死ぬまで付き合おう

1:05
「死ぬまで付き合おう」とは加害者の言葉だ
連日の睡眠妨害。
栃木県佐野市で起きている歴史的な人権侵害事件だ。
電気を消して寝ようとすると、まず声の送信で脅迫がはじまり、心臓の鼓動が早くなる。そして左耳に心臓の鼓動に同期した音を送信される。「バカボン」の歌のリピート送信は続いている。そして体のあちこちの筋肉を痙攣させてみたり、頭痛を起こさせたり、糞の臭いを送信したり、乳首を敏感にしたり、体を熱くしたり、あらゆる身体攻撃を加えながら寝させようとしない。

加害者は頭の中にイメージ画像(動画、静止画)を送りつけてくる。私を貶す時に笑っている顔を送信する。それは目で見える物ではなく、イメージ空間である。

腹が立つので、その笑い顔にある目尻のシワをナイフでトレースしてあげた。

すると加害者が切ったよ、と声の送信をする。

「じゃあ、仕返しに僕があつを笑い者にしてやるよ」と送信された。

加害者が先に人権を無視した攻撃をしているのだ。

間違えないで欲しい。

このイメージ空間の画像の相互通信も、思考盗聴と脳内音声によるテレパシー通信と同じような感じだ。だから、五感も相互通信が出来るのではないかと思っている。

勿論、人と人の通信とは限らずに、盗み取ったり強制的に送信したりと言う意味である。

どんなに嫌がっていても

どんなに苦しんでいても

絶対にやめない

最近はエスカレートしている

この攻撃、殺人だと思いませんか?

「死刑にしてやる」と送信された。全国に知らせて欲しい。

7:24
朝6時に強制的に目を覚めさせられた。眠い、疲れた、このやり場の無いストレス、悪魔、殺人鬼でなければ出来ない攻撃だ。目覚めた直後に時計を見ると「ざまあみろ」と男の声で送信される。

目覚めた直後から女の声で歌のリピート送信、男の声で脅迫が始まる。周囲の人間がみんな学会員だと言っている。その後は、顔を痒くしたり、乳首を敏感にさせたりで寝させない。

「病院に入れさせろ」得意の台詞だ。

ふざけるなと言いたい、ローンで建てた家を強制的に引越しをさせて人生ボロボロにして24時間体勢の攻撃をしているというのに。

今はキーボードを押す右手の筋肉が痛い。やはり筋肉の疲労感などが出ると言っていた被害者がいた。今も音声の送信は途切れない。

栃木県佐野市の悪魔を何とかして欲しい。

「電磁波犯罪なんて誰も信じないぞ」とまで加害者は言っている。

7:49
顔を洗っていると「子供を教育長から嫌がらせさせてあげよう」と言われた。鼻を痒くしたり、耳を痒くしたりする。最後は暴力団関係と思われる人の名前を出して「お前の名前を知っているぞ」と送信される。真偽のほどは別としても脅迫である事には間違いない。

なんと卑怯なやり方であろうか

20:06
行きは各駅停車、帰りは特急で都内に街頭活動をしに行って来た。電車の中では「マインド・ウォーズ 操作される脳」という本を読んでいた。帰りも本を広げたが、眠ってしまいそうになり数ページしか読めなかった。チラシ配りの後は時間が余ったので被害者の方に連絡を取り食事をしながら話をした。その方も「打たれまくっている(電磁波を)逃げ場が無い」と言っていた。

彼は、私に対しても「最近かなりキテますね」と言った。だから連日の睡眠妨害などで半狂乱であると伝えて置いた。事実、半狂乱にされてしまっている。

しかし、いつもそんな状態ではない事をお知らせしておく

「操作される脳」という本は1割しか読んでいないので何とも言えないが、我々のような被害のテクノロジーの確信に迫るような物ではなく、広範囲に軍事テクノロジーの開発などに関して触れられているようである。しかし、「脳の操作」という言葉が出て来ている。

さて、被害の方であるが、一日中音声の送信は途切れず、昼にカレーライスを食べたら何故か砂糖の味がしていたようである。一皿のカレーを食べきるのに合計何回スプーンを口に運ばなければならないのか知らないが、本当の味がしたのは最初の一口と最後の一口くらいではないだろうか。後は身体攻撃を少々、駅の喫煙所でタバコを吸った後にクラクラめまいがしたのは、果たして自然現象だろうか。

帰宅直後は、それこそ寄って集って罵声を浴びせられた。内容は私の言動、日記の内容についての虚偽のような脅迫である。

23:45
日記をやめさせようと各種身体攻撃と声による脅迫を繰り返している。

被害日記であるので書かないわけには行かない。キーンという音を耳に送信されると、周囲の音が聞こえずらくなり、周囲との調和が取れなくなる。そこに脳内音声の送信をされると現実離れした世界に引きずり込まれてしまう。痒みと体が発熱する感じが強い。

今夜も恐怖の睡眠妨害を受けるのだろう

もう、うんざりであるが著しく人権を無視した攻撃を受けているのは事実である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる