どっちが得か良く考えろ

1:31
栃木県佐野市で起きている脳内音声、思考盗聴、生体情報通信を使い特定個人を狙い撃ちにする悪魔の嫌がらせの日記だ。

電気を消して寝ようとすると声の送信をされた。

「悪魔の通信妨害をしよう」

「どっちが得か、良く考えて見ろ」

あなたが、これほど酷い、殺人とも思われる攻撃を受けていたら、どうしますか。

脳内音声の加害者に揚げ足を取られるので断って置く。

生体情報通信とは何か

専門の知識がない人が、この言葉から連想する被害、或いは、被害からこの言葉が連想されるだけのことである。これは他の方に何か言われたのではない。

たとえば、こんな話まである。

ミリ波カメラ、ウォールスルーレーダーなどで室内を監視してレーザーで打っている。

レーダーで自動追従をされ脳に加害波を当てられている。

推測は沢山あるが、推測なので書かない。しかし、視野盗撮とかいう、被害者の目に映った物が加害者に見えてしまうというのがあるので、目を開いて移動していれば、通常は何処にいるか加害者には知られてしまうだろう。一度試して見たいのが、目を瞑った状態で誰かに自動車を運転してもらい移動するという事だ。

「加害者への公開質問状」の掲示板には加害方法を連想させる書き込みがある。

4:11
今、また睡眠妨害で目が覚めた。「フランク・シナトラ」の歌をリピート送信している。加害者に指摘されるより知っているので、知る必要も無いが、歌詞による嫌がらせである。仄めかしというか連想させて嫌がらせわしているのである。「バカボン」の歌よりは脳の健康に良いと言った所だ。

問題は目覚めた直後に脳裏に浮かぶ言葉とイメージだ。

これはやはり洗脳である。

それにしても21世紀日本にて歴史的な人権侵害である。

加害者は言葉を無理やりこじつけて、皮肉のように嫌みを脳内音声で送信する。その憎らしさは最大級だが、実際に加害者がこれ見よがしに送信する言葉も実は、こちらから見ると知性の低さと形振りかまわない姿勢が伺えるだけである。

この攻撃の最大の要因は電磁波による脳の操作である。

9:54
8時に電話により目が覚めた。私の携帯には「出るな」という名前の電話番号が登録されている。なぜかと言うと全く知らない人であるが数回ほど掛かってきて、意味不明の伝言を残しているからである。それが嫌がらせだという判定は下していないが睡眠妨害となると困るので着信拒否の設定でも出来るのなら、そうした方がよさそうである。

その後はごろごろしていたが、電話の着信メロディーを放送したり、単発で声の送信をしたり、痒み攻撃で寝られなかった。

結局、加害者のペースでテレパシー通信をさせられている。

10:36
日記をアップした後、他の被害者の方のブログを読むが、頭部に違和感が生じて知恵遅れ攻撃をされ気分が悪くなり、パソコンの前にいられない。これを書き出したら猛烈に鼻の頭が痒くなる。痒みの送信は冷たいような感覚にも近い場合もある。

18:41
加害者は常に対決姿勢である。被害者である私を武器の力で何としてもねじ伏せてしまいたいらしい。とにかく「日記を書くのをやめろ」これを送信し、あらゆる人物の名前を出して脅迫してくる。「佐野市の名誉の為に立ち上がる時が来た、あいつは精神異常者だと言いふらそう、名誉毀損で訴えよう」、「おまはんの一家は闇討ちにされるぞ」などが代表的な言葉である。

この、恐怖の人権侵害装置とまともに戦える人間は存在しない

発狂させるのは簡単なのである。

ただでさえ、この毎日の攻撃に嫌気がさして鬱的な気分になってしまう。本当なら邪魔される事無く、自分の能力を発揮して楽しい人生が遅れるはずなのに、生きているだけで苦しまなければならない。うつ病で自殺した人も電磁波犯罪の被害者ではないかと思ってしまう。このような被害日記を書いたり広報活動などに消費している金銭や時間は計り知れない。

今日も、ほぼ一日中、知恵遅れ攻撃をされていた。楽器の練習をしに行った時は、声による脅迫を受けたが、気が付くと知恵遅れ攻撃が消えているようであった。声は聞こえていたが練習は快適かつスムーズであった。練習が終わり車で家に向かう途中に後頭部に不快感が生じ、吐き気がして来る。

練習中の快適さがあっただけに知恵遅れ攻撃をされると、そのギャップを強烈に感じてしまう。そして加害者は「楽しく生活させてあげたいなあ、日記を、、、」と始まる。

帰宅後も声による脅迫をされ、早速、自動車の中で聞いていた音楽のリピート送信が始まる。

「健康で文化的な生活」を強制的に奪い取り、特定個人を狙い撃ちにして苦しめ、家庭を破壊、周囲との摩擦を起こさせようと企み、見えない所から攻撃を続ける、世の中の最悪。

この攻撃から逃れる方法がない。

声による脅迫を受けただけで精神的には動揺をしてしまうが、それに加えて感情操作をしてイライラさせているように思える。

今も、頭部不快感、知恵遅れ攻撃をされている。

普通相手に「殺されるぞ」と言ったら大変な事件である。脳内音声なら許されると言っているのが加害者で、しかし、こちらが心の中で考えた事を許さないと言うのも加害者である。

20:28
先ほどから「マック・ザ・ナイフ」と言う曲を執拗にリピート送信している。これは「フランク・シナトラ」のCDに入っていて自動車の中で聞いているのを嫌がらせに使用している。

「何を書いても無駄」と送信された。

脳内音声は耳では無く、脳の中に直接送信されている。だから、絶対に意識の中に入ってくる。テレビを見ていると声の送信と合せてやられるので、神経が二つになったような感覚になってしまう。これは分裂病ではなく、時分割しているような感覚だ。人間は一つの事にしか脳神経は行かない。だからテレビの音声が聞こえていれば脳内音声は雑音もしくはバックグラウンドに聞こえる。脳内音声が聞こえていればテレビの音は聞こえているだけで理解は出来ない。

そんな意識の強制時分割と戦いながらテレビを見ていると性器を我慢出来ないくらい痒くされる。しょうがないので手でかくと、その痒みがピンポイントで発生していた場所が散ってしまい、何処が痒いかわからなくされる。

これは明らかに計画的な犯行で、この攻撃をした後はどうする、などの準備が出来ていて、被害者の行動に合せて次の攻撃が準備されている。ドアを開けた瞬間を狙うなど、信じられないくらい計画的に行われている。勿論、加害者はそれ専門にやっているので経験的に人が嫌がるパターンを熟知していると思われる。

だから多チャンネル化していると言った被害者がいるが、何種類もの加害を同時に行っているのは私にも判る。そして、歌のリピートのボリュームが小さくなるとキーンという音をさせたり、必ず何かの加害を受けさせ続けている。

「書けば、書くほど、嫌がらせをされるぞ」と脅迫をされた。

23:44
以前に訪れたブログですが再訪問しました。
海外への道と言ったところです。
http://blog.goo.ne.jp/skidmore/e/fa9376cb7f83b09d5c03c40621752116

連日の長い日記である。

風呂に入って寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる