子供に罪を償わせてあげよう

1:13
24時間の脳内音声送信は人間に無意識ではいさせない。

人間としての権利を強制的に奪い取り続けている。

人間としての権利とは何か、新しい社会の判断である。

歴史上ない、人権侵害なのである。

このブログにリンクされているキャロル・スミスさんの論文を読んで欲しい。テクノロジーによる嫌がらせは脳内音声だけではない。悪意と殺意に満ちた殺人より罪の重い犯罪なのである。

この犯罪に対する日本国の対応が問題である。

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html
上記リンク内にはどの機関に、この犯罪を訴えているか記されている。

思考盗聴、マインドコントロール関係と言えばここだ。
http://ameblo.jp/310inkyo

こちらにも、その関係は沢山の記事が掲載されている。
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=523


風呂に入っていたら脳内音声で脅迫をされた「子供に罪をつぐなわせてあげよう」。私は24時間の声による嫌がらせの他に、音楽のリピート送信というのを24時間脳内に放送されている。同時放送の毎日である。身体攻撃も毎日、頻繁に行われている。それはホームページの身体攻撃という項目を参照して欲しい。

加害者の手口は悪魔のやり方だと感じてしまう。悪魔の手口というのは何か、聞いたこともないが体験している。

絶対に逃れる事の出来ない苦痛を生きている限り受けさせられる。

被害を受けている事を公表しようとすると更に酷い苦痛を与えられる。

脅迫は毎日、ひっきり無し。

ストーカー行為も常識外のやり方。

そして、この日記を書こうとしたら酷い耳鳴り攻撃をして、頭痛攻撃をして、電磁波を浴びせられているかのような異次元の感覚にされる。「書く無かれ、打ち出の小槌を差し上げよう」、「折角、・・・さんが許してあげると言っていたのに」などである。

もう、ここまで脳障害を起こされると記憶力も低下するので何を言われたか忘れてしまう。被害者の中には、あまりにも酷い攻撃と脳内音声による脅迫の為に被害の公表を途中で断念してしまう人もいるらしい。家族にも被害を及ばせたり、手段を選ばない残虐なやり方の為に。

この方は古い被害者の方のようだ。恐縮だがリンクさせて頂いている。
http://diary.jp.aol.com/3tsffret8/206.html

とにかく酷すぎる。

14:01
昨夜寝たのは2時を過ぎていたと思う。朝4時に音声と痒みなどの為に目が覚める。「どうだ、一番眠い時間に起こしてやったぞ」と男の声で送信される。とてつもなく眠いのでトイレに行きすぐに寝る。耳鳴り攻撃などもされているが寝る。朝8時に起こされる。もう一度寝たかったが会社もあるので起きる事にした。当然、目覚めとともに脳内音声による嫌味、脅迫、耳鳴り攻撃はしている。

寝ている間に間違った思考を脳内に挿入されている可能性がある。

目覚めた瞬間の思考には要注意である。コーヒーを飲もうとすると「コーヒーを飲ませてあげよう」、「顔を表せて上げよう」など一々ナレーションをして来るので私は言う。「タイヤを回してくれ」と。走っている車を見て「タイヤが回っている」と言っているようなものである。

その後も歌のリピート送信などの嫌がらせは延々と続く。更に、眠いような思考能力が無いような、記憶力がないような、頭がボケでいる感じが全く治らない。昼休みにブログ閲覧をしていたらカタカナしか入力できなくなってしまい、脳内音声でボロクソに貶され、朝からのストレスも溜まっていたので壁を一蹴り、穴を開けてしまった。そんな事は日常茶飯事であるが、相手は悪魔である。

どんなに暴れてもわめいても絶対に加害行為をやめない。

今もお腹に空気が溜まったり、めまいがしたり、後頭部に圧迫感があったりしている。言葉では説明出来ない不自由な感じなのである。頭の中の想像領域というか、自由な発想が出来ないのである。咳の誘発という被害報告があるが、ほぼ間違いないと思う。

18:34
そろそろ仕事が終わるが、一日中、後頭部に圧迫感があり、首筋が固くなり、思考能力が低下して、記憶を辿る事の出来ない状態であった。脳内音声による嫌味、歌のリピート送信も途切れる事は全くない。その他の攻撃も一日中である。

このままでは本当に脳障害を起こしてしまいそうだ。

「ざまあみろ」、「いい気味だ」、「遠慮なく嫌がらせをする」など人間としての心は全く持ち合わせていない集団である。人を苦しめる事だけが加害集団の幸せなのだろう。この者達が普通に生活をして人前に出ているとしたら、嘘つきである。世間を騙しているのである。

そしてこれからまた夜を向かえなければならないのである。

この苦しみは経験しなければ分からない。

意味不明の殺人事件、通り魔殺人などもこれらテクノロジー犯罪が陰にあると噂されている。嫌いな物を好きにさせてしまう、好きな物を嫌いにさせてしまう。などの感情操作はいとも簡単、病気にしてしまう事も、病気に見せかけて殺してしまう事も出来るだろう。こんな事を書かせているのは加害者である。そんな精神状態にされてしまう。それこそ、無口な人にしたり、顔付きまで変えてしまったり出来るだろう。悪魔そのものである。

22:44
束の間の幸せ60分であった。仕事が終わってから夕食と買い物に出掛けた。その間だけは酷い攻撃は無かった。勿論、脳内音声は途切れないし痒みも多少はあったが、耐え難い苦痛は無かった。

なんて楽なのだろうと嬉しかった。

しかし、買い物の帰りには走行中の車内でいきなり頭痛攻撃とお腹に空気の溜まる攻撃わされ、帰宅すると耳鳴り攻撃も開始された。

左手は筋肉を操作され肩から下、特に指先は疲労感が出ていてキーボードを打つのも大変である。正直、パソコンを見るのも嫌だというくらいの気持ちである。しかし、これほど酷い攻撃をされている以上は書かなければならない。事実であるからだ。

帰宅後に疲れたので少し横になっていると脳内音声で語りかけて来た

「そのブログをすべて消し去れば許してあげよう」

テレパシー通信が成立しているので私は加害者に声を出さずに言った

「嫌がらせがなくなれば消してもいい」

すると、攻撃は再開された。

今も頭痛攻撃、耳鳴り攻撃、お腹パンパン攻撃、痛み、痒みね筋肉の異常などのテクノロジー攻撃を受けている。これだけの極悪さは常識では考えられないので、特別に訓練された犯罪の専門の工作員がやっているとしか思えない。それとも加害者はターゲットを自殺させるか精神病院に入れないと自分達が危ないのだろうか。それとも精神異常を起こしているのだろうか。

ちなみに私は自殺をしたいと思ったことはない。
他人を傷付けるような犯罪をしたいと思ったこともない。

だが、ガラス窓や壁に頭を強く叩き付けてしまいたいと思ったりした事は何度もある。そう思った瞬間に加害者に「頭を壁に叩きつけさせてやってくれ」とリアルタイムで送信されるので自分を傷つけては損だと思いやらないでいる。そのくらい精神的に追い込んでいるのである。そのくらい悪質な犯罪なのである。

加害者は、私の精神状態を知っているのである。

そして喜んでいるのだ。

「かわいそうに」この言葉が加害者の心理を表していると思う。

24:24
今、被害者の方に過去からの脳内音声による脅迫についてメールを送信した。書いているだけで大変な攻撃を受けた。こんな事がありましたという体験記を書いただけで攻撃をされるのである。だから被害を受けていますなんて言えなくされてしまうのである。

かなりの勇気が必要である。

そして「死ねー」、「シメー」、「夜寝るとは書かせるなよ」、「父親にも罪を償ってもらおう」などと脳内音声で言いたい放題である。これではもう、日本に未来はない。

許してやる

罪を償わせる

この言葉が気になる。

武器を使って影に隠れて特定個人を集団で攻撃をする。そして一方的に苦痛を受けさせながら声の送信をして、ねじ伏せてしまうのである。力ずくとはこのことだ。

風呂に入って寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる