マインドコントロールと思考挿入

20180603.jpg

こんにちは。
テクノロジー犯罪被害フォーラムも終わりましたが個人的には何一つ犯罪被害の解決への道があるようには思えません。ブログを始めてかれこれ10年。被害者である事に気付いてから10年という事になります。集団ストーカーと呼ばれている被害に関しては30年以上前に激化しました。今思うとそれ以前の35年程前から脳への遠隔アクセスが行われていてちょっとした音声送信や夢を見させるなどの被害がありました。更に40年位前に金縛り被害、喘息という病気が被害であるならば50年前から被害を受けていた事になります。

テクノロジー犯罪の加害装置も時代と共に進化して来ますので加害方法も変わります。近年の加害の大胆さには開いた口が塞がりません。これはご存知の通り精神病として処理して犯行を隠ぺいするシステムが出来上がっているからです。それにしても証拠の捕獲が困難であり、通常の電磁波シールドでは防ぐ事が出来ません。地下深い地下鉄の中、航行中の飛行機の中、海底、携帯電話の届かない場所、どこに居ても攻撃から逃れられません。それを精神病と言って止まない人達が居るので困ります。テクノロジーは一般の人には理解困難なのだと思います。誰でも最初は信じられません。

マインドコントロールの被害は喜怒哀楽などの感情を遠隔操作されたりしますが、その人間の精神状態を作り出す事も行われます。集中している、リラックスしている、意識散漫になっている、慌てている、緊張しているなど。基本的に人間が生活する時にはそれに適した精神状態があるわけで、それを勝手に遠隔操作されて被害となります。怒りっぽい人にしたかったら怒りの感情を送り付ければ良いのです。その怒りの信号の強さも大きく影響します。

思考挿入という被害があり、至ってスムーズに脳内に遠隔から思考を挿入する事が出来ます。それはあたかも自分で想起したかのように感じてしまいます。想起というのだから記憶の遠隔操作とも言えます。思考挿入は言語であったり、イメージ映像であったり、何か思念のようなものであったりもします。そしてその思考に感情を結びつけると、思い出す度に腹が立つなどの状況が発生して、強制的に連続してくるので、止めたくても、止められません。それを繰り返していると心の奥に間違った感情が焼き付いてしまいます。

例えば声の送信による注釈が24時間止まることなく行われているとそれは、自分の思考領域と重なってしまうので、自由かつ自然な思考と判断が出来なくなります。これも上記の思考挿入と同じで洗脳という事になります。思考は五感による知覚が刺激となって発生します。暑いと、暑いからどうするか、過去にも似たような暑さがあったなどと考えます。その五感を麻痺させたり感度を狂わせる被害があるので、それも洗脳の道具として使えます。

洗脳する時には他の情報を与えないようにすると効果があるので、視覚、聴覚を狂わせて周囲の雰囲気を感じ取れないようにしたり、記憶にアクセス出来ないようにして考えを鈍らせます。それらを使うと人格改造を行う事が出来ます。人間の性質や趣味・嗜好などを変えます。それらは、テクノロジー犯罪の被害者を実験台にしているようですし、既に完成していて気が付かないようにして何処かで実行されているかも知れません。

脳の遠隔操作は絶対に野放しにしてはいけない犯罪です。
更に、被害者は常に苦痛になるように遠隔操作が行われているので、その救済が必要です。
社会で対策を急いで欲しいと願っています。


COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる