被害者の生活

20170723b.jpg

こんばんは。
関東地方も梅雨明けしたのですね。仕事で北陸、東海へと移動していましたのでニュースなど見ませんし、曜日感覚も無くなってしまいました。テクノロジー犯罪の被害が酷いと記憶障害を起こされます。記憶を消されるのか、記憶を出来なくされるのか、思い出せなくされるのか、明確にするのは簡単ではありません。何故なら、外部記憶という加害者が構築している私に関する記憶を使用していることもあるからです。

そして、心身に関するあらゆる能力低下や変調を起こす遠隔操作の被害を受けながら生活をしていると、自分の感覚が事実と相違ないことを確信する訳には行きません。まず、味、匂い、音、色、温度や湿度など他人と共通出来る感覚を変えられます。そして、景色を見て何を感じるか、人を見た時にその人が何を考えているのか、対面して話をしている時の場の雰囲気、相手の感情など個人の内面で感じる感覚も変えられてしまう被害があります。

それらが、とんでもなく現実離れしてしまう事があれば普通は変だと思うのでそれなりに対処します。けれども、二者択一のような場面では勘違いを起こさせられて正反対の結論を出してしまう事があるかも知れません。また、精神状態を変える遠隔操作をされると同じ物を見ても感じ方は変わるかも知れません。被害者は、そのような中で失敗を繰り返させられているかも知れません。

様々な能力低下はそれに甘んじて、極めて無能にされた場合には泣く泣く諦める訳ですね。しかし、我慢にも限界があります。けれども泣いて騒いでも、嫌だと発狂して暴れ狂っても絶対に被害からは逃れられません。もっと酷くなるかも知れません。人生に於いて思い掛けない事が起こり、打ちひし枷れていると、更に追い打ちを掛けるかのようにその下へと落とされます。私が知っているテクノロジー犯罪の被害とはそのようなものです。

重度の被害と言うと失礼かも知れませんが、同じ被害者どうしでも被害が酷いなと思うような方と何人かお会いして来ましたが、その後どのように生活しているのかと思ったりもします。

私は絶望の中でも、叩きのめされながらでも、その範囲内で充実した生活を送るようにしています。あくまでもその範囲内ですが楽しめるようにしています。被害により諦めたことは沢山あります。まともに考えると大変なことになってしまいますので、それ以上は考えません。

けれども、まともに呼吸を出来なくされるのは、まともに歩けなくなるよりも辛いですね。一日も早くテクノロジー犯罪の被害が無くなる日を願っています。

20170723a.jpg



COMMENTS

軽減方法にて今よりグッと負担ふらせます

耳印さんおひさしぶりです。
テクノロジー犯罪被害者当初は、
あまりにも著しい攻撃、迫害拷問に、
耳印さんの文面のたいしたことなさから
、うらやましいとすら思い、なぜにこうも違いがあるのか?おもいました。

やられっぱなしで、社会に犯罪を問う態度はいみありません。

大国中国やロシアからの技術でしょうし、
さいごは病死させたい意向が、強いからこそ加害者らの迫害はてを緩めないのです。

日本ごとき、小国では難しいのかもです。
さらに、対策法、軽減方法はあり
命がけでやれば、人体負担へらし、100倍もマシになれる方法はいろいろとあります。
耳印さんの迫害が、つづくならば、
長生きは難しいくらいされているとおもいました。

No title

防御方を更新しましたのでUPさせていただきます。

<テクノロジー犯罪 痛みの防御方法(※室内での対策用)>

■対策方法
外からの電波や超音波が室内に入り込みにくいように対策するのは勿論ですが、
(つっぱり棒等で電磁波シールド布と超音波の伝播を防ぐ効果のあるフェルト生地(※3枚以上重ねた方が効果が高くなります)を窓に吊るしてください。
  電磁波シールド布も1重より2重の方が防御効果は高くなります。また戸建ての場合、外壁にはガルバリウムやトタンなどの鉄材を選ぶようにした方が良いでしょう。)
更に、赤外線でコントロール可能なものをすべてアルミホイルで覆ってみてください。
また、赤外線センサーの部分は超音波と電磁波の発射口に使われている可能性が高いので
センサー部分には超音波を減衰させる効果のある「メラミンスポンジ」を追加してください。
(※赤外線センサー部分をアルミでガードし、更にメラミンスポンジをあてがってから、
 またアルミホイルで覆う)
※メラミンスポンジは電源を入れるときのために抜き差しできる状態にしておきましょう
メラミンスポンジは樹脂でできており、超音波減衰効果があります。

■パワーの強い激痛などの攻撃はどうやっている?
家電等の赤外線装置(センサー)に使われている制御コードを解読・分析し、
無線LAN等の電波や赤外線の双方向通信技術を利用して、
遠隔操作で有害な高周波や低周波を出力させたり、
無線で配線や電源コードに高周波(ノイズ)を送ることで
電圧を操作して家電等から超音波を発生させている(可能性があります)

■電子機器から超音波を発生させる仕組みは?
もともとその機能がついている家電(加湿器など)もありますが、
ついていない場合でも、家電等の構造を利用して(家電等の赤外線センサー
部分に使われている圧電セラミックス/圧電素子に電圧を加えるなど)
超音波を発生させている可能性が高いです。  

<攻撃に使われている箇所>
①TV(電源ランプとリモコンセンサーの辺りとスピーカー部分)監視カメラの機能もある?ようです。 
②DVDデッキ(電源ランプとリモコンセンサーの辺り)  
③CDプレーヤー(電源ランプとリモコンセンサーの辺りとスピーカー部分)  
④扇風機(リモコンセンサーの辺り)  
⑤換気扇(リモコンセンサーの辺り)  
⑥クーラー(電源ランプとリモコンセンサーの辺り)センサー側のサイドと正面にもアルミを貼っておきましょう。   
⑦照明(リモコンで色や明るさを調節できるもの)
⑧携帯電話、スマホ
 (本当は使用時以外は電池パックを抜いておくのが一番良いのですが
  いざ使おうとしたときに反応が鈍くなる場合があるので
  電磁波をカットできる布でくるむなどして、圏外にして窓近くに置いておくのがよいかもしれません。
  カーテンの裏面にはアルミシートを貼り付ける等して、窓の外から室内に入ってくる電波の量を減らすように対策してください))
⑨冷蔵庫(製氷機用の水を入れるところと製氷機の奥に赤外線センサー(白いボックスが設置されている)
⑩PC(電源ランプの辺りとスピーカー部分)※スピーカ部分にはメラミンスポンジもあててください。
⑪人の温度を感知して点灯するランプなど
⑫プリンタ(電源ランプの辺り)
⑬床暖房のスイッチなど。(温度調節設定などができて電源ランプが点灯するものはリモコンが着いていなくても怪しいです)
室外からよりも室内の赤外線機器を利用した方がより被害者に強いダメージを与えることができるようです。
(痛みやラップ音、ペットボトルや冷蔵庫を鳴らしたりとかも)
⑭給湯(温度設定)ボタン
⑮TVモニター付インターホン
⑯電気(照明)スイッチ
⑰火災報知機(あまりに被害がひどい場合は中の乾電池を抜いた方がよいかもしれません)
⑱無線LANルーター(携帯電話同様、諸悪の根源になっている可能性が高いので、パソコン使用時以外はできるだけプラグを抜いておきましょう)
とにかく赤外線センサー(圧電セラミックス)がついている機器は疑ってください。
とくに1日中稼動している冷蔵庫からは攻撃に使うためのパワー(電力)
が吸い取られている可能性が高いので、外側(特に背面と側面の赤外線センサーがある辺り)にマグネットシートなどを貼っておくとよいでしょう。
また、カーボン入りゴムシートを冷蔵庫の背面に設置しておくことも、
とても効果があります。
そして、家電等の電源コード類には「フェライトコア」を取り付けて違法電波によるノイズを拾わないように(オーバーヒートで壊されないように)するための対策を施してください。
(※フェライトコアには高周波ノイズを吸収し、熱に変えて減衰させる効果があります)
また、電源プラグをコンセントに挿し込む時は、ノイズフィルター付きタップ(アース線付きタイプも販売されています。)を使用されるとなお良いです。
アース線はできるだけ繋ぐようにしてください。

☆アース線の接続方法
http://leopalace21.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/321/kw/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%B7%9A

また、夜寝る時は、できるだけブレーカーを落とした方が良いのですが、
それが難しい場合は、使わない家電類の電源プラグをコンセントから抜いておくようにしましょう。
(※電源プラグをコンセントに差し込んでいるだけで電磁波は放射されます。)

身体に不快な微振動を感じる場合は、静電気防止リストバンド(コードレスタイプ)
などを装着されると和らぐ場合が多いです。

ちなみにアルミホイルに穴を開けられたりする場合は、
超音波が使用されている可能性が高いので
メラミンスポンジを当てると、良いと思われます。
ただ超音波と高周波を交互に使用してくる場合があるので、
一番良いのはカーボン入りゴムシートにアルミテープを貼ったもの+メラミンスポンジでの防御、でしょうか。。
それでも出力をあげてきて痛みの程度が強くなった場合は、
その箇所にネオジム磁石をあてるか、何か厚みのあるもの(本やティッシュボックスなどでも可)
を周囲(特に窓の辺り)において防御するとよいと思います。


超音波は照射深度が自由に設定できるようです。
背中側が痛い場合で背中側を防御しても痛みが取れない場合は、反対のお腹側から照射している場合が考えられます。
お腹側も防御してみてください。
また、超音波の伝播を防ぐ効果の高いフェルト(100均などで販売されているもので大丈夫です)で
ベストを作って着用されることをお奨めいたします。

☆お手軽お手製ベストの作り方
http://yousai.net/nui/besuto/
(胸などの痛くされやすい部分にポケットをつけてアルミシートやメラスポを入れられるようにしておくとなお良いです)

また、防御は耳の後ろ(小後頭神経)辺りを重点的に行ってみてください。
太めのヘアバンド(100均などで売っているもので可)をしてから、
耳の後ろ辺りの部分にアルミ等の金属+メラスポを薄くカットしたものを入れておくと良いです。
できるだけ頭部との間に隙間を作らないようにして、超音波や電磁波の侵入を防いでください。

ちなみに足や腕などの筋肉に痛みが残ってしまった時には、針治療が効果があります。
(かなり深い筋肉(筋の部分)に超音波を照射しているようなので、その辺りまで針を刺して1時間程 置針すると良くなるでしょう)
湯たんぽなどで患部を温めるのも効果的です。是非おためしください。
また、電磁波に過敏にならないように体内デトックスをするのもお奨めです。
(ご参考:電磁波を引き寄せやすい物質 http://ssskkkooo.blog.fc2.com/blog-entry-103.html

ちなみに、ペットボトルの蓋を持ち上げたりするのは
3~4方向からの超音波の照射によるもののようです。


(例)
テレビのリモコンセンサー
冷蔵庫の赤外線温度センサー
エアコンの赤外線センサー
換気扇の赤外線温度センサー
などから同時に照射することで可能なようです。

このような方法を用いれば、大音を立てたり
軽い物などは簡単に動かしたり倒したりすることも可能なようで、
(物が倒れる方向などから超音波の照射元を推測することも可能です)
よくマンションに住まわれている方が、隣近所の方がやっているのだと
(実際にそのようなケースもあるようですが)
近隣の方とトラブルになってしまうことが多いようですが、
こういう仕組みが利用されている場合もありますので、
まずは赤外線センサーをアルミ箔やステンレスのトレー 、
メラミンスポンジなどで覆ってみて変化がないか試してみてください。
痛みや音の大きさが軽減される場合は、遠隔から室内の赤外線装置を
ハッキングされている可能性が高いと思われます。

以上

★上記の対策を施して効果があったとおっしゃられる方も多いです。
 是非お試しください。

No title

被害以前のような生活はできないとしても、被害を深刻に考えないように加害を軽減することで生活しているよ。

身体に対する加害は大体慣れてきて楽になっている。以前のようなストレスがない点は前進できた。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる