呟きを送信される

3:06
陰湿な殺人鬼の睡眠妨害と洗脳が続いている。
寝させないで、催眠にかけるような言葉を次々に語りかけて来る。ある女の名前を出して「好きだと言え」と強要してくる。執拗に顔や足を痒くさせて寝させない。今、乳首に対する神経攻撃をされていたので両方の乳首を両手で押さえて眠ろうとしていた。こんな事までされるのである。

我慢に我慢を重ねていたが、とうとう起きてきた。

栃木県佐野市での殺人行為をやめさせて欲しい。

あまりに腹が立ったのでライターを壁に叩き付けて声を出したら、加害者(中年の女の声)がすかさず言った「狂った、狂った、キチガイが狂った」

ふざけるなと言いたい。自分達の犯罪のせいでどれほど迷惑しているか。被害者は沢山いる。

これは確実に人類を破滅させる悪魔の装置である。

「創価学会から訴えてやる」と得意の台詞だ。

「あの野郎を町から遠ざけろ、危険人物だ」と言う。

キチガイは加害者の方だ。思考盗聴、脳内音声による徹底した個人の監視は確実に存在している。しかも被害者を精神異常者に仕立て上げるシステムも出来上がっている。これにより病院送りになった被害者、人生をボロボロにされた被害者、自殺した被害者が確実に存在している。

歴史的な赤恥をかかせてやる、と脅迫をする加害者

これだけの装置と被害者の数である。世の中で行われているすべての出来事に、絶対に電磁波が使われていないという保証がなければ大変な問題になることを知ってもらいたい。

また、歌のリピート送信が始まる

更にリアルタイム監視により、「始まる」という字を打つときに「恥丸」というイメージと声を必ず送信して来る変態ぶりだ。

そして変質者が「かわいそうに」の連発をする。

日記を書くのをやめろとは良く言ったものである。

殺人行為をやめるのが先だ

とにかく徹底した脅迫で何としても被害者の口封じを目論んでいる。

呟きを送信されるというのは

声にはださない自分の呟きが脳内音声により、フィードバックされるということである。しかも、フィードバックされる声は様々である。自動車を運転していてもやられる。これをテレパシー通信状態と私は言っている。加害者の送信した声と私にフィードバックされる呟きにより、あたかも会話をしているようになる。

これが盗聴の一種なのか、思考盗聴なのか、問題であるが、私は盗聴の部類ではないかと思っている。呟きというのは息を止めていては出来ない。正確に発音しなくても、やや、舌を動かすような感じでなければ、そういう現象は起きない。

とにかく絶対に加害をやめないで上乗せをしてくる

「負け戦だから、早く出て行け」、「お前はもうここには住めない」、「明日近所から笑い者にしてやる」などの嫌みの連発である。ちなみに「好きだと言え」といわれた女性は中学の同級生で加害者の中では格が上だと言っている。私は何も信用しない。

ここまでやれば殺人といわれて当然だと思う

3:48
一度パソコンの電源を落としたがトイレで嫌みを言われたので、またスイッチを入れなおす。なんと醜い、卑屈な物達だろうか。私が明日チラシを配りに行こうと思っている場所を思考盗聴により知っている。「明日あいつより先に行って悪い噂を流してやれ」と脅迫をする。

「会ってあげよう、是非、お会いしよう」

というのも得意の台詞だ。

こちらは顔を知らないので会っても分からない。だからこそ言える醜い台詞である。集団ストーカーのような物である。外出して電車に乗っている時も「今、お前の前に座っている女はストーカーだぞ」、「まわりにはお前を監視しているのが沢山いるのだぞ」、「警視庁に見張られろ」、「自衛隊に殺されろ」、「他の被害者は許してやる」、「お前だけは絶対に許さない」なんて送信されるのはいつもの事だ。

そのように非常に神経質にさせて被害者を自滅に追い込むのが得意である。私は、一切信用していない。たとえ現実に盗撮した映像(恥ずかしい映像)をばらまかれてもかまわないと思っている。どんな噂を流されても構わないと思う。

ただ

脳の操作、これだけは絶対に許してはいけない

思考盗聴、脳内音声の犯罪は罪が重い。

私は男であるがトイレと風呂では性器を隠して自分の目に映らないようにしている。なぜなら加害者は私の性器の形にまで嫌みを言うからだ。実際には声の送信などが犯罪被害であることに気が付かないでいた期間が何年もあったので恐らくその間はすべてを見ていたのだと思う。いまさら隠しても意味がなさそうだが、嫌なので、そうしている。

いま、口の上の筋肉をピクピクと痙攣させている。こんなのをお客さんの前でやられた事がある。その時は目蓋の痙攣であったが。だからキャロル・スミスさんの論文にあるように電磁波被害は統合失調症のマニュアルに沿って行われているのである。

ストーブをつけなくてはいられないような寒さなのに蚊に刺されたように膨らんで足の甲が痒くなっている。

5:09
キチガイ加害者が脳内音声で執拗に汚い言葉を使いとまらない。
この犯罪の存在を公表されるのがよほど困るらしい。
女の高笑いを聞かせてから「彼を心療内科に行かせてあげて、私達のせいで彼の心はボロボロ」、「かわいそうだからすぐに行かせて」この醜さである。

汚い体の小さい感じの男の声で「悔しかったらここまで来て見ろ」と罵る。

なんとバカな連中だろうか。

「今日は絶対にねさせるなよ」と言い顔の左半分の筋肉を痙攣させて糞の臭いを送信している。

とにかく汚い、卑怯な物達だ。

「今世紀最大の人権侵害にあわせてやる」と豪語している。
しかし、思考盗聴装置と脳内音声発生装置、身体攻撃装置がなければ何も出来ない。「唇を噛ませて」なんて女が送信している。「ちゃんと聞えてるじゃない、このくらいのボリュームでいいんだ」と裏声の男が送信する。この文章も書く前にほんの僅か先に言い当てられる。

加害者はこの犯罪のことを世間に知られるのを嫌う

だったらとことん言いふらそうじゃないか

徹底的に広報すればよい

加害者は脅迫のプロである。スパイ行為によって得た情報で脅迫する

今世紀最大のスパイ集団だ。

「嫌われろ」という言葉も好んで使う。

自分達が嫌われているなによりの証拠だ。と、書くと「スパイに会わせてやる」と得意のフレーズが出る。どうせ会うなら住所、氏名を教えて欲しいものである。卑怯物。

「今日は許してやる」、許すという台詞がゆるせない。

こうやって私の生活を妨害するのみならず、翌日の計画をぶち壊すのだ。それは結局、被害のことを人に知られるのがいやなのだ。

13:10
結局、寝たのは朝の6時頃で9時半に目が覚める。もう一度ねようとすると知らない所から電話があり、試しに出てみると間違い電話であった。もう一度、寝ようとするが音楽のリピート送信が煩くすぐには眠れなかった。11時半に目覚めた。

とりあえず午前中の広報は予定通り行った

「広報をやめてくれ、君だけは許してやる」と言われると、広報するのをやめてしまいたくなるが、音楽のリピート送信は止まっていないので遠慮なく広報させて頂いた。

そのかわり、知恵遅れ攻撃と耳鳴りキーン攻撃をされている。

これから午後の広報を行う予定だ。

22:11
予定通りの広報を終え、個人的にも充実した一日を終えるが、「日記を書くな」の音声送信は続いている。日記云々よりも、被害から絶対に逃れられない事に問題があるわけで、結局、人権のない被害者生活を強要されてしまっている。

どんなに嫌だと言っても

どんなに暴れても

泣いて騒いでも

生きている限り

逃れる事ができない

しかも、被害者でなければ、その苦しみを知りえない

これは、確実な殺意がなければ出来ない犯罪だ。

これが21世紀の日本の現状である。

ログアウトしたはずだが、自分のブログから他の被害者のブログへのリンクを辿るつもりが間違えて管理画面へのリンクをクリックしてしまった。するとパスワードも入力しないでいきなりログインしてしまったのでどんな言葉を浴びせられたかを書く。

「学校へ行ってみろ、みんながお前のことをキチガイ扱いするぞ、先生も知っているぞ」、「可愛そうに、かわいそう過ぎる」、「精神異常者さんにお詫びをしなければな」、などだ。

そんなのが一日中である。
脳に対する攻撃、身体攻撃も一日中。

24:30
なんと言うか、24時間の被害であるので

寝る。

COMMENTS

No title

全く同じような被害を受けています。
創価学会ではなく自由同和会東京だと思いますよ。
私の方のメンバー(自由同和会大阪)が子供がいる家をかけるなんてあまりに惨いなと言ってます。
以下彼らのコメント
>「ちゃんと聞えてるじゃない、このくらいのボリュームでいいんだ」と裏声の男が送信する。
出力を下げている、ずっと強い出力でやるとすぐに気が狂う

>この文章も書く前にほんの僅か先に言い当てられる。
あなたの本心は既に見えたり見えなくされたりしています。
試しに凄い勢いで意味のない文字列を思い浮かべてください
「遅れる」のが実感できると思います。
見えなくされている訳です。

子供おるところかけたらあかんやろ。東京惨すぎるんじゃ
だからばらされるんじゃ。アホ
と、いうことだそうです。



No title

この犯罪は、(無意識のうちに)相手のペースに乗せられると危ないです。もし時間に余裕があるのでしたら音声送信防御法を試してみてください。向こうの声が聞こえないだけでも、だいぶ気分が違いますし、私の場合は心理的な立場が逆転しました。今のところインターネットで知られている方法は、確かにうるさいですし苦肉の策には違いがありませんが、慣れてしまえば7-8時間は寝むれるようになります。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる