寝ている時の記憶も消されている

23:02
もうすでに記憶障害という被害が始まってから何年か経つ。被害を認識する以前にも、ある時期の記憶がなくなっていることがよくあった。電磁波による遠隔操作という被害を認識した頃は、まだ記憶力があり、早口で喋っている芝居仕立ての声の送信を後からかなり正確にメモに取ることが出来たほどだった。

記憶障害には、覚えることが出来なくなる被害、思い出すことが出来なくなる被害、記憶を瞬時に消されてしまう被害がある。記憶が蘇るような被害もあり、それには偽の記憶の送信もある。脳の遠隔操作であるので如何様にでも出来るのだろう。それらは不自然に感じる時もあれば、自然発生したように思える時もある。

記憶領域には種類があるようで、任意の記憶を選択的に操作できるようだ。しかし、そのような被害状況を作り出されるには、ある一定の条件が必要なのかも知れない。脳の遠隔操作を長い期間継続されている、思考が出来なくなるような脳の遠隔操作信号が送られている、などである。また、脳内音声を使用した声の送信、イメージ映像の送信なども記憶操作と関係しているようだ。

とにかく脳への攻撃が酷く、朝目覚めた時から不快・不自由になる遠隔操作が行われているだけではなく、目覚めた時に寝ている時の記憶がない状態にされている。

寝ていれば記憶がないのは当たり前と思うかも知れないが、どのような状態の睡眠だったのか、寝てからどのくらいの時間が経っているのか、寝る前に何を考えていたのか、などが全くない。また、爽快な目覚めなのか、不快な目覚めなのか、などの感覚もない。遠隔操作で眠らされて、遠隔操作で目を覚めさせられている状態と感じている。目が覚めると偽の眠気と偽の疲労感を発生させられて、すぐに思考能力が低下して不快な気分にさせられて、知覚の遮断のような状態にされている。

遠隔操作により途中覚醒をさせられた時に聞かされた声の送信の内容も全く覚えていない。人工夢という被害もあるが、加害者によって送られてきた夢を見させられても覚えていない。

五感の遠隔操作のほかに、食欲、便意、尿意、温度・湿度感覚、時間感覚などの多くの人間としての機能を日常的に操作され続けている。持って生まれた能力を発揮出来なくされているばかりか、自由に考えて、自由に行動をする権利を完全に奪い取られている。

しかも、被害は心身に対して著しく耐え難い苦痛と屈辱を伴っている。

こんなのを人間の生活と言えるだろうか。

こんな犯罪が野放しにされている現状だ。

今日も、そんな状態で仕事をしていたが17時を過ぎた頃から脳への攻撃と聴覚への著しく不快な攻撃が始まり耐え難いものとなる。夜は楽器の練習をしたが、やはり強力に妨害をされた。筋肉の操作と記憶の操作、それと感情の操作である。心拍数を上げられて興奮もさせられていた。著しく落ち着きがなくなり集中力が出なくなる操作もされた。

それ以外では聴覚の変調を起された。その場で発生している音を遠隔から盗み取り、頭の中に聞こえる脳内音声により聴覚に再送信する被害で、再送信するときに音に加工をしたりノイズを混入したりする。左右の耳に対して聞こえ方を変えることも可能だ。また、音が著しく煩く聞こえる操作をされて、そのせいもあり、気持ちが荒れてしまう。

帰宅後は、最近日常化している放心状態のような感じの意識の状態にされて、例えばテレビから出ている人の声が聞こえているのだが頭に入らないで素通りしてしまったり、文字を見ても読み進むことが出来なくなっている。お腹に空気を溜める、筋肉が引きつって痛い、頭痛などの攻撃もされている。

そのような状態でも脳内音声による声の送信は確実に聞こえ続け嫌でも理解出来てしまう。文字を見ると勝手に読み上げられてしまう被害も継続している。これはある意味、脳が機能していないのではなく、耳や目から来た信号を阻害して、脳に送りつけられた信号により思考がなされていると思える。

遠隔からの激しい苦痛を伴う拷問洗脳の禁止を強く望む。

24:57
電磁波による遠隔攻撃が続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる