本人にしか分からない被害

3:32
心臓が苦しくて目が覚める。
すごく眠いのでそのまま寝てしまうが、また心臓が苦しくなり、すぐに目が覚める。眠ろうとするとキーンという音が強くなりとうとう起きてしまった。

明らかに夢を見たという記憶が無い場合、最近は目覚める瞬間に脳の中というか記憶をグチャグチャにされているような印象を受ける。これは一度や二度ではないのでどうも不審に思う。イメージで言うとテレビやパソコンの画面が消える瞬間のような感じである。何か夢を見ていたような気がするけど全然覚えていない、のような感じだ。

目覚めた瞬間の発想には外部から挿入された感じがない。

いつも色々な事柄が頭の中に浮かんで来るが、しばしば他人を疑わずには居られなくなるような発想が出てきたりする。そしてその事について考えたりすると加害者が音声送信で煽り立ててくる。しかし、普段の被害からも分かるように酷い音声送信攻撃に対抗する為に、加害者の悪口を呟いているが、実はその加害者の悪口でさえ、加害者から脳内音声で送信されている時がある。

1人二役とでも言うのか、私に罵声を浴びせた直後に私が呟くべく台詞を送信している。これもほとんど毎日四六時中なので、これを洗脳に使ったりすることがあるのかも知れない。加害者が喋れない言葉(禁句)はほんの少ししかない。私はそれを試した事がある。

そして、加害者が送信してきた他人に対する不信感や不安をすべて論破して今日記を書いている。

犯罪の証人は被害者1人だけである。

被害は本人にしか分からない。

自然現象や病気とそっくりの被害が多い。


これが重大な問題だと思う。
たとえばこの時期に目が痒くなったり、くしゃみが出たりしたらどう思いますか。タバコを吸って居る時に目がしみたらどう思いますか。お尻の穴が痒くなったらどう思いますか。これらの見極めが第三者から見ると被害とは思えないのだが、当人にはそれが被害であると確実に判るように行っているのがほとんどで、いくら被害だと言っても「自然現象ではないですか」と言われる事を知っていて行っている。声の聞える被害者の場合は声で被害の説明をされる事が多い。

目のかゆみ、クシャミ、咳などは不自然に刺激を感じる事もある。

10:13
目が覚めたのが9時過ぎだと思う。
音楽のリピート送信と声による嫌み、脅迫をされている。
暫くすると軽い頭部圧迫感と知恵遅れが始まる。

気分的には日記を書きたいと思わないがとりあえず書いて置く。

このようにだらだらと強引に被害を受けさせられ、年月だけが過ぎて行く、それは取り返すことの出来ない大きな損害であると同時に、この状態を長く維持させるだけで生活破壊という加害者の目的は達成されていると思う。

しかし、被害者の方がたの行動は決して無駄ではなく古くからネット上に存在している被害サイトがあったからこそ、我々は被害者であると気が付いたのである。

13:09
お昼休みのブログ閲覧を終えたところだ。
ノイズの送信も多少あるが、鼓膜が詰まってしまったような状態で不自然な現実味のない環境音の聞こえ方をしている。今は音声のボリュームはかなり小さく口数も減っているが、先ほどまでは延々と音楽のリピート送信をされていた。知恵遅れ、頭部圧迫感も続いている。

19:04
夕方から集中攻撃をされている。

まず昼間の被害報告だ。知恵遅れ攻撃と歌のリピート送信が止まないのは説明するまでもないが、今日は匂いの送信をかなりの頻度で行われた。それも腋臭のような匂いで自分が臭いのかと思い心配になってしまった。仕事中は攻撃の強さはそれほどでも無かったが、時々酷い攻撃をしてくる。これも最近のパターンだ。

左の肩をすごく痛くされている。

両足のふくらはぎも痛くされる。

仕事が終わってから銀行のキャッシュコーナーに行く為に外出し食事も済ませてきた。しかし、まず自動車に乗って家を出る段階で周囲の環境に馴染んでいないような違和感、浮遊感が大きい。当たり前である。精神状態の操作や途切れる事のない声の送信により、見るもの、聞くもの、すべてに干渉され、とくに世間の風評のような確認困難なことや、体で感じ取る感覚の世界、周囲の雰囲気などは強制的に狂わされているのだから。

自動車に乗って銀行に向かう途中に強烈にイライラするような精神状態にされ、呆れ果てるような愚かな声の送信を畳み掛けられた。当然、頭部圧迫感と知恵遅れ攻撃も酷くなる。操られないようにする為に加害者の悪口を声に出さない呟きでを延々と続ける。

実際に声を出す寸前まで追い込まれた。

最近思っていた。実は、自分の呟きを違う声で自分に再送信されるという被害があり、それがこの所少なくなっている。感覚としては加害者に自分の呟き声が届いているのか判らないような感じである。電話に例えると自分の声がフィードバックされていないような感じで気持ちが悪い。しかし、テレパシー通信をされていないのが本来の姿なので、いかに長期に渡ってこの被害を受けていると人間の感覚が慣れてしまうかを物語っている。

それらは自分の呟きが加害者に届いてるかどうかの問題ではなく、自分の脳内でだけ起こっている現象であるが、そのように感じてしまう。だから過激な集中攻撃を受けるとパニック状態に近くなり、間違って声を出して見えない敵に対して文句を言ってしまうかも知れない。

路地から大通りに出る時に、ハンドルを切って周囲の確認を行っていると突然、左足のかかとを痒くさられ注意力が落ちた。ただでさえ頭をボケさせられているのにその絶妙なタイミング。まかり間違って交通事故でも起こして欲しいのだろう。私が自分から他人との意味不明のトラブルでも起こせば大喜びなのだと思う。

その後自動車の中で加害者の悪口を呟き続けると強烈な音でキーンと左の耳を攻撃され「それ以上悪口を言うな」と命令されたが、無視して悪口を言い続けたら両方の耳にキーンをやられている。

今は頭痛と知恵遅れと両肩の痛みとキーンとやられている。

生きるという事を苦痛に変えてしまう悪魔の犯罪だ。

20:08
他の被害者のブログにこんな情報がありました。

脳に超音波信号を照射し、匂い、音、イメージなどの知覚経験を引き起こす技術

http://lavidajoejoe.blogspot.com/2009/02/blog-post_9529.html
我々の被害は何処に居ても移動中でも、ですが何かの参考になると思います。

24:07
本当に酷い攻撃で最近は痛いのが多くなって来た。

精神への執拗な介入の為に人格が変わってしまう。

殺人だと思う。

寝る。

追記、ログアウト後に

「明日も健康的に朝早く起こしてやる」
「明日も朝から嫌がらせをしてやる」
「今夜も睡眠妨害をしてやる」

などとボロクソに脳内音声を使い攻撃をしてくる。

毎日、この連続だ。

正常に人間のやることでないのは明らかだ。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる