まともに歩けなくなる被害

DSC_0465.jpg

こんばんは。
異常気象のようですが、少し寒くなって来ました。
冬眠する生き物がいますが人間も寒いと活動が鈍って来るようです。
被害を受けながら仕事をするのは容易な事ではありませんが年末年始を快適に過ごす為に頑張っている次第です。

数年前などは良く被害者の方と連絡を取り、忘年会など行っていたものですが、最近は余り連絡を取らなくなり、また、それぞれの生活スタイルも変わって来ていますので、自然と交流が減って来ているのかと思います。たまには気の合う広報仲間と会ってみたい気もします。何か良いアイデアが出るかも知れません。

ところで、まともに歩けなくなる被害というのがありますよね。

何か筋肉の遠隔操作により体が上手く動かなくなります。足が持ち上がらなくて躓いてしまう被害などは、その状態が良くわかるのですが、何処をやられると、そのように歩けなくなるのか判らないような遠隔操作をされる被害もあります。筋力が弱ったようになって足が上手く動かせないような状態ではありますが、全体ではなくある部分をやられていると感じます。

それと、平衡感覚の変調は目眩のようでもあり、瞬時に意識を失わせられている場合もあり、ふらふらとさせられます。要するに、力が入らなくてよろける被害と目眩がしてよろける被害の両方を同時にやられているのです。加害者はよろける方向を設定する事が可能です。足首をひねって着地させる事も可能です。

多種多様な、いろいろな方法でまともに歩けなくされます。関節が悪い持病のようにもされます。体の動きを妨害される訳ですね。思考を妨害されるなどの被害と同様にテクノロジー犯罪の被害は、何かを妨害される訳ですね。

普通の人が、普通に出来る事を妨害されてしまうと大変なのですが、まともに歩けなくなる被害というのは被害者は決して少なくないと思います。

20151217a.jpg

テクノロジー犯罪の被害、どのようにして解決しますか?

COMMENTS

No title

しばらくでした。

「平衡感覚の変調は目眩のようでもあり」

それですが、階段などでありますが、何とも言い難いですね。加害者によるものなのかどうか。

めまいのようなものなのは確かですね。

それほど気にしていません。

ここ最近は、加害者が「俺たちの意識を聞いている」などと加害者の脳内の意識を聞いているかのように言ってきますね。

こちらはもうすぐ1周年になります。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる