられているわけなので大変なのは説明するまでもない。

もう一つ意識障害とでもいうような意識が薄れてしまう状態にもされる。とくに体全体の力が抜け貧血のような感じになり腰砕けのようになるのは記憶を操作するのとは別だと思っている。

それらの脳操作と精神状態の操作と身体攻撃と音声攻撃をすべて一度に合わせてやられたら、これはもう大変な状態になる。殺意がなければ出来ないだろう。

遠隔からの脳の操作

放って置く訳にはいかない。


17:18
今は先ほどのような酷い攻撃は止んでいる。
その時に思った。

人は何かを提起された時に

それが真であるか偽であるかを

自己で判断していると思う。


その判断は経験や記憶から成っていると思う。それらはあらゆる種類の判断に使用されている(当たり前)。例えば、読んだ文章、目で見たもの、人から聞いた話、自分の頭の中で組み立てた理論、想像したイメージなど。そのような物を偽であると思いたくなるような脳の操作があったらどうなるだろうか。

なぜそんなことを思ったかと言うと、漢字に対する読み書きの攻撃が激しく行われているが、今までなんの問題もなく読んでいた漢字の読みに対する疑問を抱くことが度々あるからだ。間違っていないのに不安になったりさせられる事がある。

電磁波犯罪では猜疑心を抱かせる、人間不信にさせるなどの被害が多く報告されているし、私も同じような被害を体験しているのでそのような脳の操作があるのかなと、ふと思った。

更に、決断力を鈍らせたり、消極的な考え方にさせられたりするかも知れない。それらがどのように行われているか不明であるが実際に行われていると思う。

24:22
一日中途切れない被害であるが、夜食後に被害者の方と電話で話しをしていた時にはほとんど声が遠のいてしまい不快な気分もなくなっていた。2件で3時間ほど話ていたと思う。その後は少しずつ侵入されて来て歌のリピートも始まり、目眩や記憶障害も復活してきた。激しい気持ちにならないので低レベルの攻撃ということになる。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる