FC2ブログ

10月ですので

20171003.jpg

こんばんは。
10月なので取りあえず更新としましたが、被害は酷くなる一方で殺されそうです。新たな被害は強引に上乗せされて、強引に日常化されてしまいます。飲めない、食えない、歩けない、の被害に加えて呼吸の遠隔操作をされて、呼吸の自由までも奪われています。どんなに苦しくても、苦しんでいても、加害者は絶対に呼吸を楽にしません。極悪非道とはテクノロジー犯罪の加害者の為にある言葉ではないでしょうか。

足の筋肉を遠隔操作されて、目眩を起こす遠隔操作を不可されて、まともに歩けなくされる。胃に空気を溜めてゲップをさせない遠隔操作の被害が酷く、苦しくて食事の量が減りました。喉と舌を遠隔操作されて水が飲み込めなくなる被害が酷くて水を飲む量も減りました。無理に水を飲み込むと胃に空気を溜められてしまいます。勿論、ゲップを出せなくされるので苦しみます。胃に溜めた空気は腸に回されて腸閉塞のようにして空気を溜めこまれます。

呼吸の遠隔操作は、息を吸う、息を吐く。この動作を操られます。息を吸っている最中に勝手に息を吐かされます。吐き終わっていないのに息を吸わされます。また、息を吐いたままで、息が吸えなくなってしまう遠隔操作もされます。力を入れて息をしなくてはなりません。また、鳩尾に違和感が発生して胃下垂のような感じになって息が吸えなくなる被害もあります。息を吸うと鳩尾がへこんで負圧が発生したようになり息が半分程度しか吸えません。また、胸が開かなくて肺に空気が入って行かなくなるように被害もあります。

それと感覚の神経を遠隔操作されて、まるで水の中を歩いているかのような、酸素が入っていく感じが全くしなくなる被害、酸素が薄いと感じる被害、呼吸が足りないと感じる被害、息が苦しくて深く深呼吸をしたくなる被害、沢山あります。拷問として使われるのが、常に息苦しく感じさせられて深呼吸をしようとしても息が深く吸えないようにされているので、深呼吸が出来ずに息苦しさを解消出来ない被害です。

もう、自分が受けている遠隔操作の拷問を列挙したら膨大な量になります。

自殺・発狂をさせるための遠隔操作の拷問を国連レベルで会議して欲しいものです。

COMMENTS

最近統合失調症の人のブログを見て回ってますが面白いですね

拝見いたしました。
すごい状況ですね。
私も、音声送信、全身のしびれなど、5年が経ちます。
職場のほぼ全員が同様の症状です。前職もそうでした。
手のひらサイズのパルス型変換送信機による加害行為だと知られています。
新興宗教や、警察署、当選もしないような政治団体から裏金をもらっている
女性達によって行われているようです。
本当に困ったものです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる