不快感を発生させる遠隔操作

脳の遠隔操作による被害では不快感を発生させる信号を常時送りつけられている場合が多くはないだろうか。遠隔操作による被害を受けていると強制的に知らされてからは、そのような状態にされていると思う。強制的に知らされるというのには段階があり、初期の頃は悪意のある何物かによって嫌がらせをされていると感じる程度であるが、集中攻撃のような日常生活がままならない被害を継続されると確実に何かが起きていることが判る。その後は、病気ではないかと思わされたりするのだが、ある時にインターネットを見てびっくりする。自分と同じ状況に置かれている人のブログがあるのである。

ようするに途切れることのない様々種類の不快感を心身に発生させる遠隔操作をベースにして、遠隔操作ならではの生活妨害をされてしまう。その生活妨害の範囲と遠隔操作の種類があまりにも多いので被害者は大変な状況に晒されたままとなる。

23:59
今日も日常化されている被害が継続しているので苦労を強いられているが、あまり激しくはなかった。しかし、楽器の練習をしているときには、かなりやられた。練習する自由を奪い、そこに胃に対する刺激を伴う怒りの感情を送りつけられ、まるでヒステリーを起して胃に負担が掛かっているような状態にされた。事実、自由に練習が出来ないようにされるのは大変な苦痛であり、遠隔操作でなくともヒステリーを起しても変ではないと思う。

また、脳への不快感としか表現の出来ない被害も酷いものがある。それは、脳機能の変調、五感の変調などと共に行われ、すべての知覚が不快になるように行われている。人間機能のすべてを不快にされると言っても過言ではない。その不快感にも強弱がある。それらはすべて強制的なものである。

12日1:08
声の送信を中心とした思考誘導が続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる