FC2ブログ

どちらが勝つか根くらべ

20:34
まず、酷い攻撃をされている。
目眩と頭部圧迫感、頭痛を伴う知恵遅れ攻撃を一日中。
頭部圧迫感というのは脳を締め付けるような感じだ。

「どちらが勝つか根くらべだ」
「俺達が勝つに決まっている」

などと脳内音声の送信で煽る。

「脳への攻撃をされるのが嫌なら日記を書くな」と脅迫をする。


朝、7時半に目覚めるが10時まで寝る。(就寝が遅かったので10時に起きる予定にしていた)その後、病院へ行った。12月に頼んで撮ってもらった脳のMRIの結果を聞く為だ。医師は私のMRIのことなど忘れているので、その事を言い画像を見せてもらった。

X線技師の診断は異常なし、医師の診断でも健康的な脳ですとの診断が下った。思えば脳内音声が始めて聞えてから10年、24時間の送信になってから2年近くになる。とりあえず一安心というか何と言うか。

その後、1人で食事をしに行った。年末年始は人と会う機会が多かったので1人でのんびりしようと思った。食事が終わり建物の外でタバコを一服してカレンダーが欲しいので店の中を歩いていると、ばったりと知人に会ってしまい一緒にコーヒーを飲んだ。話をしていると、良くコーヒーを飲みながら読書をするという。なぜかバッグの中に「早すぎる?おはなし」があったので読んで下さいと差し上げた。

そこでどのくらいの時間話をしていたか判らないが頭がボケて大変だった。しかも鼻をひっきり無しに痒くされていた。

その後、知人と別れて用事を済ませて帰宅するが、歌のリピート送信が全く途切れなく、声でもこれでもかと言うくらい攻撃をし続けられた。「この恨みはブログで晴らそう」と送信される始末だ。

夕方からは楽器の練習をするが依然、頭はボケたままだ。
スタジオの中の鏡を見ると「変な顔」と言われたり、練習中に「時計を見ろ」なんて突然言われるので、つい時計を見てしまったりする。

「恨みを込めて練習をしろ」と言われたので

「恨みを込めるとお前らのようになる」と言い返した。

そして、すべてを我慢して帰宅すると「さあ、恨みのブログを書こうぜ」と送信される。この脳への攻撃、思考盗聴は最悪だ。勿論、「殺すぞ」なんて脅迫もされる。

ここまで書くと「もう、やめなさい」と言いキーンという音がする。「もう、やめなさい」はこっちの言う台詞だ。殺意が無ければここまでは出来ないだろう。人生のすべてを奪い取り、すべてを破壊する悪魔だ。

21:32
「書けば、書くほど、嫌がらせをするぞ」と言われる。
「巨人の星」の歌の大合唱をされている。

これは人間の日常性を奪い取る最悪の攻撃で、脳内音声は普通の耳から聞こえる音とは別のルートから脳神経に聞えるので、普通に耳から聞える音よりも強制力が強く、その状態を途切れる事無く続けられると、神経がそちらに傾いてしまい、耳から聞える日常性を完全に変えてしまう。

だからテレビを見ていても、その音声がただ聞こえているという認識だけで内容には神経が行かず、延々と脳内音声の世界に引きずり込まれてしまう。声や歌だけでなく、キーンという音も脳内音声の世界へ引きずり込む効果がある。

加害者には、ここまで攻撃をしなければならない理由があるのだろう。

22:06
さきほど突然、テレビの音声に神経が届いた。
何を脳内に送信されていのか判らない。キーンという音が両方の耳に聞えていた感じだが、その音量も一気に下がったように感じるし、今もキーンという音はしているし、歌のリピート送信もされているし、声で脅迫もされている。可聴周波数外の音を脳内音声として送信したらどうなるのかと思った。

とにかくパニックになってしまうほどの攻撃をされ続けていた。

その後、ハエが室内を飛んでいた。
自分の近くに来た時だけ音が聞こえ、その後も目の前を飛んでいたが何処かへ行ってしまった。それについては深く追求しない。

キーンという音を大きくしたり、小さくしたり、目眩、記憶障害を起こさせたり、弱めたりしながら声で脅迫をしている。「精神病院に入れてやろう」、「入りたかったら入れ」と言った感じだ。

ここまで大胆に殺人行為を行えるのもテクノロジーを利用して証拠を与えずに出来るからだろう。これほど悪意と殺意に満ちた人権侵害は歴史上初めてだと思う。

22:22
また、キーンという音のボリュームを上げて脳への攻撃をして脅迫をされる。

「日記を全部取り下げろ」と執拗に迫ってくる

タバコを吸おうとすると「タバコをすわせてやるよ」、ライターで火を点けると臭いガスのにおいを絶妙なタイミングで火を点けた瞬間に送信される。加害者は「耐え難い苦しみの日記を綴らせんでくれな」と私がどれほど苦しんでいるかをすべて承知して殺人行為を続けている。

絶対に死んでも日記を取り下げるつもりは無い

数時間で人間を発狂に追いやる事が出来る武器を使用している

これを書いた瞬間に体全身に力が入ってしまうような状態にされる。すべてテクノロジーによる攻撃だ。そして、私をそこまで追い込んで置きながら、数人で笑っている映像を送信する。

名実ともに悪魔だと思う。

24:01
ブログにログインしたらキーンという音をさせ、「それ以上書くな」と送信される。しかし、「巨人の星」の歌のリピート送信は止まらない。口の中も苦い。

寝る。

COMMENTS

No title

 私も、脳がとけるような感覚の中で、加害者の音声送信の嫌がらせを受けながら、次のブログの構想を練っているところです。 「早く殺してしまえ」の、聞き飽きたセリフはまだいい方です。  もちろん、加害者が全国にいる仲間から、責任を追及されるようなブログを書くことが私の目標です。・・・もちろんです。
・・・まだまだかなり先のことだとは思いますが・・・。
いつもブログを拝見しています。 被害者として思い当る事ばかりです。 どうか頑張ってください。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる