夏に暑くて、冬に寒い遠隔操作被害

文字通り、暑さや寒さの体感を変えてしまう遠隔操作の被害である。夏は暑いのが当たり前で、冬は寒いのが当たり前となっている為に、他人には理解され難いと思うが、発汗を伴う異常な暑さと、振るえが発生する異常な寒さの被害があり、私は計った事はないが体温まで変わると言っている人もいる。この被害は体の任意の場所に部分的に発生させる事も可能であり、また、風が吹いているように感じる被害と混ぜ合わせることもある。よくあるのは、上半身だけが暑くなったり、頭部が暑くなったり、皮膚の表面が熱くなる被害だ。寒さでは全身が温まらなくなったり、足元が急に寒くなる被害である。

何しろそのように感じてしまうので、寝る時に被害を受けると夏は冷房を効かせ過ぎてしまったり、冬は熱くてたまらなくなるほど電気毛布の温度を上げてしまう。これらより体調を崩してしまう事もある。しかし、その逆の被害はそれほど強いものはないようだ。

この冬には、寒くて体が温まらなくなる被害を受けたので、寝巻きの上に外用のオーバーパンツを穿き、上半身もトレーナーを着て、電気毛布の温度を強にして寝なくてはならない日があった。目が覚めた時には汗びっしょりで大変なことになっていた。自然の寒さを利用しているようにも思えるし、本人に気がつかないように行うことも可能なようだ。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる