人間の一生とは

20170703b.jpg

こんばんは。
あっという間の1ヶ月でした。仕事が忙しかったのかも知れません。被害と戦いながら必死で生活をしている訳です。無我夢中で生きていると表現出来れば幸せです。この被害が酷くなると、五感を使って何かを感じるとか、記憶を蘇らせるて考えるとか、出来なくされます。体も満足に動かないように遠隔操作で妨害をされます。少しだけ取り戻しましたが、呼吸も満足に出来なくされて地獄の毎日でした。息が吸えないというのは地獄です。

こんなに酷い目に遭わされている被害者がいるのにテクノロジー犯罪の被害のことを精神病だと断定する輩に怒りすら覚えます。この犯罪の被害を統合失調症の症状として処理する事になった流れについては、ここでは省略致します。権力に否定されては誰も逆らえません。そう言う世の中たったのですね。人の命は安いものですね。

多くの被害者の訴え活動にも関わらず有識者達は全くそれに触れることなく生きているようです。なぜ、知ろうとしないのか、ただ否定するだけで現実の世の中で何が行われているのか耳を傾ける事さえ出来ないのでしょうか。不思議でなりません。

信じられないようなテクノロジーで人間の遠隔監視と遠隔操作が行われているのです。信じられなく深く、細かく行われているのです。例えば、人間が人工衛星から思考レベルで脳をコントロールされ、都合の悪い事を考えられないようにされたり、何かを企んだらその瞬間に思考をキャッチされるとか、何処に行ってもその居場所を追尾されてしまうなど、人々のプライバシーなど無くなってしまいます。大量監視に繋がるかは知りませんが、それが個人レベルで行われているのがテクノロジー犯罪なのです。

被害者はそんな状態で生きている訳ですね。遠隔操作の攻撃による酷い能力低下と拷問のような苦痛。体を壊されて死んでしまうのではないかと思うほどです。病気を作り出す事も可能。いくら薬を飲んでも効きません。それでも、人間は歳を取ります。遠隔操作の暴力という不可抗力による破壊という将来への大きな不安を抱えたままで、その運命を日本という国と加害者に握られたままで、明日どうなるのか想像もできないまま、何年も生きています。

このまま一生を終えるのは嫌です。
一体、誰が解決するのでしょうか。

素晴らしい国ですね、

素敵な世界ですね。

20170703a.jpg





COMMENTS

No title

>多くの被害者の訴え活動にも関わらず有識者達は全くそれに>触れることなく生きているようです。

有識者(コンピュータセキュリティ系)の中にも、この犯罪の実態に気付いて、対策の必要性を訴える方、行動を起こす方が増え始めています。

家電などの電子機器等を利用(遠隔操作)して犯罪が行われている実態なども明らかになりつつあり、総務省も対策の研究に予算を投じて力を入れ始めたとの記事を読みました。

あまり悲観されませんように。

No title

全く同じ症状でびっくりしたんですが
私は思考盗聴されて2年前の7月15日からです。
声を聞いて警察沙汰になって一年で3回も隔離入院を精神病院
でさせられました。
ケイレンと恐怖の上げ下げも自由にできますよ
精神病院で内で自殺したくなるほど拷問を受けてました夜6時後くらいから
東京に住んでます。会って話せないでしょうか
それかメールか

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる