テロと言ったら訴えよう

3:40
また、睡眠妨害だ。
下らない夢を見させ目を覚めさせる。しかも、目が覚めた後に脳内音声で夢の説明をしなければならないほどの愚作だ。夢は覚えていないが説明によると宗教の夢らしい。

これ以上酷い嫌がらせは世の中に存在しない。
頬と耳と手首を痒くさせられて目が覚める。
目が覚めたが眠くてたまらないが、脳内音声で脅迫をされる。
「どっちが得か、良く考えてみよう」
「お前、家ごと笑い者にされるぞ」
「テロと言ったら訴えよう」

「ふざけるな」と言いたい

脳内音声は罪だ。

命の脅迫をされているのは事実である。

この犯罪は絶対に許してはいけない

集団ストーカー被害の目的はなんだろう

電磁波犯罪の目的はなんだろう

加害集団に問いたい

脳内音声では「俺達は兵器は使っていない」、「人殺しはしていない」と逃げ口実を言っている。勿論、脳内音声の内容はデタラメなので信じてはいない。

武器を使って集団で計画的に殺意のある嫌がらせをする

被害者は少なくとも日本全国に存在し増え続けている

常識、知性とは全く無縁の集団である。

言葉の暴力はすでに社会では認知されている。訓練された人間は武器とも認定される。一連の犯罪の悪意と殺意、集団性と計画性は報告済み。自殺者が出ている事も知られている。スパイ活動をしている事も知られている。社会に対する破壊活動だと言うことも報告されている。

被害者は毎日苦しんでいると長年、訴え続けている

ウィキペディア (Wikipedia)というのが、どのような存在とされているのか、知識不足の為に私には判らないが「脳内音声」で検索すると「脳内音声兵器」として記述されている。しかも、24時間絶え間なく特定個人に対するプライバシーの侵害の為に使用したり、洗脳、破壊活動に利用している。

しかも、私達の被害は思考盗聴や五感情報通信を思わせる痛い、痒い、苦しいなどの身体攻撃から精神状態のコントロールにまで及び病気を擬似的に作る被害でもある。

胸焼けとそっくり同じ感覚を経験させられたと思う。

逃れる事、拒否する事のできない被害だ

11:49
新聞配達のバイクが来る時間帯に起こされた後は、そのまま寝られたが、10頃に疲労感と不快感を味わいながら目が覚める。

まず、脳内音声で音楽のリピート送信をされている。
行動、思考に合せて嫌みを送信される。

毎日同じ事の繰り返しで気分が悪い事この上ない

12:22
上記ログイン後、ネット閲覧をしていると知恵遅れ攻撃をされてパソコンの前にいられなくなる。

知恵遅れ攻撃とは

①頭部圧迫感(頭痛の時もある)
②軽いめまい
③軽いはきけ
④思考異常
⑤記憶喪失
⑥時間間隔の麻痺
⑦後頭部から首にかけての圧迫感、違和感
⑧異常な肩こり
⑨お腹に空気が溜まる
⑩視覚の違和感

などが複合される攻撃でそれぞれが独立しているようにも思えるし、低周波被害のようにも感じる。とにかく脳の違和感というのが最悪で、落ち着きがなくなり何事にも集中力がなくなってしまう。それにプラスして痒み、痛み、脳内音声攻撃、イライラ攻撃をされると暴れだしたくなってしまう。

こんなのを毎日やられている。

19:38
身体攻撃や声による徹底した嫌みと脅迫をされ続けているのは言うまでも無い。

衛星による加害について書かれているのを見つけた。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/THE_SHOCKING_MENACE_OF_SATELLITE_SURVEILLANCE.htm

かなり長い文章ですが被害者の方は全部読んでください。
ジョン・フレミングという方らしいです。

23:43
今日は仕事は休み。被害関係の用事も無い。1人でゆっくりしていたが、加害行為は全く休む事無く続けられ風呂に入る前に耐え切れずに日記を書く事にした。

完全な殺意の元に犯罪が行われている

脳内音声を聞かされるのが嫌なら自殺するしか無い

これは加害者が一番良く知っているのだ。「医者に行かせろ」と盛んに放送してくる。

では医者に行って治った人がいるだろうか。

少し暇があったので被害者のブログからリンクを辿り宗教関係のサイトへ行くと創価学会のことが書いてあった。それを読み出すと「バカボン」の歌を執拗にリピートしてくる。脅迫の嵐である。「訴えてやる」、「逮捕してやる」、「笑い者にしてやる」、「出て行ってもらいたい」

思考盗聴をされている事も間違いない

私のような状態にされている被害者では、間違いなく思考盗聴されている。テレビを見ながら頭の中で考えた事を脳内音声で言い当てる。「どうだ、参っただろう」と自慢する。強制的なテレパシー通信の状態のままだ。誰が信じるだろうか、こんな事を。オートバイに乗っていても走行中はずっと肛門を刺激されたままだ。

栃木県佐野市で起きている殺人行為をやめさせて欲しい

世の中にこれほど残酷な嫌がらせは無い

本当に人生のすべてを破壊し続けるのである

目的は犯罪隠蔽の為に精神病に仕立てる事だ

どんな攻撃を受けていても被害者ただ1人にしかわからない。

今も「地獄を見させてやれ」と脅迫をされ、頭痛を起こさせられている。頭痛は電磁波による攻撃である。マウスを勝手に移動させられるのは常だ。それでも加害者は攻撃をし続け、太字にすると「どんどん強調文で書かせてやれ」と送信される。タバコの味が変になったり口の中が苦くなるのも日常の事だ。最後は私の呼吸の音まで送信されてしまう。息を吸う時と吐く時に合せて呼吸の真似を声で送信される。嫌なら呼吸を止めるしかない。これでも殺意がないと言えるだろうか。

今日も記憶異常のような知恵遅れ攻撃をされたままである

「会ってあげてね」、「見えない敵を見えるようにしてやる」、「夢で会わせてやる」なども得意の台詞だが、実際に「テクノロジー犯罪の加害者です」と名乗って出る事はあり得ない。出来るわけがないのである。

風呂に入って寝る。

COMMENTS

抜粋

以下抜粋です。

集団ストーカーは、警察が行っている犯罪です。
警察の中の警備・公安という部署が、単なる一般市民を監視対象にし、監視することにより、
カラ予算を計上し、裏金を作っています。
裏金を作るためには大量の一般市民を監視対象にする必要があり、そのため大量の一般市民を
監視対象にしています。
集団ストーカーの際に行われる「仄めかし」というのは、「お前は監視されている」と思わせる
ことが目的です。
本来それを治安破壊者に対して行うべきところを、一般市民に対して行っているのが、集団ストーカーです。
実行部隊になっているのは部落解放同盟員・在日朝鮮人・帰化人・警察官の家族です。これらの連中は
秘密結社を形成していて、秘密のネットワークを持っています。
一見しただけでは誰がそうかなど誰にもわからないでしょうから、それをいいことに警察がこいつらに
個人の情報を渡し、嫌がらせをさせているのです。
最近では創価学会なども同様の嫌がらせを行うという例が報告されていますが、おそらく警察から手口を伝授され、
同様の嫌がらせを行っていると思われます。
もしあなたが集団ストーカーの嫌がらせに遭っていたら、それはあなたが「公安上の危険人物」にでっち上げられたことを
意味します。
よってこういう場合、警察に相談しても全く無駄です。

145様

最近はコメントに対する返事を書いていませんでした。
頂いたコメント「抜粋」に対して私もやや同感していますし、それを読むと確かにそうかも知れないと思います。しかし、私は「公安上の危険人物にでっち上げられた」というよりも「実際に公安上の危険人物にするために」やっているのではないかと思います。それと電磁波、集団ストーカーに警察(国家)が関係していたとしても、実際の犯罪捜査には全く関係のない部署だと思います。もし、これだけの装置や人員を実際の犯罪捜査に使ったとすれば相当な効果が出ると思いますし、防犯になるはずです。私には良く判りませんが、電磁波犯罪・集団ストーカーは社会を混乱させる為の何者かによる作戦に思えます。とにかく電磁波などで脳や心を操作されてしまうと人間はひとたまりもありません。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる