加害者の罪の重さ

6:28
原因不明で目覚める。
キーンという音はしている。
当然、脳内音声による暗示に掛けるような脅迫を聞かされる。それに対しての考えを声に出さずに呟くと歌のリピート送信をされる。内容は被害の広報に関する事と居住地域での噂に関してだ。

確か、夢を見させられた感じと、何度か目覚めさせられた記憶があったので思い出してみた。夢は少し長めのストーリーで夏物語とでも言うか海のような川のような所で遊んでいる夢である。全く架空の流れる海とでも言うか、そんなのが出て来た。登場人物やストーリー、建物などはすべて私の身の回りでの出来事をとんでもなく変形発展させて夢の中に出してくる。例えば卵を食べたとすればタマゴ型の建物が登場するといった感じで、恐らくすべてが私の生活の中から作り出されていると思う。

何度か目が覚めたことに関しては新聞配達のオートバイの音を思い出したので、その時間に目覚めさせられたのかと思う。

加害者の罪は被害者の人生を生きているだけで苦しまなければならなくしてしまった事のほかに、自然と作為とを区別が付きにくいようにしてしまった為に社会を混乱させているという社会全体への責任も追及されるだろう。

毎日同じような事の繰り返しでも、それを記すことにより繰り返し洗脳のような被害である事を示せると思い睡眠妨害をして頂いたついでに日記を書かせてもらった。これからもう一度寝る。

ついでに「鼻ほじりグセ」という被害があり、執拗に鼻の穴の中を痒くさせてくる。それは鼻毛をくすぐられているような感じだ。あまりにも不自然な電気的な被害そのものを実感できるものから、何度も騙されてようやく気が付くような本当の自然の痒みとしか思えないようなものまである。現実には、加害技術が私からフィードバックされて改良されているのかも知れない。

鼻が痒いから鼻をほじる、ほじりすぎて軽く出血する。なんてことにもなるし、痒みでもかきむしれば酷くなったりする。湿疹が先か、被害が先か、そんな現象もある。

昨日1/16のコメントがすばらしい、ありがとうございます。

12:21
パソコンの電源を入れると加害者が言う

「おい、また始まったぞ、誰かやめさせろ」

これは我々が加害者に対して使う言葉だ。

11時過ぎに目が覚め、加算すると8時間睡眠が取れた。しかし、目覚めるとすでに音楽のリピート送信と声の送信をされていて、自由に落ち着いて自然な精神活動をすることは出来ない。声の内容はマイナスイメージを送りつけ落胆させるような言葉だ。

これは脳内音声でなくても現実に24時間聞きたくもない音楽をきかされ、途切れる事なく自己の言動にケチをつけられていたらどうなるかと想像して頂ければ簡単だ。しかも、頭の中で考えた事に対しても同じようにケチをつけて来るわけだから最悪となる。

「追い越させてやる」という言葉も良く聞く。

もうすでに知恵遅れ状態にされている。

18:56
明日、用事がありチケットを購入するついでに食事をして雑用をこなして帰宅した所だ。まず、ドブゴミどもの攻撃は着ている服を貶すところから始まる。「似合わない」、「かっこ悪い」、「みっともない」など浴びせられるが無視をして家を出るが、時間感覚も喪失させられるので目的の時間に間に合うかどうか不安させるような言葉を聞かされる。走行中には目眩や吐き気をさせられたりして挙動不審のような状態になり周囲の目線が気になり出してくる。

チケットを購入すると「明日、恥をかかせてやれ」、「笑い者にしてやれ」などの罵声を集中的に浴びせられるが、そのまま食道に向かうと「こんな所でメシを食うのはやめてくれ」なんて言われる。声の送信は全く途切れる事無く、歌のリピートとともに脳内に送信される。

その行為には、あたかも加害者達が楽しくて、楽しくてどうしようもないような雰囲気を伝えてくる為に笑い声を交えたり、実際に笑いながら嫌みを送信したり、数人が笑っている映像を脳裏に微かに見せたりしながら行われる。「惨め」、「哀れ」という言葉を吐きたいが為にあらゆる事を利用する。

最後には、私が自分の意志でこれから行う予定に対して「・・・させてあげよう」なんて送信して来る。それを例えれば

道路を封鎖してしまい「かわいそうだから通らせてあげるよ」

と言っているようなものだ。

もともと妨害工作がなければ何の問題もなく楽しい人生をおくる事ができる。これは明らかに無差別テロであり、その証拠に全国の被害者はなぜ自分がこんな酷い事をされなければならないのか理由が解らない。しかも使っているのは強力な武器であり、行いは暴力そのものである。

そして「早くアップしてくれ」と催促される。アップしたとたんに「明日も、明後日も、嫌がらせをしてあげよう」と送信をして来る。見えない武器によるテロ、絶対に野放しにしてはいけない。

20:46
暇なのでドブゴミに付き合ってあげよう。
音楽を聞いているとメロディーに合せて嫌みの声を送信し続けて来る。演奏は自分の演奏を録音した物なので、その演奏にケチを付けてくる。ひっきり無しに立て続けに送信する。一曲聴き終わるとすぐにその演奏のテーマを演奏している楽器の音でリピート送信をされる。

究極の盗聴技術が使われているのは間違いない。

何度も書いているが、ベース、ドラム、ギターなどの合奏でも、ベースがテーマを演奏していれば全く同じメロディーライン、音、テンポでその他の楽器の音を全部消してベースの音だけを聞かせてくる。ピアノであればピアノの音だけを抜き取る事が出来る。だから、何処に居ても周囲の雑音に関係なく目的の音声を盗み取る事が可能なのだと思う。

「やったー、音楽を聞くのを妨害したぞ」
「くやしかったらここまで来て見ろ」

などとほざいている。

メロディーを覚えるために曲を聴きながら、曲の解析を行っているとデタラメがほとんどだが、実際に思考を読み取られ「どうだ、参ったか、分かったらもう逆らうな」と言う。当然「かわいそうに」という女の声を間に挟み落胆させようとする。

特に、洗脳に関しては普通の思考が出来ないように音楽のリピート送信などをしながらマイナスイメージの言葉を送信すると効果があると思っているようだ。音楽を聞いていると集中的にデタラメを送信して来る。声の方に意識を向けると意味なく「スケベー」なんてわめきちらして誤魔化してくる。

今すでに目眩と記憶障害と頭部圧迫感による脳への攻撃を受け、お腹は空気でパンパンにされている。音楽のリピート送信も絶対にやめない。「僕も付き合ってあげるよ、うんと嫌がらせしてあげるよ」と送信されている。

こういうのを殺人だと言えないのは時代遅れだと思う。

21:22
そして、追い討ちを掛けるように頭痛をさせたり、肩を痛くしたりして、キーンという音を強くされ、なぜか猛烈にイライラしてくると同時に足で壁を蹴ったりするイメージが頭の中に浮かんで来る。以前はこの状態にやられてしまい物を破壊したり大声を出していた。今は、勝手にやれと思っている。ただ、何をしても妨害をされ、楽しいと言った感じはなく、奴隷のようにただ生きているだけの状態である。

そういう被害だということである。

だから、猟奇殺人事件などの不可解な事件には脳を遠隔から操作する装置が使われていると考える必要がある。

トイレに行って大便をした後に紙で拭いていると目眩をさせられ「もっと良くお尻を拭きなさい」と中年の女の声で言われた。これは何処のトイレに入っても同じである。突然、思いついたように駅のトイレに入っても同じだ。被害者の間ではこんなのは常識だが、あまり知らない人が読んだ時の為に、毎日繰り返される歴史的な人権侵害の記録の為に記す。

しかも、どんなに日記に書いても加害者は全く関係なく脳への攻撃を続けている。

22:52
聞きたいCDがあったのでヘッドフォンをして聞き出すと、記憶障害と目眩の酷いのを食らい全く音楽を認識する事が出来なくなり、加害者の声の集中攻撃を受けた。「もう、やめろ」、「書けば書くほど攻撃をするぞ」、「今夜も寝させないぞ」というより途切れることなくデタラメと完全な思考盗聴により盗んだ言葉を立て続けに送信された。と同時に首が硬直し異常な緊張感になり暴れたくてどうしようもない衝動にかられる。従ってすぐにヘッドフォンを外しCDを聞くのをやめる。

しかし、加害者の脅迫には乗せられる事はないく全部無視する。

では、このような事態を避けるにはどうしたらいいか

私の場合は下品で猥褻なことを考えたり(加害者が大変喜ぶ)、テレビを見ながらアホな事を考えていれば良い。被害に関する技術的な知識を得ようとしたり、自分の好きな事、前向きな事をしなければ良い。ただのアホになれば加害者は喜ぶ。

同じ被害者でも、この日記を読むと変だと思うかも知れない。私も最初は被害者のブログを読むとイカレテいると思ったし、最初は思考盗聴なんかあり得ないと思っていた。

とにかく積極的に広報をしましょう、みなさん。

24:15
少し暇だから日記を書くとこのような感じになる。
これでもほんの一例に過ぎない。
だから普段はただ相手にしないで我慢しているだけだ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる