悪魔の連鎖

0:32
まだ、寝ないうちに次の日記の準備である。脳内音声と電磁波による耐えがたい苦痛を受け続けているので書かないわけにはいかない。

今度は母親を脅迫の引き合いに出してきている。

ようするに、度重なる睡眠妨害と耐え切れない電磁波攻撃の為に、私は夜中に暴れたりする。「近所では評判になり、私は統合失調症だと噂されていて、私の母親が近所に謝って歩いている」という脳内音声の送信を執拗にされているわけだ。

勿論、「小学生の子供に罪を償わせてやる」というのも得意だ。悪魔でなければこれだけの脅迫は出来ない。

栃木県佐野市で行われている悪魔の人権侵害をなんとかして欲しい。脳内音声、思考盗聴、身体攻撃により毎日苦しめられている。殺人以上の犯罪だと言わせてもらう。

1:12
風呂の中で顔をブルブル振動させられた。知恵遅れ攻撃と呼ばれる言葉では表現出来ない苦しい状態のままである。聞きたくもない脳内音声を無理やり聞かされているので、何か追い立てられるような精神状態にされてしまい、ゆっくり風呂にも入れない。ついでにイライラ攻撃もされている。

栃木県佐野市の殺人鬼をなんとかして欲しい

加害者は私を何としても発狂させ精神病院へ入れたいのだろう。

被害者を精神病だと言うことにして歴史的な武器の存在を隠蔽しているわけである。この日記も被害の極一部だけを書いているにすぎない。いずれ信じられないような武器の存在が公になる時がくるだろう。

1:33
電磁波兵器によって例えようのない苦痛を受け続け、イライラ攻撃で精神を興奮させられているので逐一報告したくなる。

近所の人の名前を出して「・・・さんに警察を呼んでもらおう」と脳内音声で言われた。「かわいそうに」というのは帰宅後100回くらい聞いている。「笑ってあげよう」というのも得意の台詞だ。加害者像が見えてくるような言葉だ。

1:52
先ほど就寝したが酷い攻撃の為に全く寝られない。
まず、耳鳴り攻撃をされる。キーンという音が右の耳に送信される。次に顔を痒くされたり、胸、腹部を痒くされる。尻も痒くされ、瞑っている目に下らない映像を見させられる。顔の筋肉をいじられているのか、そういう感覚にされているのか、顔が動いているように感じる。手などにチクチクと痛みが発生し、体全体が熱くなって来る。

「知人にもお前と同じ被害を受けさせてやる、そうすれば、お前の事を殺しに来るぞ」と脅迫をされる。

3:51
眠くて、疲れて、眠りたくて、どうにもならないのに、テクノロジーで顔を徹底的に痒くされて絶対に寝させてくれない。「ちょうせんじん」と連発している。何か夢を見させられていたようだ。

このままでは本当に殺されてしまうのではないかと思う。

全国に知らせて欲しい。

これは殺人行為である。

加害者は「栃木県佐野市がお前を悪魔と呼んでやる」と脳内音声で送信して来る。リピートされている音楽は「it might as well be sprng」で先週に演奏した曲だ。耳にはシューっという音とキーンという音を両方混ぜたようなのを右耳を中心に送信されている。「かわいそうに」というのも連発されている。

あまりにも激しい、耐え難い、苦痛の為に、何か悪い夢でも見ているような気になってしまう。しかし、これは確実に、現実に毎日繰り返されている犯罪なのである。
だから恐らく読んでいる人には信じられないと思う。苦しみは人類がかつて経験したことのない、最大級のものである。


精神病院へ行かされた被害者は数知れず

自殺者が出ているのも事実である。


10:53
約5時間は連続して眠る事が出来た。
ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声によるリアルタイムの干渉は続いている。被害者のブログを少し見ていたら耳鳴り音のボリュームが上がって不快な気分になり、すぐに読むのをやめた。

悪魔の連鎖というのは

被害者は、どん底に突き落とされる(半分は擬似的かも知れない)。しかし、本人の気持ちは最悪となる。通常、そんな精神状態になると自分より不幸な人などを見ると安心したりする。もし、周囲に自分が見下せるような存在が無ければ自分の中で勝手に作りだしてしまう事が出来る。

たとえば町を歩いている人を見てあら捜しをする。そのようなやり方をすれば貶す事の出来ない人間は絶対に存在しない。しかも、私の場合は加害者から、どうやって人を貶せば良いか、人の貶し方を毎日教わっている事になるので、側にいる人を貶すのは簡単である。

スパイ行為を行わなくても、武器を使わなくても、集団の力を借りなくても他人を貶したり、見下したりするのは簡単だ。「人を見て羨むようにしてやる」なんて脳内音声で言われた。

この犯罪被害に遭っていると、知らず知らずのうちにそのような人間になってしまうのである。差別的な目、心を植えつけるような事もされている。そして、極端な行動に出ると、それこそ加害者になってしまう事さえ有り得るわけだ。

被害者である私は、そうなりかけているので体からそんな雰囲気が出ているかも知れない。そうすると悪魔の連鎖が育成され、明らかな被害でなくとも、「何か嫌な感じだなあ」、「最近世の中変だなあ」みたいに思う人が増えたりするのだと思う。

20:05
午後から仕事をして、夕食が終わった所だ。結局、一日中、頭をボカされているような感じであったが、夕方になりエスカレートした。明日、人と会う予定があるので資料を探していた。「電界カメラ」という物の記事で数ヶ月ほど前に見たきりだったので何処にあるのか探してしまった。その時に攻撃を受けた。

いつもと同じ攻撃であるが、お腹に空気が溜り息が吸えなくなる。軽い記憶喪失のような変な感じであり、イライラするような精神状態になる。当然、声の送信でこれでもかと煽り立てて来る。意識が音声送信により作られたバーチャル空間に引きずりこまれて行くような感じで、目に映っている現実と分離してしまうような感じである。音声の送信ボリュームが小さくても何か、そのような妙な感じになってしまう。

防御策は元気のある人と物事を深く考えない会話をする事だ。

しかし、1人でいる時間が多い私にとっては中々出来ないし、強烈に攻撃をされると終わりである。それでも声を出すのと、出さないのでは雲泥の差があると思う。最近は、咳払いのように声を出したりしている。電話ばかりしているわけにもいかないし。

「電界カメラ」とは携帯電話などの開発の時に使うらしく、回路の近傍の高周波電界を瞬時に映像化する技術らしい。

23:53
その後、音楽を聞いていたが耳にキーンと言う音をさせられ(加害者の声による説明付きで)音楽鑑賞の邪魔をされた。しかし、無視してずっと聞いていてがお腹に空気が溜まる感じが続いていた。その後食料品に買出しに出かけたが、乳首を敏感にさせるという攻撃を受けた。帰宅する途中で後頭部やコメカミに頭痛を起こされ、頭がボケてしまった。

声の送信、歌のリピート送信、身体攻撃は一日中だ。

それにしても、頭の中を覗かれて考えている事が加害者の意にそぐわないと攻撃をされる、と言うのは絶対にあってはならない事だと思う。

風呂に入って寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる