酷い睡眠妨害

24:04
昨夜は酷い睡眠妨害をされた。遠隔操作による強力な眠気と疲労感により就寝時間が自然と早くなった。その眠さは目を開いて居られないほどで、思考能力の低下が酷く起きたまま眠っているような状態だった。その状態でも床に入った後に携帯電話でブログを読んでいると目を開いたまま、一瞬意識がなくなってしまうほどだった。だから、最後は身動き出来ないような状態になり、そのまま吸い込まれるようにして眠ってしまった。

しかし、そのまま眠らせないのがこの犯罪のおぞましさであり、眠ったと思うとすぐに息を吐いたまま息を吸わなくなってしまい、驚いて目が覚めるのだが、余りの眠さにまたすぐに眠ってしまう。それを何度も繰り返されるわけで、時々心臓が止まってしまったように感じたりもした。息をしなくなるのも、心臓が止まったように感じるのも、びっくりして目が覚めるのも遠隔操作である。それらは眠りを浅くしたりするなど絶妙に行われている。そのような攻撃は以前にはもっと酷いのをやられたことがあった。

就寝後、一時間ほどそれを続けられてかなり嫌な思いをさせられたので、普通なら荒れ狂ってしまうかも知れないが、異常なまでの眠さの為にそのまま眠りに就いた。その後、3時間ほど経った朝の4時に目を覚めさせられたのでトイレに行ってから再度眠ると、次は2時間後の6時に目を覚めさせられる。そして最後は8時に目覚ましにより起床した。

起床後は、記憶操作や思考能力の低下、後頭部の違和感や不快感、音声送信、聴覚の変調、視覚の変調などが継続しているので不快、不自由となっている。

1:36
思考をある一定の方向に向けさせようとするマインドコントロール被害が続いている。

寝る。

COMMENTS

No title

日本でテクノロジー犯罪と総称され「被害」とされるものは、実に深刻な迫害である、被害と呼ぶことはできない、「科学的計画迫害」である

※以下の内容を日本に置き換えて見ていただきたい
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/zmag061218a.html
http://www.zcommunications.org/the-u-s-has-a-history-of-using-torture-by-alfred-w-mccoy

類似する手法が、対個人、対家族、対団体に偶然性と必然性をよそおうよう工作しながら長期に継続されていること、長期計画迫害への非合意の非接触人体実験であること、それを隠蔽せんとする仕組み、行う者がどのような者であるかは、被害者はすでに知っているだろう、もはや要望や陳情では無いということを知るべきである

今日もこの瞬間も行われている事が、ひたかくしにされている
    この瞬間にも多くの被害者と犠牲者があり
    行われていることを知る術なく、絶命する者がある現状
    知りつつ行う者がある、利用され行う者がある

個々への計画行為と、隠蔽システム全体のための工作にもちいられるものがあり、しむけや誘導などがあり、全体像を考慮して行うべきを行うことである

団体を誘導し向かわせんとすることが含まれることに注意も必要である、これまでの道のりの経過を再検討することも必要である

※影響下におかれる被害者や犠牲者を黙認している者こそ、未来を考え行動しろと言いたい、沈黙しない市民になれ

被害者は身体攻撃を受けているだけではない
何がおこなわれ身体攻撃としてもたらされているのか
何がおこなわれ音声送信としてもたらされているのか
シンプルな虐待だけでは無い

※欲と娯楽のサルが、科学システムを神とあがめる、猿の惑星となっている、自らの行為で自ら滅びる全体像・未来像すら、今日の欲と今日の娯楽でわからない、イエローモンキーと呼ばれる者への抗議でもある、人格を有する科学者は早急に警鐘すべきである

黙認している者、沈黙しないことがよりよい未来をもたらすことを知るべきである、「砂糖水で一生を過ごすか?、未来を変える仕事をするか?」ジョブズ氏の名言でもある

知らなければ行動しないだろう(それが隠蔽システムである)
このブログを見てなお行動できないのか

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる