過去の記憶によるマインドコントロール

テクノロジー犯罪では脳の遠隔操作が行われている。人工夢を見せられる時や何かを考えるときにイメージ映像を送りつけられる被害があり、もしかすると常時、何かをイメージする時には映像を送りつけられている。酷いとそれが記憶のようになっている場合もある。イメージ映像の被害や記憶操作の被害は様々なので、ここでは触れないことにする。

過去の出来事を思い出す時にその時のシーンを思い出せるはずだ。その時の景色やその時の気持ち。それらを思い出すことにより人は学習をして次に生かすのだと思う。もし、その過去の出来事を思い起こした時に本来とは違うその時の気持ちを送りつけられてしまったらどうなるだろうか。しかも、思い出すという行為自体を遠隔操作されていたら。

例えば、過去の人間関係について遠隔操作により思い起こされて、そこに罪悪感を送りつけられると、自分は間違っていなかったのに過ちを犯してしまったと思い込ませる事が可能になるかも知れない。

通常は送りつけられたものよりも自分の記憶の方が勝っているので、送りつけられたものに対して変だと思うかも知れないが、記憶操作という被害もあるし、脳の遠隔操作テクノロジーは計り知れないので危険だと思う。

23:16
今日も睡眠妨害により早朝に目を覚めさせられた。その後は4時間程度眠ったようだが、起床後に全く眠った気がしないで時間だけが経ってしまったという損をしたような感じにされてしまった。陰湿なやり方であるが、時間感覚の喪失というか満足感の喪失というか人間の遠隔操作はどこまで出来るのかと言った感じである。

被害の方は日常化している記憶障害、視覚・聴覚の変調、思考能力の低下、頭部への特殊な刺激と不快感、開放感のなさ、執拗に続けられる声の送信により一つの事ばかりを考えさせられる被害(脳の遠隔操作も併用されていると思う)などが続いている。それらは常に一定で送られているものと、その時々によって変化するものとがある。

そんな感じで一日が終わったのだが、楽器の練習妨害が酷く暴れ出したくなる衝動まで起された。このところ、家族でも他人でも関係なく、人と話をしている時に声の送信をされると同時に記憶を消されたり、話から意識がそれてしまう操作をされる被害が多く酷い迷惑をしている。

それらの自由と人権とプライバシーを強奪されている被害の苦情を書き出したらきりがないのでこのくらいにする。

本当にいつになったら、この犯罪を止めさせるのだろうか。

余りにも酷すぎる。

23:46
このところブログをアップしてもすぐに反映されない。

6日1:01
声の送信と脳の遠隔操作を使用したマインドコントロールが続いている。

やめて欲しい。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる