敵は君の後ろにいるぞ

12:06
昨夜も午前4時に目覚めさせられた。
夢を見させられていた。オートバイを分解している夢で非常にリアルな夢で意味は不明。ただ、スタンドが壊れていて、そのまま放置すると倒れてしまう可能性があるという夢だった。

目覚めると歌のリピート送信や口汚い中傷の連発

「笑われろ」、「笑ってあげるよ」などの言葉が特に多く、「悔しがらせてやる」というのも多い。その他はいつもと同じで「さて、犯人は誰でしょう」、「どうやってやっているのでしょう」などと考えても答えの出ないような事を考えさせるような問いかけをされた。

そのような問いかけや、中傷、罵声を脳内音声で浴びせられたり、歌のリピート送信をされて楽しい人はいないと思う。だからいつもテレパシー通信で言い返している。それをやりだすとキリがなくなり、加害者は論拠がなくても、言い負かされていても延々と脳内音声の送信をしてくるので、どこかで無視をしなければならない。

最近は「巨人の星」の歌のリピート送信がお気に入りらしいが、私はその歌を聞くとイメージが加害者とオーバーラップしてしまう。

そして最後には「敵は君の後ろにいるぞ」と送信してきた。

なんと言うかマインドウォーズのような感じだ。

17:45
午前中から用事があり少し忙しかった。
声による精神や行動への干渉は途切れることなく続いている。心持ちボリュームが低いように感じる。歌のリピート送信は聞こえない(意識を向けないからかも知れない)時間が少しあるように思う。相変わらず「巨人の星」の歌を脳内に放送してくる。

やや目眩をともなう知恵遅れ、やや頭痛の状態で時折、その攻撃のパワーを強めたりしているようだ。一時から比べるとずいぶん楽になっている。酷い時は文章が読めなかった。それと、明らかに不自然な匂いを感じる状態も続いている。たとえば窓を閉めた自動車の中で生ゴミの臭いがしたりする。インターネットの接続にも不自然な障害がある。

被害の広報活動も機会がある度に行っている。やはり日記を書き出すと攻撃のパワーが上がってくるようだ。加害者のやり方だと、まるで私が悪いことでもしているかのようにされてしまう。被害者が大変な苦痛を受けていると、人間としてまともに生活をさせてもらえないと、外に向かって言う事は犯罪ではないと思う。当たり前の事である。

20:55
夕食の後、テレビを見ていると眠くなったので寝ようとすると顔を痒くしたり、上半身に痒み(虫が這いずり回っているような感じ)にされた。しかし、無視して根性で少しだけ居眠りをした。

その、虫が這いずり回っているような感じというのが、左の肩から移動し始めて胸元に来るパターンで、全く同じのを2度繰り返されたので予めプログラムでもされているのかと思った。このように被害の受け方により、どのような手段で遠隔操作をしているのか、被害者の受け止め方に違いが出てしまうのが特徴だ。

それと居眠り寸前に聞かされた台詞を忘れないようにメモに記録したので記して置く。「君は広報のし過ぎだ、抵抗勢力には会って恥じをかかせてやるぞ」だそうだ。

ふと、思った。

被害者が口をそろえて言う、キーンという音について。

ある翻訳記事だったと思うが、音声送信について「異なるルートから来た音声を聞くことになる」と書いてあった。異なるルートであるなら、脳が感知する部分も異なるかも知れない。だから脳内音声の方に意識が行くと聞えてしまう、という考え方もあるが、ある種の脳神経回路をスイッチのように利用して、そこに思考が行くと歌のリピート送信をしたりする事もあるかと思う。

だから、キーンという音が聞こえ続けているという事は常時、異なるルートの音を認識させられている、妙な言い方をするとマインドコントロール影響下に置かれている、と解釈出来るのではないか。

翻訳資料としては下記サイトには読みきれないほどの資料がある。

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/mind_control.htm

23:47
今度は、思考をなぞるように声の送信をされている。
記憶の操作(物事を思い出せないようにされる感じ)もされている。

ブログコメントで音楽をプレゼントしてくれる人がいる。
http://jp.youtube.com/watch?v=cubgWvBfs24&feature=channel_page
ナット・キング・コールという人のクリスマスの歌だ。
ありがとうございます。

ナット・キング・コールという名前は知っているし、昼間途中まで聞いたので名前を忘れるなんてことはあり得ない。なのに脳内音声で「サッチモ」なんて言われたりして、どうしても名前が思い出せなくされてしまう。パソコンの画面を見るとNat king Coleと書いてある。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる