自殺・発狂に追いやるマインドコントロール

テクノロジー犯罪が遠隔操作と遠隔監視によって行われているのは良く知られている。この犯罪は拷問テクノロジーを使っているわけで、それは信じられないほどに研究されていて、いかにして人を苦しませるかと言った手法が取られている。その原点となるのが目に見えない隠蔽された遠隔操作テクノロジーであり、そのために被害を訴えると精神病扱いとなってしまう。また、そう言った社会的背景を作り出しているのは犯罪の隠蔽工作と言えるだろう。

そんな中で強い攻撃に晒されている被害者は自殺・発狂へと追いやられてしまう。それは、人間が人間で居られなくなるような過激な攻撃が行われているからであり、とくに肉体的な苦痛を受けさせながら精神への攻撃で強い怒りや屈辱感、暴れ出したくなる衝動、パニックのような感覚などを送りつける攻撃は危険である。

その結果、精神異常と判定されてしまうような言動を取らされてしまう事になる。その言動さえも遠隔操作によって操ることが可能で、恐らく加害者はそのようにするタイミングを待っているのだと思う。それは、第三者から見た時にあたかも周囲の状況などにより自然発生したように思わせるためだ。

このような極悪犯罪について取り締まりがなされていない。

COMMENTS

私もマインドコントロール被害者です。幸い声だけの被害だけになりました。訳もなく涙が流れたり、音楽の送信もあります。

初めまして

母もテクノロジー犯罪の被害に遭ってます。病気で体調がすぐれない母の事を電磁波を使って、苦しめています。それも毎日何度も何度も、凄く痛がっています。毎晩寝かせない様にし、死ねと脅してきます。犯人はわかってます。サッカー選手です。何故、執拗に狙うのかさっぱりわかりません。やめてくださいと何度も言いました。でも...やめてくれません。この事を多くの人に知ってもらいたいです......。

以前もコメント残した者です。辞める辞めると言われていますが、まだ終わりません。あと私は鼻息を操られていて、夜寝る時にとにかく苦しいです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる