お知らせしよう

1:12
寝る前にアクセスログを見ていると脳内音声で

脅迫された

お知らせしよう。そんなに佐野市の名誉を汚すと壊されるぞ



日記を書くのをやめろと毎日脳内音声で脅迫されている

被害を受けているから日記を書いているだけだ

殺意が満ち溢れている

私は一連の犯罪を殺人だと思っている


1:52
恐怖の睡眠妨害が始まった「一生寝させるな」と言っている。寝させないのは拷問の中でも一番苛酷な物である。床に就いて5分としないでこのザマである。まるで北朝鮮の洗脳拷問のようだ。

栃木県佐野市の殺人行為を全国に知らせて欲しい

間違いなく、脳を操作している事が判った。

睡眠妨害は電磁波で覚醒させている。男の乳首を敏感にさせて遊んでいるカルト。

確実に脳を覚醒させている

「溜まった恨みは創価学会に押し付けてくれ」と送信された。

そして最後には暴力団の名前を出して「血みどろにされるぞ」、「殺されるぞ」と脅迫をする。

3:52
佐野市の悪魔の睡眠妨害が続いている

覚醒させたり、眠くさせたり、体中を痒くしたりしながら脳内音声の送信をする。手や足の筋肉をピクピクさせたり、頭痛をさせたりしながら、男女の声で洗脳をして来る。

「創価学会が、、、、」、「池田大作が、、、」

「、、、」という部分は良く覚えていない。それを私が自分で考えて、自分の口で呟いたように見せかけている。見せ掛けではなく実際に呟かされている。

この被害の拷問の苦しみは体験者にしかわからない。
その苦しみを受けさせている中で男女の声で順番に言った。

「そんなに嫌なら俺達のことを神様と呼べ」

「そんなに嫌なら私達のことを神様と呼べ」

嫌だ、お前らは人殺しだ、と言ってやった。

すると

「選ばれた、選ばれた、死刑にしてやれ」と盛んに送信している。

「廃人にされるのが嫌なら、俺達に逆らうな」と脅迫された。

宗教の洗脳に使っているのではないかと思う

眠っているのか、目が覚めているのか、中間くらいの状態にして、延々と語りかけて来る。

私に対して何か言いたい事があるのなら、加害者の方々は加害者である事を証明して表に出て来てもらいたい。卑怯なやり方で被害者にしか聞えない声で攻撃をするのはやめて欲しい。

私の家を村八分に遭わせてやれ、家族で呪われろ、酷い目に遭わせてやれ、などの脅迫をされている。子供はもうすでに被害に遭っているぞ、なんて言葉も頂いている。

さて、私は電磁波犯罪に直接関わっていると思われる人物の顔写真と住所のコピーを持っている。これは何処にも公開されていない物だと思う。

そして、今も憎まれ口と脅迫の連続である。それは加害者のエゴで自分達の思い通りにならないと脅迫や虐待を繰り返すのである。

武器があるから出来るのだ。

そして、今度は「東北自動車道の橋桁を落としてやる」なんて言い出した。以前にも地震を起こしてやる、なんて言われたりした。人間を玩具のようにして人権を完全に奪い取り、奴隷のようにしてしまう装置があれば、そこまで言えるのである。しかし、聞えているのは私、ただ1人だが。

10:56
その後は何とか寝られたようだが頭痛がし疲労感がある。

それよりも何よりも夢を見させられ目が覚めた事が問題だ。

目覚めるとすぐに「赤とんぼ」の歌のリピートが始まる「追われて見たのは何時の日か」と嫌みたっぷりに送信している。そして、

「森鴎外をよべ」

「君は討ち死にするぞ」

「君のように世間を騒がすと殺されるぞ」

「佐野の警察官は全員君を要注意人物だと思っているぞ」

「殺されるぞ」、「逮捕されるぞ」

などと徹底的に脅迫をして来る。

この犯罪は絶対に許してはいけない殺人である。

「どうだ、悔しいか、うんと悔しがれ」と脳内音声で送信して来た。右耳を中心にキーンという音が送信されている。

15:09
やっと一仕事片付けて休憩に入った。「あかとんぼ」の歌を延々リピート送信され電話をしていても相手の話よりも強く脳内に入り込んで来るのでイライラさせられた。今は「バカボン」の歌にチェンジされている。そしてさっきまで何の歌をリピートされていたのか思い出そうとすると「小さい秋みつけた」を歌い込んで来る。

あれだけ執拗にリピートさけていた曲名が思い出せなくなる

だから自分の書いた日記を見て「あかとんぼ」だったと思い出した。

歌のリピート送信だけでこれほどまでに記憶操作が出来るだろうか、これほどまでにイライラして、追い立てられるような気持ちになるだろうか

そして目の奥が痛く、頭痛も後頭部から頭頂部へと移動している。「こめかみも痛い事を思い出して」と声の送信をされる。確かに痛い。ついでに首の骨がずれているのではないかと思うくらいだ。

トラウマと条件反射について思った

脳を操作して洗脳を行っているのは当然である。どうやるとそんな事ができるのか。それは発狂寸前まで精神的に追い込み続け、併せて身体攻撃による肉体的な苦痛も受けさせ続け(目には見えないが痛い、痒いは事実上の被害)、被害者の精神に深く刻み込みたい言葉を送信し続ける。

そうすると、ある種の記憶と、この地獄の苦しみとが強力に結び付き、加害行為を行わなくても生きている限り忘れることの出来ない深いトラウマとなり、それが条件反射のように神経に刻み込まれて行くのである。

それは、まるで条件反射のように形成されてしまう

24:47
今日は夜からキーンという音が激しい。
久しくお腹もボコボコ音を立てている。
テレビを見ていると眠くなったので居眠りをしようとすると、すかさず体を痒くしたりして寝させないようにする。声はすべてを聞き取る事ができないくらいの感じに送信されていたりするが、場合によってははっきりと聞える。絶妙なボリュームコントロールをしていると思う。

その他の身体攻撃もずっとされているが、ここに書こうとすると面白がって余計にやられるのでバカバカしく書く気にならない。

今夜も寝させてあげよう

なんて声を聞かされると恐怖である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる