FC2ブログ

また寝てから1時間

2:36
悪魔集団の殺人行為は容赦なく続けられる。今日で何日目だろうか、眠りに就いてから1時間すると強制的に起こされてしまう。テクノロジー犯罪と言う奴だ。どんなに眠くても絶対に寝る事が出来ない。今も、あまりの眠さに何度も悪魔の嫌がらせを無視しては眠っていたが、最後に右の鼻の穴と右足の親指を痒くさせられ、ギブアップ。

栃木県佐野市では悪魔の殺人行為が行われている。

「小学生の子供にも被害を受けさせてやる」

脳内音声での脅迫だ。

世の中の最悪、社会を破滅に導く悪魔集団の手口である。どんなに汚いやり方でも平気で行う悪質、卑劣極まりない心の汚れを毎日、心と体で覚えさせてもらっている。

この事実を出来るだけ多くの人に知らせて欲しい。

私は、自分と家族と親戚の人生を人質代わりに取られ、毎日24時間、殺人とも言える残虐な行為を受け続けている。

洗脳は人殺し。

これは常識で考えても、そう言う判断が下される。現在の所、脳内音声、思考盗聴、生体情報通信などによる殺人行為に関しては全く証拠が取ることが出来ず、取締りの法律、取り締まり機関もなく、野放しである。現実問題として、末端の一般被害者が簡単に測定出来、証拠を残す事の出来る装置が安価で店頭に並ぶまでは、確実にこういった殺人行為は続けられるであろう。

そのくらい加害者は自信に満ちている。

集団で武器を使い計画的に殺人行為を行い続ける。

これは紛れもない事実である。この事だけは、現時点で信じられる、信じられない、に関わらずインターネットに日記として公表する。しかも、「かわいそうに」という言葉を送信しながらの殺人行為である。加害者の殺意は間違いのないところだ。24時間、途切れる事のない洗脳音声、身体的、精神的苦痛、絶対に取り戻す事の出来ないようにされた人生。

この犯罪は歴史に残す必要がある。

目が覚めた時は「天才バカボン」の歌をリピート送信して、今日記を書き出すと「スーパージェッター」の歌に切り替えて、私にしか聞えない脳内音声で送信をする。これが、加害者の心、そのものなのである。

ここまで書き、読み直そうとすると「うん、我ながら、なかなか上手く出来た文章だ」と中年の男の声で送信をする。すると、右の耳にシャーっという音を送信して、更にキーンという音も送信して、肛門に痒みというか痛みのような感覚を送信する。

この武器を手にすると誰でもこれほど心が醜くなってしまうのか。

攻撃をすれば、必ず日記に書くと言う事を加害者は承知している。テレパシー通信により「やりたければ勝手にやれ、殺したければ殺せ、子供に、親に、被害を受けさせたければ勝手にやれ、但し、やられた事は日記に書く」毎日、私は加害者に言っているし、毎日同じ事を繰り返しているので、加害者が知らないとは言わせない。

それどころか「書く無かれ、日記を書かなければ、許してやる」と加害者に毎日脳内音声を送信されている。だから、日記に被害の事を書かせたいから、毎日殺人行為を行っていると判断してもらっても全くかまわないと思う。

一方的に強制的に人権を奪い取り「許してやる」

この言葉も歴史に残したいと思う。

今、パソコンの前は糞の臭いがしている。

私はこれを宗教による洗脳ではないかと思っている。送信されてくる脳内音声には、ここには書けないような内容が沢山あるからだ。「かわいそうに」、「もう、やめなさい」と声の送信をしながら歌のリピート送信は止まらない。これも毎日のことである。

少し古いがこんな記事があります。合成テレパシーの記事。
http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html
「まだ、開発中の技術を載せないでくれ」と男の声で送信される。この男の声は変化し、1人で三人分くらいの声を出しているようにも思える。頭痛、歯痛攻撃もされている。昨日、被害者の言っていた事などを全部書いてしまいたいくらいだ。

4:45
「かわいそうに」と女の声で送信をする。脳内音声で昨日自動車の中で聞いていたカーペンターズのジャンバラヤという曲のアドリブ部分を送信させて寝させない。

「犯人は創価学会と言わせてね」、「びっくりさせてやろうぜ俺達が創価学会では無いことをしらせてやろうぜ」などと送信して絶対に寝させない。

栃木県佐野市ではこういった行為が平然と行われている。

人殺しが野放しである。

ある、人に会う計画がある。その為に加害者が嫌がらせをしていると思う。二人考えているが、二人とも是非、直接会ってすべてをお話させていただく。

かつてこんな言葉を脳内音声で聞かされた事がある。

「あいつはゲルマン系か、俺達とは人種が違う」
「あいつはイスラム教か」
「ユダヤ人がなぜ嫌われるか知ってるか、性欲が強いからだよ」
それから、去年の暮れにクリスマスの歌を「悪魔の誕生日」と言っていた。

そして、脳内音声は当てにはならない、と今、男の声で送信した。
少し都合が良すぎる。

この殺人行為を全国に知らせて欲しい。

相変わらず攻撃を続けている。スパイ行為で盗み取った情報で脅迫をする。これも事実だ。

12:01
結局、寝たのは6時頃になってしまい、その後9時に目が覚め洗濯機を回して、もう一度寝る。そして、11時半に目覚める。「ざまあかんかんかっぱのへ」と早口でリピート送信をしている。中年の男の声である。「法テラスに訴えろ」と嫌みの送信もしている。同じ言葉を5回は頃合を見計って繰り返すのも特徴だ。

目が覚めた直後に首に空手チョップのような横方向のパンパンと軽く叩くような刺激が何度かあった。ただ、人の感覚というのはアバウトなので横方向の幅などは推測できない。筋肉の痙攣とは少し違うようで、もし、筋肉の痙攣であれば、どこの筋肉を痙攣させるとそのようになるのかと思った。そして、右足のふくらはぎ全体がつってしまったような感じになり、痛かった。普通、ふくらはぎがツル時は部分的な筋肉であるが、全体的に筋肉が硬くなっているようだった。感覚なのか、実際に硬くなったのかは不明。

筋肉の痙攣といえば、この前、胸の筋肉をピクピクさせられた事があるが、それも実際に痙攣していたかの目視はしていない。しかし、その時にピクピクさせられた筋肉は自分では絶対に動かす事の出来ない筋肉であった。もし、その部分を動かそうとすれば、他の部分も一緒に動いてしまう。

日本という国で毎日、こんな生活をしている人達が現実にいる。

12:36
今、たの方のブログを読んでいたら思い出した。国名は忘れてしまったが、ヨーロッパの方に旅行に行った人の話である。飛行機に乗り、離陸中も飛行中も着陸する時も現地にいても、音声は途切れる事無く聞えていた。「何処にいても全く同じですね、加害者は送信に使っている媒体が機器などに影響を与えない事を知っているのでしょう」日本語でちゃんと聞えていたらしい。

24:23
午後から音楽練習の為、都内の某音楽スタジオへ向かった。23:45に帰宅。しかし、サーバーが混雑していて接続出来なかった。途中の自動車によるストーカー現象のような事に関しては触れないで置く。最初は晴れ間が出た為か、音声のボリュームが小さかった為か、カーステレオを聞きながら非常に気分良く、快適に運転が出来た。しかし、目的地に近づくと後頭部に違和感がして来る。やや頭痛、脳の芯が締め付けられるような思考の自由を奪い取られたような、説明しがたい感じになる。

演奏が始まると案の定、気分が落ち込み気味で楽しくならない。「これがあいつの実力だぞ」などの嫌みを沢山浴びせられてしまった。腹が立つがスタジオ内では脳内音声で悪口を言われている、なんて言えないので我慢をした。

脳内音声による嫌がらせでは、被害者の弱みに付け込んだり、被害者が悪いから、このような嫌がらせをされるのだと聞かされたりすることが多い。たとえば親不孝者。或いは、自動車の運転マナーが悪いから、行儀が悪いから、など被害者に責任を擦り付けて来る事が多い。説教をされることもある。そして被害者に次第に罪の意識が出たりする。それらは日常のあらゆる事柄に干渉して来る。何があっても加害者が悪いのである。

今日、思った。こんな事も可能かと。

ある特定の人物に会っている時だけ鬱的な気分にさせる。特定の場所に行くと気分が悪くなる。などの被害を受けさせるが有り得ると思った。或いは恋愛感情なども操作出来るかと思った。現在は人間が手作業で行っていると思われる「人間の総合コントロール」も技術の進歩と合せれば自動化する事も可能だと思う。たとえば、特定の顔や声がターゲットの視界、聴覚に入ると自動的にプログラムされた物が送信される。SF的な話であるが体験者から見ればあり得ない事ではないだろう。

スタジオ内での演奏は録音している。途中で録音ボリュームの設定が違っていることに気が付くと、その瞬間に「ざまあみろ」と声の送信をされた。これが加害者の本音である。たまに煽てたりするが、基本は悪意の塊なのである。偶然、録音ボリュームの設定の違いに気が付いた、その瞬間にそんな言葉が出る。驚いた。

とにかく嫌がらせは徹底的に行われる。帰りには妙にイライラして顔つきまで変わってしまっているように感じていた。そして脳内音声では言いたい放題で、現在の所、脳内音声で脅迫をされても証拠にはならないし、逆に精神異常者扱いであるが書いて置く

「早ければ、この秋に1人死ぬぞ、もしかしたらお前かも知れない」

連日の睡眠妨害の為、疲れた。

風呂に入って寝ると書くが、その心の中は大変な物がある。

これを読んで加害者が女の声で笑い声を送信している事も付け加える。

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる