FC2ブログ

6時間の快眠

9:00
昨夜も就寝時には多少の攻撃があったが1時から7時まで寝られた。7時に目が覚めた時には「これでどうですか」とお伺いを立てられたので1時間早いと言い、そのまま寝た。すると今度は8時過ぎに夢を見させられ、例によって不自然な台詞を喋らされて目が覚める。(自分が喋ったように勘違いさせる脳内音声である。夢の中で喋っていたのは事実だが脳内音声を送信されていたという記憶が残っている)

その後は唐突に「巨人の星」の歌をリピート送信しながら数人の被害者の事を想起させる為に名前とわけのわからない言葉を送信して来た。その後はキーンという音をさせている。ストーブの前で日記に書く内容を考えていると目眩をともなう知恵遅れ攻撃をされた。目覚めた時から軽い頭痛がしているのが気になる。

とりあえず夜中に起こされる事なく寝られた。

この時間に起きて行動が出来るというのは社会の一員として生活をしているような気分に近づく事が出来る。早く普通の生活が出来るようになりたいものである。

お知らせします。

ブログにリンクしていた多数の被害者へのリンクはすべて削除いたしました。そのかわりに「被害者リンク集」というタイトルで

http://pulsefobia.site-station.net/

を利用させて頂いています。

10:54
その後は「これでいいのだー、これでいいのだー」と天才バカボンの歌のリピートを延々としながらリアルタイム監視による罵声を脳内に送信し続けている。

最近の被害報告

脳内音声は通常、ただ聞こえるだけだと思っている。
それにムカッと来るイライラ感を付加させたり、舌が動いてあたかも一緒に喋らされているかのような信号を付加させたりしているのだろう。(一緒に喋らされるような感覚は強烈であり別の送信方法を使っているのかと思ってしまう事もある)

ところでその一緒に喋らされてしまうような攻撃の時に、自分の顔の輪郭に重なるようなイメージの輪郭を感じさせられて、その重なった輪郭が一緒に喋っている、というのを体験させられた。これはオートバイを運転している時に自分の体の輪郭に重なって、女性の体の輪郭を感じさせられた時以来だ。そんなハイテクを見せられたからと言って混乱はしないが。

ところで、ふと、考えてみた事がある

被害がなくなったとしたらどうしますか?

被害がなくなると圧倒的に広報活動がやりやすくなるのではないか。加害者がターゲットをそのような状況にするだろうか?

中には失職してしまうと生活が成り立たないので表立った行動には出ずにひたすら我慢をしている方もいる。失職してしまった被害者の方の中にはこれ以上酷い目に遭うのが嫌なのでおとなしくしている方もいる。活動をしているのはその中間くらいの被害者であると思う。

加害者は私に広報活動をするなと脅迫をする。しかも、今日睡眠妨害をしなかった理由として広報をしなければ寝させてやる、なんて事を暗示したりする。しかし、被害が完全に無くなったわけではないし、非人間的な毎日はあまりにも耐え難い。

こういうのを不毛というのだろうか

13:57
相変わらず酷い攻撃が続いている。
歌のリピート送信は途切れず、罵声と脅迫の脳内音声。
知恵遅れ攻撃、頭痛、体の節々に発生する痛み。

24時間の攻撃を受け初めてから、そろそろ2年になるが本当に途切れることのない被害である。しかも苦痛の種類を増やしながらの攻撃をして来る。具体的には書かないが私は個人的にも団体としても広報活動を行っていると思う。

これほど残虐かつ常識外の犯罪をおこない続ける物達の精神構造に疑問を感じる。

21:29
徹底的に脳に対する攻撃を続けられている。

記憶操作というのは体感的には後頭部をやられているよう思っている。記憶を消すというよりは、そこに神経が行かないようにされているのだと思う。日常的な記憶に神経がいかないようにして脳内音声の世界に無理やり引きずり込んでの加害である。

楽器の練習中も知恵遅れ攻撃(記憶操作)をされ、身体を不自由にさせられたので思ったように練習が出来ない。間違える筈のない場所で何度でも間違えてしまう。腹が立つので根性で練習を続けていると「巨人の星」の歌をリピートしたり「和田あきこ」の歌をリピート送信する始末。最後はスタジオ内で糞の臭いを送信され、次に練習しようとするフレーズを思考盗聴で盗み取って先に声の送信で言われてしまう。

楽器の練習を終え車で帰ろうとすると道路工事をしているらしく信号機のボックスの蓋を開けていじっている挙動不審な男2人を見かける。くわえタバコで信号操作というのも洒落ている。

本日は人権擁護局に相談に行ってきました。

加害者は私が電話をしたり地図で場所の確認をしている段階からすべてを盗み取り知っている。相談予約の電話を切った瞬間に

いままでの攻撃が突然止まってしまった。

加害者側の異常な緊張感が伝わって来る。やっぱり相当なプレッシャーが掛かっているなと思ったら、小さな音量で「バカボン」の歌のリピートが聞えている。車に乗り出かけようとすると軽自動車がこちらに向かって来るのが見えた。いつもなら通りを走っている車がいれば、それが行ってしまってから通りに出るが今日は見えたのだが、慌てて通りにでようとしてクラクションをならされてしまった。絶妙なタイミングである。

そしてメインの道路を走っていると前から来る自動車が全員こちらを見ているように感じた。よくよく考えて見ると、加害者が慌てているのが伝わって来たのではなく

こちらだけが緊張させられていたのだ

相談員の方はてきぱきと話を聞いてくれたが、こう言った相談は初めてだと言っていた。とりあえずNPOのチラシや要望書などのコピーを渡して来た。被害を理解して頂くことは出来たが、犯罪の性質上どうする事も出来ないらしい。ただし、相談に来た記録は残り上に行くらしい。決して無駄にはならないと言い元気付けてくれた。

警察でも生活安全課に相談に行くと警察庁と繋がっているデーターベースに3年間、記録として残るらしい。

被害者の方は是非、相談に行く事をお勧めします。

この被害に関しては色々な考え方があるのは知っています。しかし、こう言った被害相談も必要ではないかと考えています。なにしろ事実なのですから、殺人とも言える精神への介入、殺意のある人権侵害は。

本当はこんな事をするのも嫌だし、日記に書くのも嫌ですが、あまりにも酷い攻撃のためにそうせざるを得ないのです。

今も、加害者は脳内音声でとことん脅迫をしています。

23:17
只今、4チャンネルのゼロという番組で「電磁波で攻撃を受けている」という言葉を使い、それを精神病と断定する報道をしています。「統合失調症という妄想だ」と断定しています。加害者はそれを利用して殺人行為を全国展開しています。

常識のある人間ならば

電磁波で攻撃をされているという証拠がないと同時に
電磁波で攻撃をされていないと言う証拠がない

と言うのも判るはずです。


精神病と断定するのは間違いです。

また管理画面で文字の入力を出来なくされています。
「大勢から笑われろ」
「恥じだけかかせてやる」
「インターネットの怖さを教えてやる」
などの脅迫を受けています。

24:59
統合失調症を疑う方はキャロル・スミスさんの論文をご覧ください。

それと以下のアドレスにも山のような翻訳資料があります。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/mind_control.htm

それらをすべて理論的に否定する事が出来るでしょうか。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる