ぼやき

20160115.jpg

しかし、気分が悪い。
音楽をステレオで聞いているのだけれど、音が広がらない。記憶にによれば、被害を受けていない時は音の向こう側に景色がひろがり、いろいろと想像が出来た。イメージが遠くに広がっていく訳だ。しかし、今では、まず、その聞こえる音がチープで楽しく聞こえて来ない。聴覚をやられているので片方の耳が良く聞こえなかったりする。だからステレオではなくモノラルのように聞こえたりもする。神経をやられると音が聞こえているだけで、刺激となって脳には入って来ない。音の大小も判別出来なくされる。だから楽しくならない。

次に、脳に膜が張ったような感じで思考範囲を狭くされているのに気が付く。開放感がなく自由な気持ちにならない。爽快感や我を忘れた感じなどは、この被害によってほど遠いものとなっている。脳に監視、干渉が24時間というのは良く知られた被害でプライバシーはなくなる。その、思考範囲が狭くなっているという被害も良く知られていて、それが音楽を聞いてもイメージが広がらない原因となっている。

従って、音がチープで楽しく聞こえなくされている事と、思考そのものが狭くて楽しくならないようにされている事になる。それと、集中して音楽を聞く事は絶対に出来ないように様々な形で妨害をされる。

結局、言葉を借りると囲い込み洗脳という形となる。脳の遠隔操作として記憶領域を無能化して自由に物を考える事をさせないようにする。そして、思考の挿入、代替え記憶、声の送信により言語を聞かせる、イメージ映像の挿入などが思考として使われて強制的に脳に送り込まれる。すなわち電子洗脳である。

脳の遠隔操作状態であれば、一日中、電子洗脳が行われている。思考範囲を狭く限定しているのは洗脳の為であり、本人の意思で考える事をさせないようにする。考えようとすると、外部から送られて来たものとすり替えられてしまう。仮に自発的に考えたいと思っている内容と同じであっても、外部から送られて来ているもので思考をさせられる。

外部記憶。この日記では過去にそのような内容には触れて来ていると思うけれど、それも使われているだろう。そもそも、人間の遠隔操作は、人間の生体信号を丸ごと遠隔から盗まれていると思われる。そして、信号を分離して加工して、再度、脳に送り付けるフィードバック制御をしているようだ。それにしても細かく信号を分離、解析しているものである。

だから、自分の信号であっても外部から送り付けられている事になる。体内で自己発生している信号と外部から送られてきている信号とをどのように区別して人間の遠隔操作をしているのかと言うと、麻痺させることから始めているようだ。技術的にはかなり高度ではあるけれど、例えば匂い。常時匂いを感じないように麻痺させて置いて、リアルタイムで外部から匂いの信号を送れば、一応、遠隔操作となる。これはその他の五感でも適用されている。

筋肉を動かす場合には、麻痺が効く場合と、そうでない場合がある。その場合にはパワーアシストのような感じで手足が動いたりする。人体には自分と同じ信号が再送信される事は極めて有害と判断される。いろいろな病気を招くだろう。

このような生きた人間を遠隔操作の犠牲者にしてしまう、史上最悪の人権侵害を世界で野放しにしている。もう、有識者の顔など見たくもないと言った感じだ。被害は、基本的に被害者が苦しむように行われている。

嫌な時代だ、一日も早く自由な人間に戻して貰いたい。

COMMENTS

超音波テロの被害

超音波テロの被害にあっています。
卑劣極まりない被害にあっています。

何が起こったかわからないときから、
わかってみれば、
まだ世の中に知られていない超音波テロ。

世の中のどれだけの音の振動源・発信源が
使用されているのかわからないが、
多数の振動源・発信源がシステム化され、
ネットワークを通して、
超音波・音波を集中させて
対象を攻撃するらしい。

人や社会が襲われ、罪もない人が超音波で襲われ、
卑劣な被害にあっています。
聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。

「もらいました」という声とともに、
形のあるもの、ないもの、奪っていき、壊していく
超音波テロの加害者の声。
聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。

超音波による物理的な力で、
ものが飛び、ものが壊れる。
それが人間の体に対してまで。

身体の表面を突き抜け、内臓を攻撃される。
頭蓋骨を突き抜け、意識を失わされる。
聞こえる声、認識できない声で、精神的なダメージ。
人間の体を壊そうとする超音波テロ。

日本国中、どこにいても超音波で襲われる。
車に乗っている人間が襲われる。
歩いている人間が襲われる。
自宅で超音波の攻撃を受ける。

被害を訴えても信じてもらえない。
罪もない人間が超音波で襲われる。

「見続けるのがいやだから、殺して終わる」、
「証拠隠滅だ」という超音波テロの加害者の声とともに
強烈な超音波の攻撃。
叫ばされ、いたぶられ、それを口実にまた攻撃され、
超音波テロの、残酷残虐で、卑劣な攻撃の被害にあっています。
心の底から被害を訴え、祈っています。

天に神に届きますように。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる