FC2ブログ

行方不明の日記

16:39
土曜日からオートバイで新潟まで2泊の旅行に行ってきた。本当は木曜からの4泊であったが被害が酷く夜寝させて貰えないので2泊にした。どんな被害かと言うと寝させてもらえないのである。脳内音声による嫌がらせ、痒み、痛みなどの送信による嫌がらせで朝、6時とか7時になるまで寝られない。それから寝ていも、せいぜい3時間である。

陰に隠れて電波などで嫌がらせをされるストレスは想像を絶する。

8月2日の日記。この日も一晩中嫌がらせをされていたので、朝7時までの出来事が書いてあったと思う。旅先で携帯で確認をした時も一度は読むことが出来ていた。

原因は不明だが、ほとんどの内容が消滅してしまった。

今も、歌のリピート送信、臭いの送信、針刺し攻撃などを延々と続けている。声の送信による憎まれ口も酷い物でほとんどデタラメ、とにかく徹底的にさげすます、やり方である。心の腐った、醜い者達であることはすでにしられているが。

オートバイで出掛けたわけで、行きはすべて高速、帰りは下の道を走ってきた。

声の送信はオートバイで走行中にも途切れる事は全くない。関越トンネルの中でもしっかり聞えていた。更に、宿泊先でも自宅にいる時と同じような被害を受け続けていた。たとえば後頭部に違和感があり、頭がボケでしまうなどもあったし、陰部を狙ったワイセツ攻撃もされた、とにかくすべての攻撃があった。たとえば、隣の建物に加害者が泊り込みで嫌がらせをしに来ているのではないか、と思うほどである。疑えばきりがなくなってしまう。

自宅周辺にいる時よりは、気持ち声が小さいような感じがしたが、睡眠妨害や携帯電話からの日記の投稿時にも身体攻撃や音声の送信による嫌がらせをされた。匂いの送信も酷いもので、オートバイで走っていても妙な匂いがしたりする。勿論、走行中も陰部を狙った攻撃もされる。

世の中にこれほどの悪が存在してよいのだろうか。

私が被害を受けた事を全部日記に書いてやる、と心の中で思うと、加害者は女の声で「私達も全部かかせてあげましょう」と声を送信して、私が夜寝ている時に体の全部を順番に痒くさせて寝させない。

途中の交差点で右折と左折を間違えたので、オートバイなので、交差点の中で右折ラインに移動すると「僕も逮捕した方が良いと思うな」と声の送信をされる。走行中のギヤチェンジやブレーキの掛け方や、カーブでステップが地面に当たった事などもリアルタイムで放送される。これは、視野盗撮と呼ばれるものだけではない思う。こちらの感覚も盗み取られているようだ。それともレーダーで居場所を突き止めているのか。

帰りは通り雨にあったのでレインウェアーを着たかったが、丁度良い駐車スペースが無く、少し濡れてしまった。雨が激しくなったので急遽、歩道に停車してレインウェアーを着ていると、これでもかと言うくらい声の送信で貶される「ザまあ見ろ」、「なんてカッコ悪いんだ」など集中的にやられた。その時に後ろから来ていた自動車、何台か、不自然に景色から浮いているように感じたのは気のせいか。

気のせいと言えば、チクチク針刺し攻撃や、痒み攻撃などを受ける場所に小さい出来物がある。酷いと湿疹のようになるのだが、なんとも言えない感じである。

とにかく一方的、強制的に人権を奪い取り、酷い攻撃を毎日受けさせて置いて、被害を受けていると日記書いたりすると、もっと酷い攻撃をしたり、脳内音声で脅迫をしたりする。こんなのがあって良いのか。8月10日にはテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムが開催されるようである。被害の説明、犯罪としての説明などが期待される。

とりあえず、今回の旅行では楽しい瞬間も味わう事が出来た。被害には関係ない人達との旅行だった。こんな被害に遭っていなければ、生きているだけで毎日、楽しくてしょうがない人生なのである。

17:40
誤字訂正の為にログイン。今も歌のリピート送信を続けている。極悪である。

21:10
自室にて食事後にネット閲覧をしていると、またしても字が読めない攻撃に出る。まず、脳の研究などで有名な人の名が検索に出る。「茂木」という字である。私が心の中で「モギ」と読むと、すかさず脳内音声で「あの字をモギと読ませてやってくれ」と送信される。ネット閲覧をしていると、こんなやり方の嫌がらせを毎回される。

その後、別のページを見ていると「はぐくむ」と言う脳内音声を送信される。初めて見たページであるので、何処にそんな言葉があるのか探してしまった。良くみると「脳を育む」という文字があった。加害者は私が読んでいない文字に関しても声の送信をして来る。パソコンの画面を盗み取っているのだろう。

いつだったか「未曾有」という言葉が出て来たので、読むのをやめて見た。「さあ、加害者さん、読んでください」と私は尋ねた。何度聞いても返事はない。私が見てもいない字を勝手に読んだり、私の読みが違うと言って騙したりする加害者は、その時一言も声を出さなかった。

今日は加害者は「学歴で指を指せ」と私に向かって声を送信して来る。そして「ここにいるのはみんな有名大学を出ている」と言って来る。それ以前には「ここにいるのは全員、音楽家なんだ、音楽の教師をしている、みんなプレーヤーなんだ」と声の送信をする。知ったかぶりと言うか声の送信であるから、デタラメを言いたい放題である。しかも、思考盗聴を使うので私には隠し事が一切出来ない。

テレパシー通信なのである。

どんなに加害者の声を無視しようとしてもリアルタイムで思考の中に入り込んで来て、イライラ電磁波などで普通の精神状態ではいられなくさせ、あらゆる角度から挑発して来るのである。

まず、歌のリピート送信をする。それは無意識の状態であれば必ず送信される歌を一緒に歌いだしてしまう。どんなに逆らっても、少しでも気を抜くと歌いだしてしまう。それを避けるには関係のない言葉を念仏でもとなえるかのように延々と、声には出さなくとも実際に舌を動かして喋り続けるしかない。事実、私は今日、旅先からの帰宅途中にずっとそうしながらオートバイを運転してきた。

次に、自分の心の中の声(文字を読んでいる時や考え事をしている時)が自分に聞えるのである。そういった被害を受けていない状態の自分がどうであったか思い出せないので上手く説明出来ないが、やけに心の声が大きく自分に聞える時があったり、他人の声で(女性の声)送信されたりする事がある。その心の声に干渉し続けて来るのである。その干渉に仕方はマイナスイメージの連続送信である。

次に、イライラ電磁波にような攻撃をされる。なんだか知らないがやたらとイライラする。その状態で脳内音声による貶しの集中攻撃を浴びせられる。爆発しそうになる。そんな私の心をすべて読み取っていて、更に追い討ちの声を聞かせる。更に、まともな思考が出来ないような電磁波攻撃があるようで、そのような状態にさせて置いて「知恵遅れ」と罵声を浴びせる。

次に、身体攻撃に出る。心臓を苦しくさせたり、頭痛を起こさせたり、お腹に空気を溜めたり、顔や体を痛くさせたり、痒くさせたりする。臭いの送信も酷い物である。針刺し攻撃もある。今日は夕方にバイブレーター攻撃をされた。全身が細かく振動するような、痺れるような感じだった。ゾクゾクと寒気がするような変な感じ、鳥肌が立つような感じ、というか、そんなのが半身だけにあったりする。

最後は睡眠妨害である。一番眠い時間を襲っているのか、延々と攻撃をしているのかは不明である。痒み攻撃などは、眠っていても体をかいていた記憶があったりする。神経痛、関節炎のような痛みを発生させるのも得意である。

とにかくあらゆる事ができるのである。

これを毎日24時間やられていたら人間どうなるだろうか。

勿論、今、その攻撃をされているから書いているのである。

21:59
追記、更に盗聴をして、それをリピート送信すると言うのもある。音楽を聞いたりするとそれをリピート送信される。盗聴の方法は不明である。私の耳に聞えた物か、それ以上の盗聴能力があると思われる。しかも狙った音だけをノイズレスで再生放送してくる。問題は実際に私が聞いた音を知らなければ、それに似せた音でさえ作る事は出来ないと言うことである。

更に、脳内に放送される音楽ソースの幅広さである。童謡からクラッシックまで色々ある。ついでに、送信される匂いの種類の多さにも驚かされる。

24:13
「追い越させよう」と送信される。この意味は追い出して引っ越させる、と解釈出来る。「かわいそうに」、「消えうせてしんぜよう」、「許してあげよう」などと声の送信をしながら、やっている事は何も変わらない。正直、生き地獄である。人間として生きていて、これ以上の苦痛はないかも知れない。この日記を書かせて、他の被害者や被害者になりかけの人に脅迫をしているのかも知れない。「罪をつぐなわせる」こんな言葉を送信したりするのである。

延々とマーチ(音楽)をリピート送信している。

酷い話である。

殺人と同じかそれ以上の犯罪だ。しかも、事実をすべて書くことが出来ないようなやり方をするのである。「おめえ、殺されろ」なんて毎日言われている。

後は風呂に入って寝るだけだ。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる