五感情報通信発見器を作ってください

12:25
今日も目覚めとともにテレパシー通信状態にされている。
頭痛がしていて、振り向いただけで自分が何をしようとしたのか忘れてしまう。当然、目眩と記憶障害が行われている事は感じ取れる。

どなたかこの加害波の検出器を開発して頂けないでしょうか。

この被害の呼び方が判らないので五感情報通信とします。

被害内容はこのブログのカテゴリー「被害の説明」を参照してください。


●何処にいても通信が途切れることはありません

飛行機で海外に行った方の話だと離陸する時、飛行中、着陸時、フランスなどヨーロッパでも日本語による声が聞こえていたそうです。

ビルの中の人ゴミ、地下深い地下鉄、ちょっとした洞窟の中

音声送信を受けている被害者が数人近距離にいても混線したりしません。

●双方向通信と思われます

五感や思考を盗むだけでなく、送りつけてきます。頭の中に描いたイメージ映像などは盗み取るどころか瞬時に書き換えられてしまいます。映像を送りつけられる場所は自分がイメージ映像を思い浮かべる場所と思われます。酷いと自分がイメージする力よりも送りつけられる信号の方が強くそちらの映像が見えてしまいます。

●盗聴・盗撮技術はかなり高度です

被害者の目や耳から情報を盗んでいるのか、外部からピンポイントで盗んでいるのか不明ですが、どんなに大勢の人がいても少なくともその被害者の言動は筒抜けです。被害者から距離がある場所で喋った人の声をすぐに真似て脳内音声として送信し出来ます。

被害者の口の中の呟き(声に出さない)も確実に盗み取られます。

被害者の目に映ったものもかなり高精度に盗まれると思います。

外部監視をしているようにも思えます。被害者が知らない建物の外部での人の動きを声の送信で言い当てられた事があります。目を瞑って寝ようとしている時の姿勢なども言い当てられる事があります。

●精神状態の制御が出来ます

喜怒哀楽の操作は簡単です。気持ちの増幅も出来るようです。

方法としては広範囲に出る電磁波か極めて指向性の強い電磁波と思われます。レーダー波とかマイクロ波が使われているとも言われていますが、人工衛星からのX線レーザー、中性子ビームレーザーという説もあります。人間の特定には、固有の生体振動数(脳か臓器)、声(声紋)、レーダーによる追跡などが考えられますが、他にもあると思います。また、パルス波を使用するために計測し難いと言われています。更に加害装置は一つの物ですべての加害が行われるとは思えません。加害波や媒体も複数の可能性があります。

加害行為を発見する装置の開発

専門の方にお願いしたい次第です。


17:45
酷い頭痛と目眩と脳への攻撃の中、郵送による広報を完了した。
何か頭部発熱感があるのだが気のせいだろうか。

仕事と趣味と生活と広報をすべてこなしているので大変だ。今も仕事で見積書の作成・送付をしていると突然、酷い目眩がしたり、傍観者モード(放心状態のように何も考えられなくなる)にさせられたりした。

無意識で行動をしていると突然、「殺してやれー」なんて呟いてしまったりする。なんでそんな言葉を呟かなくてはならないのか不思議でならなかった。恐らく音声送信だと思うが、舌が一緒に動いてしまう種類の音声送信だと思う。

本当に殺意のある極悪犯罪者だと思う。

19:10
全く緩む事無く激しい脳への攻撃が続いている。

思考能力がなくなってしまい

激しい怒りが込み上げてきて

それにただたえているだけだ。

これなら自殺・発狂してしまう被害者が出るのが判る。

思考能力・判断力を低下させた上で思考盗聴で盗んだ内容を実況解説のように脳内音声で送信されている。しかもその中には私の思考とは全く関係のないデタラメが多く含まれているので人間をコントロールする事も出来る。今の状態ではこれ以上書くことは出来ない。

それほど酷い攻撃をされている。

更なる広報をさせて頂く。

声の送信では罵詈雑言と脅迫の嵐と言った感じで一日中途切れることはなく、更に音楽のリピート送信も途切れない。

頭痛と目眩と記憶障害と全身に点在する激しい痛みと痒み。

こうやって書いていても瞬間的に次に書こうと思っている事を忘れさせられてしまう。

この犯罪を野放しにしている政府の責任が問題だ。

19:29
狂気の精神侵略の手口

被害者には加害者という人間の存在を確実に明確に知らしめている。
そして声や身体に対する苦痛を与え続ける。
状況判断などの能力が低下するような脳の操作をする。
感情の操作により興奮状態にさせる。

これを延々と続けられると最後はどうなるだろうか

耐え切れない肉体と精神への苦痛
自然な周囲との調和能力の剥奪
イライラして暴れだしたくなるような興奮

加害集団が敵意をむき出しにして襲い掛かる

大声を出して「やめろー」と叫びたくならないだろうか

逃れることのないストレスにより何かを破壊したくならないか

こんな手口もある

うつ病というか無気力にしてしまい、口も利けなくしてしまう。

そして苦痛を受けさせ続ける

抵抗が出来ない状態にして攻撃を続けるやり方だ。

これが毎日だったら通常人間はどうなりますか?

自分がやられていなければ、こんなことは書けない。

21:43
侍ジャパン野球チーム

優勝おめでとうございます。




今度は別の手口の虐待をされている。

テレビを見ていると耐え切れない睡魔に襲われる。

睡眠は十分に取っていたのでこの時間に眠くなる事はあり得ない。先ほどまでの激しい頭痛と記憶障害と脳内音声による集中攻撃が静まり、キーンという強いノイズだけになった。その後は人が変わったかのような音声送信になった。

あまりに眠いので寝ようとすると始まった。

「寝ちゃダメ」
「寝ないで」
なんて音声送信をして、顔を痒くしたり、肛門を痒くしたり、歌のリピート送信をしたりで寝させないようにする。

猛烈に眠くさせて置いて

寝させない


これもかなりの悪辣さだと思う。

24:28
激しい攻撃は収まったが、キーンという音はかなり煩い。

歌のリピート送信も途切れない。

声は嫌みを言い続けている。

加害者はきっと自分達の罪の重さを知りたく無いのだと思う。

寝る。

COMMENTS

誰のせいでもない。

世間ではたまに、誰の仕業でも、誰の責任でもない「悲しいこと」が起る。

この「悲しいこと」を理解しようとしたり、原因究明やはたまた責任追及などしてはいけない。

何故なら、「誰のせいでもない」のだから。

できることはただ一つ、悲しみを胸に秘め、元の生活に戻ることだ。

私は耳印さんを応援しています。

Re: 誰のせいでもない。

menthol 900 様

コメントありがとうございます。

そういう考えの方がいらっしゃる事も理解しています。

しかし、元の生活に絶対に戻させない犯罪ともいえるのです。

これからも応援してください。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる