継続される遠隔操作による記憶障害

21:34
やはり睡眠妨害から始まる。目覚ましが鳴る1時間前に遠隔操作テクノロジーにより目を覚めさせらる。歯を磨きだすと強い吐き気を起される。うがいをしようとする時に吐き気を起されることも多い。とにかく脳の遠隔操作による記憶障害が酷く、しかも継続されているので朝のことは覚えていない。

首筋の硬直、脳の芯が痺れるような気持ち悪さと思考能力の低下、気分がすっきりしない不快感などを起されたまま仕事をした。記憶障害が酷いのでパソコンのファイルの整理などが出来ない。或いは、意思決定をさせないような操作をされてしまい整理が出来なくなっているとも考えられる。

途中で、鼓膜が詰まったようになり、極低周波のような信号を聴覚に送られて、著しい不快感に襲われて大変な思いをさせられたが何とか耐えた。その後は、時間は覚えていないが左半身の筋肉が硬直をして痛みが発生した。それはずっと続いていて首を回すとボキボキと音がする状態であり、足首まで痛くなる。特に首と肩が酷い。それは、左側の特定の部位の筋肉の一部だけが強く引きつっている感じである。

後は、声の送信による集中的なマインドコントロールである。ストーリーがあり注意を引くような内容となっている。そこには、不快感ではなく、なにか、声の送信に対して興味を持って聞いてしまう何かが働いているのかも知れない。

日記の更新をすることに対して面倒だと思う気持ちが発生している。それは、遠隔操作によるものと考えられるが、一般に対して理解されない被害について、初めて受けたものであると被害報告をするのだが、次第に追加されていく被害に対して、毎日同じ内容であると効果的ではないと感じてしまう。それと、激しく攻撃をされて興奮をさせられない限り、時間を有効に使いたいと思うからだ。

24:30
被害は継続している。お腹に空気を溜められている。「よく味も素っ気もないタバコをすうよ」と声の送信が行っているが、匂いや味を変えられる被害があり、タバコの香りや味を感じないようにされているのは事実だ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる