明るい歌声ストーカー

10:53
昨夜寝たのは何時だったか1時頃だろうか。色々な攻撃をされた。恐らくイメージの送信も使用していたと思われる。頭部に最初は針刺しのようなピンポイントの軽い痛み。そのうち頭頂部に半径5センチくらいの範囲がヒリヒリするような頭痛感がして、光線が頭頂部に向けて照射されているイメージが見えた。横向きになって寝ている人間の頭部に水平に走る光の収束のイメージをなぜ感じるのか、これが問題である。

その他、目に対する攻撃もある。右胸を中心に肌が敏感になり、着ている服が体に触れている部分がくすぐったくなる。足の甲が痒くなる。ほとんどの攻撃は加害者による攻撃の説明付きである。それらをすべて列挙していたらきりがない。

問題は3時に夢を見て目が覚めたという事。目が覚めた瞬間を狙いすましたように夢とは全く関係ない言葉を脳内音声で浴びせた事である。

ある被害者の名前を出して・・・・の勝ちだ!

数回同じ言葉を聞かされた。加害者は「勝ち負け」、「恥」、「悔しい」などの言葉にこだわる。私が考えてもいない、全く意識をしていない事を送信して意識させる。全く無意味であるが、睡眠妨害にはなる。それから、目が覚めた直後にイメージ画像とともに気持ち良く、小便をしている感覚を2度ばかり送信された。実際の感覚と同じであったが、かなり以前にそんな夢を見てびっくりして目が覚めた事が何度かあったが、その時ほどの驚きはなかった。恐らく目が覚めていたからだと思う。

もう一度寝て、次に目が覚めたのは10時であった。シャーリング耳鳴りと歌のリピート送信と声による徹底したマイナスイメージの送信は継続している。

14:36
今、用事を済ませて時間を取る事が出来たので続きを書こうと思う。就寝時の嫌がらせとして最悪の気分にして体感としての攻撃を加えながら、腹が立つような気に障る言葉を連発し、最後には推定加害者の「悪口を言うな」と命令をする。しかし、私は何度でも言う。心の中で、声には出さないで何度でも、加害者が口にするなという言葉を言う。勿論、寝るのが目的なのでなるべく相手にはしない。

見させられた夢である。最初の方はあまり良く覚えていないが、ある組織が麻薬の輸入を水際で抑える作戦を立て、日本への麻薬の密輸を阻止しようとしている話である。意味は不明である。

続いて、ある偉い人と私が自動車に乗っている。住宅地である。木造の住宅が密集する板塀のある昔ながらの雰囲気である。なぜか私は木造二階建ての共同玄関のようなアパートに住んでいる。偉い人を車に乗せたまま、私はアパートに忘れ物か何かを取りに行く。その建物の中や周辺は沢山のストーカーが住んでいて、私が建物の中に入ると、ストーカー連中は歌を歌って連絡を取り合ったり、歌による仄めかしをするのである。

それも、陰気な感じではなく、極めて明るい感じなのであった。

確か、寝る前に私は心の中で思った。歌や音楽のリピート送信も、ほぼ24時間なので就寝時も歌を聴かされるので、そんなに歌が好きなら、どこか公民館でも借りて名乗って、特定個人ではなく、出来るだけ多くの人を対象に発表でもすれば良いと。

そして、夢から覚めて実際にトイレに行くと性器の事に関してとてつもなくワイセツな言葉を発するのである。気にしないでもう一度寝た、というわけである。

17:58
また、被害報告である。小学生の子供達が遊びに行っているというので自動車で迎えに行ってきた。そこには大勢の子供達やその親などがいる。自動車に乗って走り出すと男の声で気持ち悪い歌のリピート送信が始まる。「降りしきる雨の歩道、、、あの人の後ろ姿が、、、、」と延々リピートである。今もリピート送信されている。

私の頭というか精神状態は電磁波か何かの影響を受けて、極めて元気の出ない、社交性の無い、挙動不審な状態にされたままだ。勿論、一日中、頭がボケてまともな思考が出来ない状態にされている。その状態で自動車の運転をするわけである。集団ストーカーに関しても十分に意識をさせられている。

人とすれ違っただけで妙な気分になってしまう。更に追い討ちを掛けるように声の送信で煽り立てる。最悪の気分である。交通事故を起こさないだけでも運が良いと思いたくなるような状態にさせられている。そして、この日記を書くためにログインをすると「親子で恥をかかせてやる」と声の送信を始める。

帰宅後も、遅ればせながら「マインドコントロールの拡張」、浜田至宇著、という本を最近購入したのでそれを読んでいると、各種攻撃をされる。

改めてここに書くまでもなく、被害者だけでなく、その家庭、家族も含めて社会的にダメにしてしまう犯罪である。私はもうすでに普通に生活する事が出来なくされている。この脳の状態を変にされる攻撃はあまりにも酷すぎる。しかも精神異常者扱いである。

このブログにリンクされているキャロル・スミスさんの論文も重要である。

18:43
極めて元気の出ない、社交性の無い、挙動不審な状態
というのに付いてもう少し詳しく説明したい。
まず、
極めて楽しくならない状態である。笑いは出ない。
いじめられている、という感覚が強くどこにいても疎外感があり
肩身の狭い思いになる。

他人に会うとたとえ車ですれ違った相手であろうと、
付回されているような、冷たい目線を感じる。

目の前にいる人と話をしていても心と体が一致しないような
ギクシャクした感じで話が盛り上がらない。

何事にも集中力がなく、中途半端になってしまう。
やたらにイライラする。

などである。
結果、人目を避けるようになる。外出するのが嫌になる。

これらが電磁波か何かの影響により、そうさせられているという証明ができなければ、精神病である。変な人である。まして声が聞えるなどと言ったら大変である。

そして、上記アップすると「悪い奴だ」と声の送信をして頭痛攻撃や痒み攻撃をしたり、心臓を苦しくさせたりする。被害者の口封じである。暴力によりねじ伏せるやり方。人を支配しようとする。テロではないのか。

24:38
加害者の人権を無視した暴力主義と、その醜くく汚れた心に対しては何を持ってしても無意味である。人を殺すことに何の抵抗も感じないのだろう。

加害者は私が本を読んだりする時に先読みをしたりする。その時に間違った字の読み方をする事が多い。たとえば「飛翔」を「ひやく」と読んで来た。こうやって加害者が字が読めない事を書くようになってからは、先読み、知ったかぶりをしなくなった。

たまたま見つけた海外のサイトである。思考盗聴について書かれているようだ。
https://en.xiandos.info/Remote_Behavioral_Influence_Technology_Evidence

このサイトの中の注釈のリンク先にも興味深いサイトがあるようだ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる