FC2ブログ

人から笑いを奪い取る犯罪

4:35
いつもと同じように何かを喋らされる所から目が覚める。
寝ようとするが、脳内音声による語りかけと音楽のリピート送信をされ、体中が次から次へと痒くなり大変気持ちが悪くなる。痒みは何処が痒いのか判らないように全身に多発する。「何処が痒いかわからないだろう、理由を教えてやろうか」なんて声の送信をされる。イライラ感などの感情の操作をされていないのでそのまま寝たいがこの痒みはどうにもならない。

加害者の喋りは素人とは思えないくらい発音がしっかりしている。

実際に普通の人が喋ると何を言っているのか分からないくらいいい加減な発音で、しかも田舎の人となればなお更である。方言を含んでいるものの完全にこの地方の人間の喋りとは思えない節もある。いずれにしても素人の喋りではないと判断したくなるほど、発音がハッキリしている。

この被害に遭っていると笑いが少なくなると思う。

何しろ脳の操作でうつ病のようにされてしまうのだから。「お前被害者の間で嫌われるぞ」という脅迫も毎日延々と繰り返されている。

6:24
その後は眠りそうになると痒みを起こされ全く寝ていない。痒みの種類は自然ではあり得ない種類の痒みで、電気的な刺激を感じる。右足のふくらはぎ、右の肩、背中、脇腹、眉毛、頭、顔、尻を順番に痒くさせられている。

昨日の法務省人権擁護局の方も心配されていた。

そんな酷いことをされていたら、ストレスで癌になってしまったりする事がありますが、体の方は大丈夫なのですか。

本当に、ストレスで癌にされてしまう可能性もある。

10:38
9時半になぜか目が覚める。
眠くて仕方ないが音楽のリピート送信と声の送信をされている。

頭痛、知恵遅れ攻撃は今の所無い様に感じる。

誰か日本テレビに抗議する方はいませんか

昨夜の番組ではいきなり「電磁波」という言葉を使い字幕にも「電磁波」と書かれていました。通常、「電磁波」という言葉は使わないと思います。私も最初はキーンという音の事を「超音波攻撃」と呼んでいたし、犯罪被害であると気が付いてからも「電波」と言って言っていました。「電磁波」という言葉を使うようになったのは最近です。

よく知りませんが「電波」よりは「電磁波」の方が範囲が広く捕らえられるそうです。ですから推測するとテレビに出て来た女性被害者は何かの情報を得ていたので「電磁波」という言葉を使っていたのではないかと思うのです。

それにしてもテレビでこんな事を報道されてしまうと私達被害者の立場は一方的に不利な状況になってしまいます。いずれにしても、考えられるあらゆる媒体による攻撃を受けていないという証拠は存在しません。

やや、後頭部に違和感と知恵遅れ感が発生してきた。

しかし、後頭部の圧迫感、知恵遅れ攻撃(記憶障害)、身体の痛みがないと信じられないくらい楽です。私は毎日やられていますから、それはもう、地獄の苦しみです。

14:20
後頭部と首の後ろに違和感のある知恵遅れ攻撃と音楽のリピート送信が延々と続いている。「歌が覚えられないなら私たちがおぼえさせてあげようか」なんて女の声で送信される。

思考の拘束感が強い

まるで悩み事を抱えうつ状態になっている病人のように見えるのではないかと思う。脳への攻撃を受けているという悩みがあるのは事実であるが。

人間が楽しいと感じる時とはどんな時か

すべてを忘れて無我夢中になっているような状態を言うのではないだろうか。日常生活に置いてすべてが楽しいと言う人がいたら病院へ行ってくださいとまでは言わないが、人は皆生活上の悩みやストレスを発散する為に何かをすると思う。それらすらも奪い取られて自由も人権もプライバシーもない生活を強要させられているのがこの被害だ。それこそ、病気にされてしまう。

24:00
本日は少し被害が軽かったが知恵遅れ感などは取れない。

途中ではらわたが煮えくり返るような場面もあったが電話などをしていたので怒りも消えてしまった。それよりも電話で話した被害者の方にアドバイスを求められたのでメールを書いていると激しい頭痛を伴う知恵遅れ攻撃を食らい、ゴムが焼けるような臭いがして来た。

入浴中も歌のリピート送信を受けたし、今も頭痛がしているし、ゴムが焼けるような臭いの事を書くとわざとその臭いをさせてくる。

寝る。

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる