敵を作るためのマインドコントロール

23:35
今日は都内まで広報のために出かけてきた。他の被害者の方と待ち合わせて議員の方にお会いして被害の説明をした。被害の方は頭部圧迫感、記憶障害、首筋の硬直、左半身を中心とした筋肉の引きつりと痛みなどが継続している。

この集団ストーカーや電磁波攻撃は仮想敵を作らせるための手法が用いられているとよく聞く。実際、被害者はそのように仕向けられたりすることが多く、様々な感情の遠隔操作により周囲に敵を無理やり作らされることが多い。その中でも声の送信と言われる脳内音声を使った言語による直接的なマインドコントロールは威力がある。被害者を考えることが出来ないような状態にしておいて途切れる事無く延々と周囲に敵を作らせるようなデマを聞かせ続け、それが何日でも何ヶ月でも繰り返されるので次第に考えが偏ってしまう。しかも、脳の遠隔操作も併用されるので余計に考えが固定されてしまう。

このような武器が一般市民に向けて使われているのが現実だ。

24:36
被害は継続している。声の送信を中心としたマインドコントロールが執拗に行われている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる